仏スパイダーマン、スリランカでゾウ7頭の死骸発見、メーガン妃、タマネギのベッド、電気も水道もなし 、

仏スパイダーマン、ドイツの高層ビルに「登頂」 その後逮捕される


2019年9月29日 17:10 発信地:フランクフルトアムマイン/ドイツ [ ドイツ ヨーロッパ ]

仏スパイダーマン、ドイツの高層ビルに「登頂」 その後逮捕される

独フランクフルトにある高層ビル「スカイパー」に登る、フリークライマーのアラン・ロベールさん(2019年9月28日撮影)。(c)Daniel ROLAND / AFP



【9月29日 AFP】世界各地の高層ビルによじ登り、「フランスのスパイダーマン(Spiderman)」との異名をとるフリークライマー、アラン・ロベール(Alain Robert)さん(57)が28日、ドイツのフランクフルトにある高層ビルに登り、その後逮捕された。現場に居合わせたAFP記者が伝えた。


 ロベールさんは、高さ154メートルの高層ビル「スカイパー(Skyper)」の「登頂」に安全器具を装着せず無許可で挑戦。わずか30分で最上部に到達した。通行人らは足を止め、見上げたり、写真を撮ったりしていた。





 ロベールさんは1994年以来、ドバイ()のブルジュ・ハリファ(Burj Khalifa)や仏パリのエッフェル塔(Eiffel Tower)など、世界中の高層ビルの登頂に成功。今年8月には、大規模な民主派デモに揺れる香港の高層ビルに登り、「平和」をモチーフにした垂れ幕を披露した。(c)AFP


スリランカでゾウ7頭の死骸発見、畑荒らしに怒った村人が毒殺か


2019年9月29日 16:28 発信地:コロンボ/スリランカ [ スリランカ アジア・オセアニア ]

スリランカでゾウ7頭の死骸発見、畑荒らしに怒った村人が毒殺か

スリランカ中部シギリヤ近くで、発見されたゾウの死骸の周囲に立つ住民ら(2019年9月28日撮影)。(c)AFP



【9月29日 AFP】スリランカ中部の森林保護区で27日と28日、野生のゾウ計7頭の死骸が見つかった。作物を荒らされたことに怒った村人に毒殺されたとみられている。


 現場近くには、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage)にも登録されている古代都市シギリヤ(Sigiriya)がある。





 スリランカでは毎年200頭近いゾウが殺されており、その多くは農地に侵入した後、農民に殺されている。


 一方、ゾウは毎年約50人の命を奪っている。こうした事故のほとんどは、ゾウが生息地近くの村に侵入した時に起きている。


 シギリヤ警察によると、野生生物の専門家と獣医師らは、ゾウが毒を盛られたのではないかと疑っており、死骸の解剖を行うことになっている。


 スリランカ中部では、ゾウが村を襲い、作物を荒らす事例が相次いでいた。

 同国でゾウ殺しは死刑とされているが、執行はされていない。(c)AFP


メーガン妃、南アの女子大生殺害現場で被害者悼む インスタで明らかに


2019年9月29日 13:57 発信地:ケープタウン/南アフリカ [ 南アフリカ アフリカ 英国 ヨーロッパ ]

メーガン妃、南アの女子大生殺害現場で被害者悼む インスタで明らかに

南アフリカ・ケープタウンの女子大生殺害現場で、黄色いリボンを結び犠牲者を悼むメーガン妃。ヘンリー英王子夫妻の公式インスタグラムから(撮影日不明、2019年9月28日公開)。(c)AFP PHOTO / DUKE AND DUCHESS OF SUSSEX / SUSSEX ROYA



【9月29日 AFP】夫のヘンリー英王子(Prince Harry)、長男アーチー(Archie)ちゃんと共に南アフリカを公式訪問している英国のメーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)が、性暴力被害者への連帯を示すため、ケープタウンで女子大生が殺害された事件の現場を訪れていたことが分かった。南アフリカは女性にとって世界で最も危険な国の一つ。


 事件は先月、港湾都市ケープタウンで市内の大学に通うウイネーネ・モヘットヤーナ(Uyinene Mrwetyana)さん(19)がレイプされた上に殺害されたもの。現場を訪れたメーガン妃はモヘットヤーナさんを悼み、手すりに黄色いリボンを結んだ。





 公式データによると、南アフリカでは女性に対する暴力がまん延しており、1日に約140件の性暴力事件が発生。8月だけでも、30人以上の女性が配偶者に殺害されている。(c)AFP


【今日の1枚】タマネギのベッド、程よい刺激


2019年9月29日 12:15 発信地:ハイデラバード/インド [ インド アジア・オセアニア ]

【今日の1枚】タマネギのベッド、程よい刺激

インド・ハイデラバードにあるマラクペット農業市場の敷地で、タマネギが詰まった袋の上で休憩する労働者(2019年9月18日撮影)。(c)NOAH SEELAM / AFP



【9月29日 AFP】インド・ハイデラバード(Hyderabad)にあるマラクペット(Malakpet)農業市場の敷地で、タマネギが詰まった袋の上で休憩する労働者。(c)AFP


電気も水道もなし 北アイルランドの田舎で暮らす高齢女性、潮流の最先端に?


2019年9月29日 12:00 発信地:エニスキレン/英国 [ 英国 ヨーロッパ ]

電気も水道もなし 北アイルランドの田舎で暮らす高齢女性、潮流の最先端に?
 


北アイルランド・エニスキレンのベルクー村近くにある自宅の庭でポーズをとるマーガレット・ギャラガーさん(2019年7月15日撮影)。(c)PAUL FAITH / AFP



【9月29日 AFP】手回し式ラジオ、数枚のカラー写真、積み上げられた本──これらは、マーガレット・ギャラガー(Margaret Gallagher)さんが現代世界に暮らしている数少ないしるしだ。


 ギャラガーさんは生まれてから77年間ずっと、北アイルランド・ファーマナ(Fermanagh)州の田園地帯にある築200年のわらぶき屋根の家に住んでいる。水道や電気はなく、トイレは屋外だ。





 ギャラガーさんの一日は、近くで湧き水をくんでくることから始まる。燃料のまきと泥炭をくべた暖炉で、1日3食を調理する。暖炉の火と石油ランプとろうそく、これらがギャラガーさんの家を照らす明かりだ。


「ここが私の場所。満足しています」。午前中にケーキを焼いた後、ギャラガーさんはそう語った。


■若者は「流行が好きなだけ」


 現代のライフスタイルが環境や心理に及ぼす影響をめぐる主流の議論の中では、変化が起きている。皮肉なことに、ギャラガーさんはその古風な生活のために、その変化の最先端に立たされている。


 若者世代が炭素排出量の少ない生き方を追求する背景には、環境への配慮や住宅費の上昇もある。


 だが、ギャラガーさんは、環境への配慮を推し進める昨今の運動に懐疑的だ。


「一時的な気まぐれでしょう──若者は流行が好きです。真新しくて輝いていますから。1、2年で(興味の対象が)何か他のものに変わるでしょう。本物ではないのです」 (c)AFP/Joe STENSON


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)横須賀市のごみ収集車、海わたり房総の被災地へ支援!







台風15号によって大量の災害廃棄物が出た千葉県南部で、神奈川県横須賀市廃棄物の処理を支援している。市内のごみ収集が休みの28日は、収集車12台がフェリーで海を渡り、被害の大きかった館山市や鋸南町で廃棄された布団などを回収した。


東京湾フェリー金谷港(千葉県富津市)から車で15分ほど。鋸南町の廃校の小学校に設けられた廃棄物の仮置き場には、屋根瓦や布団などが山積みになっていた。


 「家の2階は畳がベタベタ。布団はとても使えたものじゃない」。軽トラックで布団を運び込んだ東京都葛飾区の40代の男性は、疲れた様子で語った。


 町内にある祖母宅は、屋根や窓が強風で吹き飛んだ。祖母は不在で無事だったが、家の中は雨で水浸しに。男性は「これから異臭が出るのではないか」と心配そうに話した。


 鋸南町の職員によると、同様の住宅が多く、仮置き場には大量のぬれた布団や畳が運び込まれているという。同町では布団の焼却が難しいといい、横須賀市が支援を申し出た。23日から平日に収集車数台を出し、船で横須賀に運んでいる。


 だがごみの量が多いことから、週末の28、29両日は職員が臨時出勤。派遣台数を大幅に増やした。同市資源循環部の細野伸明主査(55)は「今も廃棄物が運び込まれており、このままではあふれると判断した。全面的に協力し、早急に運び出したい」と話した。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*他地域の応援は難しいものですが、勇気がいる仕事ですが素晴らしいと感心しました。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Sponsored Link