操縦室の窓にハチの群れ、米製薬大手パーデュー、日本はスペインと同組に、英宮殿の「黄金の便器」盗難、

操縦室の窓にハチの群れ、3時間半遅れて離陸 インド


2019年9月16日 18:33 発信地:ニューデリー/インド [ インド アジア・オセアニア ]

操縦室の窓にハチの群れ、3時間半遅れて離陸 インド

エア・インディア機。インド・ニューデリーの空港で(2018年9月10日撮影、資料写真)。(c)Sajjad HUSSAIN / AFP



【9月16日 AFP】インド東部コルカタの空港で15日、離陸前のエア・インディア(Air India)航空機の操縦室の窓にハチの群れが押し寄せ、3時間半以上の遅延が生じる出来事があった。当局が明らかにした。


 航空機は、北東部トリプラ(Tripura)州の州都アガルタラ(Agartala)行きで、バングラデシュの情報相を含む136人が搭乗していた。





 空港職員はAFPに対し、「ミツバチを駆除するために、消防隊が出動して水を噴射した。作戦開始から約1時間にようやく撃退することができた」と述べた。


 この結果、航空機は3時間半以上遅れて離陸したという。(c)AFP


米製薬大手パーデュー、破産申請 オピオイド訴訟で和解目指す


2019年9月16日 18:04 発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ]

米製薬大手パーデュー、破産申請 オピオイド訴訟で和解目指す

米コネティカット州スタンフォードにある、製薬大手パーデュー・ファーマ本社(2019年4月2日撮影、資料写真)。(c)Drew Angerer / GETTY IMAGES NORTH AMERICA / AFP



【9月16日 AFP】米製薬大手パーデュー・ファーマ(Purdue Pharma)は15日、破産を申請したと発表した。これにより、麻薬性鎮痛薬オピオイドがもたらした危機的状況をめぐる訴訟の和解に向け、100億ドル(約1兆1000億円)以上の充当を目指している。


 米国におけるオピオイド中毒のまん延の責任の大きな部分を負っているのが、パーデューの処方鎮痛剤「オキシコンチン(OxyContin)」だとされ、同社は州や国レベルで数千件規模の訴訟を抱えている。





 パーデューのスティーブ・ミラー(Steve Miller)会長は、今回の提案により「米全土でオピオイド危機への対応に取り組む団体に、巨額の資金と重要なリソースが提供されることになる」と述べている。


 同社は、連邦破産法第11章の下で再建を目指し、原告側が新会社の取締役会を選任し、破産裁判所の承認を受けるとしている。


 ミラー氏は、会社再建により「訴訟を長引かせて巨額の資金や長い年月を無駄にする」ことが回避できるという見方を示した。


 パーデューの破産に加え、同社創業一族の大富豪サックラー(Sackler)家が、和解に向け30億ドル(約3200億円)を支払う見通し。この金額はさらに増える可能性もあるとみられている。(c)AFP


日本はスペインと同組に、ATPカップの組み合わせ発表


2019年9月16日 15:16 発信地:シドニー/オーストラリア

日本はスペインと同組に、ATPカップの組み合わせ発表
シドニーで行われた男子テニスの国別団体戦、ATPカップの組み合わせ抽選会で、ドロー結果を示す元男子テニス選手のジョン・ニューカム氏(2019年9月16日撮影)。(c)Saeed KHAN / AFP



【9月16日 AFP】来年1月にオーストラリアで開催される男子テニスの国別団体戦、ATPカップ(ATP Cup 2020)の組み合わせ抽選が16日に行われ、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(Novak Djokovic)はブリスベン(Brisbane)で、錦織圭(Kei Nishikori)はラファエル・ナダル(Rafael Nadal)らとパース(Perth)で2020年シーズンをスタートさせることになった。


 ATPカップはシーズンの四大大会(グランドスラム)初戦、全豪オープンテニス(Australian Open Tennis Tournament 2020)の前哨戦として来年1月3日から12日にかけて開催される。





 この日の組み合わせ抽選会では、ジョコビッチ擁するセルビアがフランス、南アフリカ、現時点では未定の1チームと同じグループAに組み込まれ、日本はナダルのいるスペイン、ジョージアらと同じグループBとなった。


 ロジャー・フェデラー(Roger Federer)のスイスはグループCでベルギー、そしてアンディ・マレー(Andy Murray)が参戦を表明している英国らと激突。ワイルドカード(主催者推薦)のオーストラリアは、ドイツ、ギリシャ、カナダと同じグループFとなった。


 ATPカップの出場国は、各国のシングルスの世界ランク最上位選手を基準に決定され、残る5か国は11月13日のセカンドエントリー期限に決まる。賞金総額は2200万豪ドル(約16億円)で、選手はシングルスで最大750、ダブルスで最大250のATPランキングのポイントを獲得できる。


 ATPカップに先立つ2019年シーズン末には、国際テニス連盟(ITF)が主催する国別対抗戦、デビスカップ(Davis Cup 2019)の決勝ラウンドが開催される。デビスカップは今季から実施方式が刷新され、決勝ラウンドは出場全18チームが一堂に会し、1週間の集中開催で行われる。


 ATPカップのグループステージの組み合わせは以下の通り。


■グループA(ブリスベン):セルビア、フランス、南アフリカ、未定の1か国


■グループB(パース):スペイン、日本、ジョージア、未定の1か国


■グループC(シドニー):スイス、ベルギー、英国、未定の1か国


■グループD(ブリスベン):ロシア、イタリア、米国、未定の1か国


■グループE(パース):オーストリア、クロアチア、アルゼンチン、未定の1か国


■グループF(シドニー):ドイツ、ギリシャ、カナダ、オーストラリア


(c)AFP


英宮殿の「黄金の便器」盗難、「ロビン・フッド」のような動機を期待 制作者


2019年9月16日 13:52 発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ ]

英宮殿の「黄金の便器」盗難、「ロビン・フッド」のような動機を期待 制作者

イタリア人芸術家のマウリツィオ・カテラン氏による、実際に使用することもできる「黄金の便器」(2016年9月15日撮影、資料写真)。(c)William EDWARDS / AFP



【9月16日 AFP】英イングランドにあるブレナム宮殿(Blenheim Palace)で展示されていた18金製の「黄金の便器」が14日未明に盗まれた事件で、この便器を制作したイタリア人アーティスト、マウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)氏は、英国の伝説的義賊「ロビン・フッド(Robin Hood)」のような発想で持ち出されたことを望んでいると語った。警察は15日も作品の行方を追っている。


 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)のインタビューでカテラン氏は、「アメリカ(America)」と名付けられているこの便器が盗難にあったと知ったとき、最初はいたずらだと思ったという。





 便器として実際に使用でき、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領に貸し出すと申し出たことでも有名なこの作品は、貧富の格差をテーマにした「99%の人のための1%の芸術」だとカテラン氏は以前語っていた。


 同氏は「今もそうであることを望んでいる。前向きでいたいし、強盗はロビン・フッドに着想を得たものであると考えている」と述べ、金持ちから物を盗み貧しい人々に与えるこの物語の登場人物に言及した。


 ブレナム宮殿のドミニク・ヘア(Dominic Hare)最高責任者によると、同宮殿で12日から展示されていたこの作品は、500万~600万ドル(約5億4000万~約6億5000万円)の価値があるとされている。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)石井歓の音楽文化を継承 没後10年コンサートを開演。







 管弦楽やバレエ、合唱など広い分野で活躍した作曲家の石井歓(1921~2009年)をしのぶコンサートが29日、神奈川県小田原市本町1丁目の市民会館大ホールで開かれる。小田原の音楽文化の発展に貢献した故人の功績を受け継ごうと、合唱団や演奏家がステージに立ち、世代を超えた音楽の輪をつなげる。


 石井歓は1970~89年に全日本合唱連盟理事長を務めた。音楽文化で「芸術」と「家庭」をつなぐ活動に取り組み、全日本おかあさんコーラス大会の生みの親とされる。80年ごろから小田原に住み、2000年の「全国童謡フェスティバル~白秋IN小田原」では実行委員長を務めながら、小学生の詩に曲を付けて新作の童謡を創作した。


 石井が愛用したグランドピアノは、遺族から同市かもめ図書館に寄贈された。この縁で同図書館を会場に、石井を慕う音楽家たちが13年度から「かもめコンサート」を企画。これまで16回、若手音楽家に歌や演奏の機会を提供してきた。


 29日の「没後10周年記念コンサート」の第1部は、かもめコンサートに出演後、国内外に活躍の場を広げた歌手やピアニストら7人が出演する。


 第2部では石井が作曲したオペラを含む歌曲やビオラソナタを紹介する。山田浩子さんの指揮で小田原医師会合唱団が歌う「風紋」は男声の風と女声の砂丘が愛の対話をするダイナミックな曲だ。ソプラノの菊地貴子さんと西由起子さん、小田原男声合唱団も出演する。


 山田さんは「フィナーレで北原白秋作詞、石井歓作曲の『花』を会場の全員で歌います。誰でも歌いたくなるかわいい曲で、小田原の子どもたちに口ずさんでほしい」と話す。


 コンサートは午後3時開演。入場券は一般2千円、高校生以下500円。小田原駅地下街案内所などで販売。問い合わせは市文化政策課(0465・33・1709)へ。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


:音楽が好きな方は、ぜひ一緒に歌いましょう。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Sponsored Link