小学生の脳波測定に公開質問状、中国独自開発のアルツハイマー新薬、中国で初めて大病院に、アートで刻む記憶 、中国、

小学生の脳波測定に公開質問状、生徒監視や個人情報流出に懸念 中国


2019年11月5日 19:00 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

中新社

 

小学生の脳波測定に公開質問状、生徒監視や個人情報流出に懸念 中国

海外で使われるヘッドバンド(撮影日不明、提供写真)。(c)CNS



【11月5日 CNS】中国・浙江省(Zhejiang)金華市(Jinhua)孝順(Xiaoshun)鎮中心小学が導入した脳波測定用「賦思(BrainCo)ヘッドバンド」について、公衆アカウント「量子位(QbitAI)」は先日、微信(ウィーチャット、WeChat)で公開質問状を発表した。


 質問状によると、このヘッドバンドは脳波を測定することにより、生徒の授業中や作業中の注意力の集中レベルを測定・評価することができ、評価点は教師のコンピュータに転送され、成績表と同じように保護者グループにも転送・表示されるとしている。





 ヘッドバンドのメーカーを取材すると、すでにネット上の論争には留意しているという。ただ、小学校で使っている製品は脳の監視を行うものではなく、生徒の集中力を訓練し、改善することが目的で、学校では毎日このヘッドバンドを常用するのではなく、一週間に1回~2回しか使わないとしている。


 金東区(Jindong)教育局は先月31日、新京報に対し、本件について状況を調査し、介入した結果、すでに小学校に対して暫定的に使用禁止を命じたと回答。全区の学校に対し、監視ヘッドバンドの収集データが流出し、子どもたちのプライバシーが漏れぬよう、自主監査を命じたとしている。


 外部から出されたヘッドバンド・データに関する疑念について、メーカーの責任者は、生徒の集中力レポートを保護者に渡すことはないという。同社の教育訓練システムにはレポートを保護者に送る機能はなく、教師が全クラスのデータを見て、生徒らの状況に応じ授業のやり方を調整するとしている。


 教育学者の熊丙奇(Xiong Bingqi)氏によると、電子技術製品に革新教育の名前を冠することは、実際は反教育的なことだという。教育というものは魂や感情の入ったものであり、電子技術製品を教育実践の中で応用する場合、明確な規範が無ければならないという。(c)CNS-新京報/JCM/AFPBB News


中国独自開発のアルツハイマー新薬、製造販売承認を取得


2019年11月5日 17:25 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

 

 

中国独自開発のアルツハイマー新薬、製造販売承認を取得

研究について討論する新薬の主要な発明者、中国科学院上海薬物研究所の耿美玉研究員(右から3人目)と研究チーム(2019年1月2日撮影)。(c)Xinhua News



【11月5日 Xinhua News】中国科学院上海薬物研究所は2日、同研究所と中国海洋大学(Ocean University of China)、上海緑谷製薬が開発したアルツハイマー病の新薬が、中国国家薬品監督管理局の承認を得たことを明らかにした。軽度から中等度のアルツハイマー病患者の認知機能改善に使用される。同新薬は世界で初めて市場に投入され、患者に新たな治療の選択肢を提供する。


「九期一」(ナトリウム・オリゴマニュラレート、GV-971)と名付けられた新薬は、同研究所の耿美玉(Gen Meiyu)研究員率いる研究チームの22年にわたる研究と、同研究所および中国海洋大学と上海緑谷製薬との継続的な研究努力により完成した。





 36週間の第3相臨床試験の結果、同薬は軽度から中等度のアルツハイマー病患者の認知機能障害を有意に改善することが示された。プラセボ群(無治療群)との比較で主要治療効果指標の認知機能は大幅に改善が見られ、評価尺度は2.54ポイント(P<0.0001)改善した。有害事象発生率はプラセボ群と同等だった。(c)Xinhua News/AFPBB News


中国で初めて大病院に作られた音楽療法臨床科


2019年11月5日 16:15 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

 

 

中国で初めて大病院に作られた音楽療法臨床科

患者に授業をする宋宜川(そう・ぎせん)音楽療法士(奥、2019年10月25日撮影)。(c)Xinhua News



【11月5日 Xinhua News】2016年に設立された中国リハビリテーション研究センター音楽治療センターは、中国で初めて三級甲等病院(最高レベルの大病院)に作られた音楽療法の臨床科だ。(c)Xinhua News/AFPBB News


アートで刻む記憶 ベルリンの壁崩壊30年記念行事


2019年11月5日 15:50 発信地:ベルリン/ドイツ [ ドイツ ヨーロッパ ]






  • 独ベルリンのブランデンブルク門に展示されたパトリック・シャーン氏と同氏のスタジオ、ポエティック・キネティックスの作品(2019年11月4日撮影)。(c)Tobias SCHWARZ / AFP


    独ベルリンのブランデンブルク門に展示されたパトリック・シャーン氏と同氏のスタジオ、ポエティック・キネティックスの作品(2019年11月4日撮影)。(c)Tobias SCHWARZ / AFP






【11月5日 AFP】ドイツ・ベルリンで4日、ベルリンの壁(Berlin Wall)崩壊から9日で30年となるのを記念した1週間にわたるイベントが始まった。


 アーティストによる作品展示の他、アレクサンダー広場(Alexanderplatz)やドイツ民主共和国(東ドイツ)の秘密警察シュタージ(Stasi)元本部建物、ベルリンの壁を利用したイースト・サイド・ギャラリー(East Side Gallery)の壁には、ベルリンの壁崩壊当時の様子がプロジェクションマッピングで映し出された。(c)AFP


中国、北斗ナビの49基目衛星打ち上げ成功


2019年11月5日 13:46 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

新華社

中国、北斗ナビの49基目衛星打ち上げ成功
 


中国は5日午前1時43分(日本時間同2時43分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで49基目の北斗ナビゲーション衛星を打ち上げることに成功した(2019年11月5日撮影)。(c)Xinhua News



【11月5日 Xinhua News】中国は5日午前1時43分(日本時間同2時43分)、四川省(Sichuan)の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで49基目の北斗ナビゲーション衛星を打ち上げることに成功した。これにより、北斗ナビ3号システム(BDS-3)の傾斜対地同期軌道衛星3基の打ち上げが全て完了した。(c)Xinhua News/AFPBB News


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言ダイス




神奈川)新ターミナルに初の大型客船 進む横浜港の整備が完了。







 横浜赤レンガ倉庫などがある横浜港新港ふ頭(横浜市中区)に開業した客船ターミナルに4日、大型クルーズ船が初着岸した。横浜市は「ワールドクラス」のクルーズ港をめざし、港湾整備を進めている。来年5月の大型連休中には、横浜港で初めて、クルーズ船6隻が同じ時間帯に着岸することも決まった。


 初着岸したのは、英国籍の大型客船「ダイヤモンド・プリンセス」(全長290メートル、約11万6千トン)。長崎や韓国を巡る船旅を終えて4日早朝、新港ふ頭に完成したばかりの客船ターミナルに横付けした。


 同日夕には乗客約2500人を乗せ、沖縄や台湾に立ち寄る別のツアーに出発した。岸壁近くに立つ1914年完成の港湾荷役専用クレーン「ハンマーヘッドクレーン」の周りでは、大勢の人たちが巨大な船を見送った。10月31日にオープンした客船ターミナルとの複合施設「横浜ハンマーヘッド」の商業施設もにぎわった。


ここから続き

 市によると、市が進めた新港ふ頭の岸壁の再整備が3月末に完了。岸壁は従来の220メートルから340メートルに延び、水深は7・5メートルから9・5メートルと深くなった。


 横浜ベイブリッジをくぐれない超大型船が着岸できる大黒ふ頭も、国や市が岸壁を整備中。来年4月以降は超大型船2隻が着岸可能になる。同5月6日には新港、大黒両ふ頭の計3隻に加え、貨物船が使う本牧ふ頭に1隻、客船ターミナルがある大さん橋に2隻を受け入れ、計6隻が同時着岸するクルーズ船の競演が見られるという。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


:横浜港への接岸は満潮時だと入港できるが、今後はくぐれるように整備してゆくでしょう!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Sponsored Link