ケイト・ブッシュさん、なたで遺体切断、南アジア各地でモンスーン、コカイン密輸の、中国と東南アジアを「アニメ」が結ぶ

ケイト・ブッシュさんのヒット曲「嵐が丘」を再現、2か国でファンがフラッシュモブ


2019年7月17日 17:04 発信地:ベルリン/ドイツ [ ドイツ 英国 ヨーロッパ オーストラリア アジア・オセアニア ]

ケイト・ブッシュさんのヒット曲「嵐が丘」を再現、2か国でファンがフラッシュモブ

独ベルリンのゲルリッツァー公園で、英ポップシンガー、ケイト・ブッシュのヒット曲「嵐が丘」のフラッシュモブを行うファンたち(2019年7月13日撮影)。(c)David GANNON / AFP



【7月17日 AFP】英歌手ケイト・ブッシュ(Kate Bush)さんのファンたちが13日、独ベルリンと豪シドニーで赤い衣装を身にまとってフラッシュモブを行い、往年のヒット曲「嵐が丘(Wuthering Heights)」を再現した。


 

 ブッシュさんは18歳の時、1847年に出版されたエミリー・ブロンテ(Emily Bronte)の小説「嵐が丘」の翻案作品に触発されて作詞した。


 ブッシュさんは1978年、赤い衣装を着てレコーディングを行った。嵐が丘はブッシュさんの最も売れたシングル曲となった。


 小雨が降る中、ベルリン中心部のゲルリッツァー(Goerlitzer)公園には数百人のファンが集まり、ブッシュさんの動きを再現して約4分間のパフォーマンスを行った。


 ベルリンでのパフォーマンスに先立ち、シドニーでも約100人の男女と子どもが市内の公園に集まり、同様のダンスを披露した。同様のフラッシュモブはアイルランドの首都ダブリンやオランダでも予定されている。


「嵐が丘の日(Wuthering Heights Day)」は数年前にベルリンで始まり、各都市に広がった。(c)AFP




なたで遺体切断、心臓抜き取りも…「LAで最も凶悪なギャング」メンバー22人起訴


2019年7月17日 17:00 発信地:ロサンゼルス/米国 [ 米国 北米 ]

なたで遺体切断、心臓抜き取りも…「LAで最も凶悪なギャング」メンバー22人起訴

ギャング組織MS-13のメンバーを写したとされる米司法省の提供写真(2019年7月16日提供)。(c)AFP PHOTO / US Justice Department



【7月17日 AFP】米ロサンゼルスで最も凶悪なギャング組織とされる「MS-13」のメンバー22人が、マチェーテ(長刀のなた)で敵対組織メンバーの遺体を切断し心臓を抜き取るなど、陰惨な殺人事件7件を含む12の事件に関わっていたとして起訴された。


 16日に公開された起訴状によると、この2年の間に発生した7件の殺人事件に被告のほとんどが関わっていた。凶器にはマチェーテのほか刃物やバットが使われ、多くの遺体はロサンゼルス北東部のエンジェルス国立森林公園(Angeles National Forest)に遺棄された。


 7件のうち特に陰惨なものは2017年3月に発生した事件で、MS-13に関する壁の落書きを汚したとされる敵対組織のメンバーを複数のMS-13メンバーが車でエンジェルス国立森林公園の外れに連行。6人がかりで被害者をマチェーテで襲い、遺体を切断したほか、心臓も抜き取ったとみられている。


 今回起訴された22人のうち3人はここ数日間にロサンゼルスエリア内で逮捕され、さらにもう1人が週末オクラホマ州で逮捕された。当局によると他の18人は薬物の売買などさまざまな容疑で昨年逮捕されていた。


 ニック・ハンナ(Nick Hanna)米連邦検事は「ロサンゼルスで最も凶悪な組織であるMS-13と関係のある20人近い人物を市内から取り除いた」とし、「MS-13は過去2年間で24人を殺害したとみられる」と指摘している。(c)AFP/Jocelyne ZABLIT


南アジア各地でモンスーンによる豪雨被害、死者少なくとも180人


2019年7月17日 16:28 発信地:ニューデリー/インド [ インド バングラデシュ パキスタン アジア・オセアニア ]

南アジア各地でモンスーンによる豪雨被害、死者少なくとも180人

洪水に見舞われたインドのアッサム州マナス川で、倒れた木につかまる人々(2019年7月15日撮影)。(c)David TALUKDAR / AFP



【7月17日 AFP】南アジア各地でモンスーンによる豪雨が洪水や土砂崩れを引き起こし、家屋を流された住民が高台に避難を余儀なくされるなど、数百万人に影響が及んでいる。当局によると、16日までに少なくとも180人の死亡が確認された。


 世界人口の5分の1が暮らす南アジアの貧困地域において、6月から9月まで続くモンスーンはかんがい農業や地下水の供給に欠かせないものだ。しかし今年のモンスーンはインド、ネパール、バングラデシュ、カシミール(Kashmir)地方のパキスタン実効支配地域に大きな被害をもたらしている。


 中心部から離れた低平地では住民、住宅、ボートなどが流された。国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)のハビエル・カステジャノス(Xavier Castellanos)氏は、悪化する被害状況について「水位が上昇して集落全体が孤立し、住民が飢えたり病気になるリスクが高まっている」と指摘した。


 インドのムンバイでは、豪雨のあと住宅密集地で建物が倒壊し、これまでに10人が死亡した。地元災害当局者は、「救助活動はがれきに埋もれた最後の1人が救助されるまで続く予定だ。10人以上がまだがれきの下敷きになっている」と述べた。


 全国ではおよそ50人が死亡。北東部アッサム(Assam)州と、ネパールとの国境に接する東部ビハール(Bihar)州では大洪水の被害が深刻化している。


 数百もの川が交差するデルタ地帯にあり洪水被害を受けやすいバングラデシュの洪水予報・警報センター(Flood Forecasting and Warning Centre)は、国土のおよそ3分の1が水に漬かったと発表。ブラフマプトラ(Brahmaputra)川など少なくとも14の主要河川で堤防が決壊し、水位が危険な水準に上昇し、数万人が孤立している。バングラデシュではこれまでに34人が死亡した。


 ネパールでは水が引き始めているが、これまでに少なくとも78人の死亡が確認され、1万6000世帯が避難した。


 カシミール地方のパキスタン実効支配地域では、鉄砲水で23人が死亡し家屋120戸が損壊した。


 国連(UN)は15日、今回のモンスーンによる災害に対応している被災各国に協力する用意があると明らかにした。(c)AFP


コカイン密輸のコロンビア人逮捕、かつらの下に隠す スペイン


2019年7月16日 21:27 発信地:マドリード/スペイン [ スペイン ヨーロッパ コロンビア 中南米 ]

コカイン密輸のコロンビア人逮捕、かつらの下に隠す スペイン

スペイン・バルセロナの空港で逮捕された、コカインをかつらの下に隠していたコロンビア人の男。スペイン警察提供(撮影日不明、2019年7月16日公開)。(c)AFP PHOTO / SPANISH POLICE



【7月16日 AFP】スペイン・バルセロナ(Barcelona)の空港で、約500グラムのコカインを隠し持っていたコロンビア人の男が逮捕された。警察が16日、発表した。男はコカインをかつらの下に忍ばせていた。


【合わせて読みたい】機内で日本人死亡、腹部にコカインの包み246個 メキシコ


  この発表によると、男が「相当落ち着かない様子」で、かつらが「不相応なサイズ」だったことから警察の目に留まったという。

 警察官らが男に職務質問した際、「きっちり封をした包みが頭の上にテープで留められている」のを発見。中には、3万ユーロ(約360万円)超に相当する503グラムのコカインが入っていた。警察はこれを「かつら作戦」と呼んでいる。


 男が逮捕されたのは先月末、コロンビア首都ボゴタから飛行機で到着したスペイン国内で2番目に利用者が多いエルプラット空港(El Prat Airport)だったという。


 南米のコカインが欧州に運ばれる際、その多くが歴史的にも言語的にもつながりの深いスペインを経由しており、主にコロンビアから持ち込まれている。(c)AFP




中国と東南アジアを「アニメ」が結ぶ、文化展示会に200社以上参加


2019年7月17日 14:34 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

中新社

 

中国と東南アジアを「アニメ」が結ぶ、文化展示会に200社以上参加

中国ーASEAN博覧会文化展示会とアニメゲームショーに参加したコスプレイヤー(2019年7月5日撮影)。(c)CNS/俞靖月17日 CNS】中国・広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)南寧(Nanning)で5日から8日まで、中国—ASEAN博覧会文化展示会とアニメゲームショーが開かれた。中国とインドネシア、タイ、マレーシア、日本、韓国など200社以上の企業が集まり、契約の交渉が行われたほか、コスプレ愛好家が集い、花を添えた。



 広西チワン族自治区は、中国で発展が著しい沿岸部と対照的に内陸部に位置するが、中国とASEANを結ぶ「最前線」でもある。自治区の文化観光局長、甘霖(Gan Lin)氏は5日、「中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は地理的に近く、歴史と文化のつながりがあり、文化産業の分野で幅広い協力ができる」と述べた。


 この展示会は2015年から始まり、中国が進める現代版シルクロードプロジェクト「一帯一路(Belt and Road)」沿線の国・地域との間で、文化産業分野における交流や協力を促進するプラットフォームを提供してきた。今年は国際(ASEAN)特別商品展示エリアを設け、各国の誇る観光、芸術・文化、グッズ、出版物、アニメゲームなどを展示し、国際的に人気が高まっているeスポーツも行われた。


 アニメゲームショーでは、大勢のコスプレイヤーが集まり、カメラの前でアニメキャラクターの動きをまねしたポーズを取っていた。個性的で色鮮やかな衣装は人々の視線を集め、あちこちで写真撮影が行われた。


 アニメゲーム業界は、近年の中国とASEAN間の文化協力の目玉となっている。広西国際博覧会事務局次長の楊雁雁(Yang Yanyan)氏は「今回の展覧会で10社以上の中国の有名なアニメゲーム企業が海外のバイヤーと交渉し、より広い市場を開拓している」と説明する。


 甘霖氏によると、広西はアニメゲーム産業の発展のため、数多くの素晴らしい作品を生み出している。広西で制作された(広西に生息するサルの)「白頭葉猴(ゴールデンヘデッドラングール)」の子ども「壮壮(Zhuang Zhuang)」が主人公のアニメ「白頭葉猴 嘉猴壮壮」は、タイの企業が1000万元(約1億5700万円)で放映権を契約し、タイの主要テレビ局で放送される。かわいい熊の小米(Xiao Mi)が主人公のアニメ「熊小米」は東南アジア6か国で放送される契約も結ばれた。


 文化産業分野における中国とASEAN諸国との間の交流は近年、ますます盛んになっている。例えば、中国-ASEANのテレビ・映画チャンネル「華麗播(China Live Channel)」では、中国の優れた作品が東南アジアで放映されている。大型ドキュメンタリー映画「海の新シルクロード ASEAN万里行」も中国とASEANが共同で制作。中国とカンボジアのアーティストによる共同公演「アンコールの微笑(Smile of Angkor)」もカンボジアで人気を集めている。(c)CNS/JCM/AFPBB News


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




芥川賞に今村夏子さん、直木賞に大島真寿美さん決まる






写真・図版

芥川賞に決まった今村夏子さん


 

 



  • 写真・図版

  • 写真・図版

  • 写真・図版






 第161回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が17日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞に今村夏子さん(39)の「むらさきのスカートの女」(小説トリッパー春号)、直木賞に大島真寿美さん(56)の「渦 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん) 魂(たま)結び」(文芸春秋)が選ばれた。副賞は各100万円。贈呈式は8月下旬、東京都内で開かれる。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*今年は女性陣の活躍が素晴らしいです。ぜひして下さい。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Sponsored Link