カザフ大統領選、タクラマカン砂漠の西縁で、香港「逃亡犯条例」、味はいかが?江西で豪雨水害

カザフ大統領選、現職トカエフ氏が圧勝 7割以上得票


2019年6月10日 17:51 発信地:ヌルスルタン/カザフスタン [ カザフスタン ロシア・CIS ]

カザフ大統領選、現職トカエフ氏が圧勝 7割以上得票

カザフスタン大統領選挙で、投票後に記者会見するカシムジョマルト・トカエフ氏(2019年6月9日撮影)。(c)VYACHESLAV OSELEDKO / AFP



【6月10日 AFP】中央アジア・カザフスタンの選挙管理委員会は10日、ヌルスルタン・ナザルバエフ(Nursultan Nazarbayev)前大統領が後継に指名していた現職のカシムジョマルト・トカエフ(Kassym-Jomart Tokayev)氏が7割以上の票を得て当選したと発表した。投票が行われた前日の9日には、抗議デモが発生していた。


タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる 土壤改善に期待


2019年6月10日 17:50 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

 

 

タクラマカン砂漠の西縁で「海水稲」の試験栽培始まる 土壤改善に期待

タクラマカン砂漠西縁の新疆ウイグル自治区ヨプルガ県バヤワト郷に位置する試験田で「海水稲」の苗を植える研究員(2019年6月3日撮影)。(c)Xinhua News



【6月10日 Xinhua News】中国の交雑水稲(ハイブリッド米)の父と呼ばれる袁隆平(Yuan Longping)氏の研究チームは2018年から新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠周辺で、アルカリ土壌に強い「海水稲」を栽培する「ゴビ砂漠に耕地を求める」プロジェクトの試験田づくりを進めており、今年試験栽培の規模を拡大した。3日、今年の稲の苗がしっかりと根を下ろしたことが確認された。タクラマカン砂漠周辺には大量のアルカリ土壌が広がっており、これまで農業生産に使えなかった。


  海水稲試験田はタクラマカン砂漠西端にあるヨプルガ(岳普湖)県バヤワト(巴依阿瓦提)郷に位置しており、試験栽培面積は20ヘクタール。田植えは機械が使われた。研究チーム新疆エリアの責任者、曹志順(Cao Zhishun)氏は次のように指摘した。試験栽培している土地の塩分濃度は17‰前後に上り、pH水素イオン指数は8.0を超え、重度アルカリ土壌に属しているが、「海水稲には土壤を改善し、アルカリ度を低減する效果があり、3年から5年でこのアルカリ土壌は素晴らしい田畑に改良されるだろう」。

 「試験田のあるところはかつて一面のゴビ砂漠だった」。バヤワト郷のアリムジャン郷長はこう話し、次のように説明した。山東省の新疆支援指揮部との協力の下、同研究チームは今年2度目の栽培試験を進め、昨年は約5.3ヘクタールの土地で試験栽培を行った。地元の農民は試験栽培の効果を見て、今年は規模を20ヘクタールに拡大した。「われわれの郷にはアルカリ土壌が1000ヘクタールあり、まったく農業に使えないが、人々は海水稲が荒地を良田に変えると聞いてとても期待している」。


 曹氏は次のように述べた。2018年、ヨプルガ県の試験田では1ムー(15分の1ヘクタール)当たり収量549キロを達成し、初歩的な成功を収めた。「われわれのチームが設定した国内のアルカリ土壌での海水稲の収量の『合格ライン』は1ムー当たり200キロで、549キロという成果は予想を大きく上回るものだった。これはこの地のアルカリ土壌に大きな開発のポテンシャルがあることを意味している」。新疆にはアルカリ土壌が多く、さまざまなレベルの塩害を受けている耕地が約133万ヘクタールあり、自治区の耕地全体の30%を占めている。海水稲によって新疆のアルカリ土壌を改善することの価値は極めて大きく、非常に大きな将来性がある。(c)Xinhua News/AFPBB News


香港「逃亡犯条例」の改正反対派、12日に再びデモ実施を予定


2019年6月10日 17:24 発信地:香港/中国 [ 香港 アジア・オセアニア 中国・台湾 ]

香港「逃亡犯条例」の改正反対派、12日に再びデモ実施を予定

香港で行われた「逃亡犯条例」の改正案に反対するデモで、現場に配置された警察官ら(写真左、2019年6月10日撮影)。(c)Philip FONG / AFP



【6月10日 AFP】香港政府が目指している、中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正に反対する抗議団体は10日、新たなデモを12日に実施すると発表した。この問題をめぐっては、前日の9日に記録的な数の参加者を集めて抗議行動が展開されたばかり。


  9日のデモを呼び掛けた、民間人権陣線(CHRF)の岑子傑(Jimmy Sham)氏は10日、報道陣に対し「12日、CHRFは集会を午前10時(日本時間同11時)に開始することを予定している」と述べた。

 これに先立ち、香港の行政トップである林鄭月娥(キャリー・ラム、Carrie Lam)行政長官が、延期や撤回を求める抗議に屈することなく、12日の議会で同法案の審議を進めると明言していた。(c)AFP


味はいかが? 第1回「昆虫美食祭」開催 四川農業大学


2019年6月10日 14:51 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

 

 

味はいかが? 第1回「昆虫美食祭」開催 四川農業大学

ジャイアントミールワームのフライをのせたデコレーションケーキ(2019年5月24日撮影、四川農業大学提供)。(c)Xinhua News



【6月10日 Xinhua News】中国の四川農業大学でこのほど、第1回「昆虫美食祭」が開催された。花椒(かしょう)と塩で味付けした「斗米虫(カミキリムシの幼虫)」や、麻辣(マーラー)風味のコガネムシ、ミールワーム入りのパン、昆虫のふんで作ったお茶など、食用昆虫10種類以上を使ったさまざまなメニューが来場者を驚かせた。(c)Xinhua News/AFPBB News


江西で豪雨水害、91万超が被災


2019年6月10日 13:32 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

中新社

 

江西で豪雨水害、91万超が被災

水害が発生している吉安市泰和県橋頭鎮(2019年6月9日撮影)。(c)CNS/鄧和平



【6月10日 CNS】中国・応急管理部の公式微博(ウェイボー、Weibo)によると、国家減災委員会と応急管理部は9日午前10時、江西省(Jiangxi)吉安市(Ji'an)、上饒市(Shangrao)などで豪雨による深刻な水害が発生しているとして、国家緊急災害体制「レベル4」を発動すると発表した。被災地に対し防災テント2000張り、折り畳みベッド1万床、布団2万枚などの救援物資を発送した。


  江西省応急庁の報告によると、江西省の東北部や中部で6日から局地的豪雨などがあり、一部の河川では警戒水位を超え、深刻な洪水が発生している。9日午前11時時点の統計では、吉安、上饒、鷹潭(Yingtan)などを含む9市45県で91万7000人が被災。災害による死者は6人、行方不明1人となっている。

 また、13万3000人が避難のための移動や生活の支援を必要としている。農作物の被災面積は774平方キロで、家屋118戸290棟が倒壊するなど、直接的な経済損失は15億9000万元(約249億円)に上っている。(c)CNS/JCM/AFPBB News


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




作家の田辺聖子さん死去 91歳 文化勲章受章されました。







 人生の機微をすくい取った恋愛小説や、ユーモアにあふれたエッセーで人気を集めた文化勲章受章者の作家、田辺聖子(たなべ・せいこ)さんが、6日午後1時28分、総胆管結石による胆管炎のため、神戸市内の病院で死去した。91歳だった。通夜・密葬は親族で営まれた。喪主は、弟の田辺聰(あきら)さん。後日、東京と大阪でそれぞれお別れの会を開く予定。



大阪市生まれ。写真館だった実家が戦災で焼失し、敗戦直後に父が死去した。樟蔭女子専門学校(現・大阪樟蔭女子大)卒業後、大阪の金物問屋に就職。一家の生計を支えながら小説を書き、大阪文学学校にも通った。


 1957年、女の一生を生き生きとした大阪弁で描いた「花狩(はながり)」が雑誌の懸賞小説に佳作入選してデビュー。64年、放送作家の女性と党員の男性の恋を、女性の男友達の醒(さ)めた視点でつづる「感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)」で芥川賞を受賞した。


 その後、鋭い人間観察をユーモアでくるんだ多くの作品を発表。恋愛小説では自立する独身女性、ドラマ化された「姥(うば)ざかり」シリーズでは老後を楽しむ女性ら、時代を先取りする人物を描いた。


 「カモカのおっちゃん」のモデルとして親しまれた夫の故・川野純夫さんとの生活を軽妙につづったシリーズや、社会風刺の利いたユーモラスなエッセーも人気を集めた。「ひねくれ一茶」(93年吉川英治文学賞)、「道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府(すいふ)とその時代」(98年泉鏡花文学賞、99年読売文学賞ほか)など評論・伝記文学でも高い評価を得た。「源氏物語」など王朝文学の翻案にも力を注いだ。


 2006年度朝日賞。94年菊池寛賞、95年紫綬褒章、00年文化功労者、08年文化勲章受章。NHKの朝の連続テレビ小説「芋たこなんきん」(06~07年)では、主人公のモデルとなった。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*ご冥福をお祈り申し上げます。



 








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Sponsored Link