NBAで来季から、トランプ氏、連続の地震にも無傷、米アップル、ヤンキース田中・ロンドンでの

NBAで来季から試験的にチャレンジ制導入へ、米報道


2019年6月29日 17:14 発信地:ニューヨーク/米国

NBAで来季から試験的にチャレンジ制導入へ、米報道

米プロバスケットボール協会(NBA)の試合で、コートに置かれたボール(2015年12月25日撮影、資料写真)。(c)Scott Halleran/Getty Images/AFP



【6月29日 AFP】米プロバスケットボール(NBA)が2019-20シーズンの適用を視野に、今夏のサマーリーグでヘッドコーチ(HC)がビデオ検証を要求できるチャレンジ制を試験導入することになった。同国のスポーツ専門チャンネルESPNが、28日に報じた。


 ESPNはNBAの各球団に配布されたメモを入手したと明かした上で、各チームのHCは判定が覆るかどうかに関係なく、1試合で1度のみチャレンジの権利が与えられると伝えた。


 メモによると対象の一つはファウルコールで、テクニカルファウルやフレグラントファウルには適用されない。さらにゴールテンディングやバスケットインターフェアランスに加え、ボールがアウトオブバウンズになった際にもチャレンジできるとされており、「この規則は1年間のパイロットプログラムの一環として、来季から適用の予定」と記述されているという。


 このチャレンジ制度は、すでに下部リーグで過去2シーズンにわたり試験導入されていた。(c)AFP


トランプ氏、G20後に会見 北朝鮮に足を踏み入れる可能性に言及


2019年6月29日 17:07 発信地:大阪 [ 日本 アジア・オセアニア 米国 北米 中国 中国・台湾 ]

トランプ氏、G20後に会見 北朝鮮に足を踏み入れる可能性に言及

大阪で開かれた20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせ、記者会見に臨むドナルド・トランプ米大統領(2019年6月29日撮影)。(c)AFP/Brendan Smialowski



【6月29日 AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は29日、大阪で行われていた20か国・地域(G20)首脳会議(サミット)閉幕後に記者会見を行った。


  トランプ大統領は会見で、中国に対する追加関税を当面は発動しない考えを表明した。

 これに先立ちトランプ氏は、習近平(Xi Jinping)中国国家主席と深刻化する貿易戦争について協議。G20後の会見では、米政府としては「少なくとも当面は」中国に対する追加関税を見送る一方で、現行の関税については撤廃するつもりはないと明言し、「これからも交渉を続けていく」と述べた。


 一方、北朝鮮をめぐっては、 同国の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との会談が韓国との軍事境界線沿いで実現するのであれば、北朝鮮に足を踏み入れることは、「何の問題はない」と述べた。


 トランプ氏は同日朝、韓国と北朝鮮を隔てる軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)で金委員長と会う用意があるとの考えを明らかにしており、DMZで金氏と会談を行う計画が実現すれば、北朝鮮側に足を踏み入る可能性はあるのかとの記者からの質問に対し、「もちろん(可能性は)ある。そうすることにまったく抵抗はない。何の問題もない」と述べた。(c)AFP


連続の地震にも無傷、断崖に安置された「僰人懸棺」 四川省珙県


2019年6月29日 15:54 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]






  • 珙県の九盞灯懸棺、珙県文化広播電視・観光局提供(撮影日不明)。(c)Xinhua News


    珙県の九盞灯懸棺、珙県文化広播電視・観光局提供(撮影日不明)。(c)Xinhua News






【6月29日 Xinhua News】中国四川省(Sichuan)宜賓市(Yibin)長寧県(Changning)と珙県(Gong)で17日、マグニチュード(M)6.0と5.1の地震が相次いで発生、5日後の22日には珙県で再びM5.4の地震が発生した。立て続けに地震が発生したが、驚くべきことに珙県にある絶壁に掲げられた「僰人」(Boren、ぼくじん)の木棺「僰人懸棺」は無傷の状態を保っている。


 僰は古代中国南西部の少数民族で、主に四川省と雲南省(Yunnan)の境にある宜賓地区の珙県や興文県(Xingwen)、高県一帯に暮らしていた。「僰人懸棺」は死者のひつぎを断崖絶壁に安置するのを特徴とする、僰人が残した貴重な歴史文化遺産。珙県には280基以上もの懸棺が現存し、国の重要文化財に指定されている。


 珙県文化広播電視・観光局の范玉洪(Fan Yuhong)副局長は「地震発生後、懸棺の状況確認に職員を行かせたが、全部無事だった。これは昔の人の知恵を十分に表すものだ」と語った。


 范氏によると、「僰人懸棺」の多くはクスノキをくり抜いて作られたもので、重さは約500キロ。懸棺が安置されるのは通常高さ20メートルから60メートルの場所だが、100メートル以上の場所に置かれたものもあるという。当時の人がこのような重い棺をどのようにして断崖絶壁に運んで安置したのか、今なお明らかになっていない。


 絶壁にはまた杭を挿す穴が蜂の巣のように多数開けられており、赤い色で描かれた壁画が200点以上ある。壁画の内容は騎射や踊り、動物、武器などさまざまで、僰人が暮らしていた時代の自然環境、社会生産、民俗風習などを描き出している。(c)Xinhua News/AFPBB News


米アップル、Mac Proの生産拠点を中国に移転 WSJ報道


2019年6月29日 13:24 発信地:サンフランシスコ/米国 [ 米国 北米 ]

米アップル、Mac Proの生産拠点を中国に移転 WSJ報道

米カリフォルニア州サンノゼで開かれた「世界開発者会議」で展示された、アップルの新型Mac Pro(2019年6月3日撮影)。(c)Brittany Hosea-Small / AFP



【6月29日 AFP】米紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)は28日、米電子機器大手アップル(Apple)が同社のデスクトップ型パソコン「Mac Pro(マックプロ)」の生産拠点を中国に移転すると報じた。Mac Proはアップルが国内で生産している唯一の主要製品で、テキサス州で組み立てられている。



 WSJはアップルの方針に詳しい情報筋の発言を引用し、アップルが台湾メーカーの広達電脳(クアンタ・コンピューター、Quanta Computer)を選定し、上海付近の工場での生産を委託すると報じている。


 AFPはアップルにコメントを求めたが、回答は得られなかった。


 1台6000ドル(約65万円)のMac Proは売れ筋商品ではないものの、生産拠点の国外移転は、米企業の中でも特にアップルに対して国内で自社製品を生産するよう圧力をかけているドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の怒りを招く可能性がある。(c)AFP


ヤンキース田中、ロンドンでの「歴史的」一戦での登板は「光栄」


2019年6月29日 12:28 発信地:ロンドン/英国

ヤンキース田中、ロンドンでの「歴史的」一戦での登板は「光栄」

英ロンドンでのボストン・レッドソックス戦を控え、写真撮影に臨むニューヨーク・ヤンキースの選手(2019年6月28日撮影)。(c) Dan Istitene/Getty Images/AFP



【6月29日 AFP】米大リーグ(MLB)、ニューヨーク・ヤンキース(New York Yankees)の田中将大(Masahiro Tanaka)は28日、今週末に英ロンドンで迎えるボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)との「歴史的」一戦に登板することについて「光栄」と語った。


  ヤンキースは、29日と30日にロンドン・スタジアム(London Stadium)で宿敵レッドソックスと2連戦を行うことになっている。MLBの公式戦はこれまで日本をはじめオーストラリア、メキシコ、プエルトリコで開催されていたものの、今回の「ロンドンシリーズ」は同リーグにとっては欧州初上陸となる。

 日本を代表するスター選手で、29日に先発予定の田中は、この記念すべき日にマウンドに上がることをとても楽しみにしており、「MLBの歴史にとっても、また一つのページになるので、その日に投げられるのは非常に光栄」と報道陣に語った。


「実際に投げることが決まって、そういう歴史的な日に投げられるのはうれしい」


 米ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)が2007年からロンドンで公式戦を開催して認知度を高めているように、MLBもリーグで最も注目度の高いカードを同地でプレーすることによって、市場拡大につながることを期待している。


 野球人気が高い日本育ちの海外選手として、田中はこのスポーツの歴史的瞬間に自分が投げることがより大きな意味を持つと自覚しており、「野球の良さや魅力をたくさんの人に知ってもらう機会。野球のマーケットが広がっていくチャンスだと思う」と話した。


 初めてのロンドン訪問となった田中だが、ア・リーグ東地区の首位固めに向けてヤンキースを勝利に導くことに集中している真面目な30歳は、市内観光にふけるつもりはなく、「投げる予定がないなら少しは楽しんだかもしれない」と話すにとどまった。


「日本からMLBの世界に来たのも自分にとってはビジネストリップなので、全く楽しもうという気はなかった」「来るのは初めてで、街並みとか風景は車で移動しているときしか見ていないけれど、自分にとっては新鮮だった」


 田中はまた、本拠地ヤンキー・スタジアム(Yankee Stadium)とは全く違うスタジアムでプレーすることについても不安はないといい、「日本で長くプレーしていたので、そこに関しては見慣れた光景。投球に関しては作戦的な部分もあるので、ここでは言えない」とコメントした。


「どこでやっても初めて投げるという機会はあるので、そこに関してはそれほど心配していない。このあと少し時間をもらったので(マウンドを)チェックしたい」「マウンドに上がったら、自分は自分らしくということが大事だと思う」 (c)AFP/Steven GRIFFITHS


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)逗子海岸で海開き 海の家、環境に配慮しています。







神奈川県逗子市の逗子海岸海水浴場で28日、海開きがあった。例年「関東一早い」がウリだったが、今年は三浦市に1日先を越された。それでも、晴れ間がのぞくまずまずの天候に恵まれ、安全を祈願する神事が終わると、待ちかねた市立逗子小学校の5、6年の児童約200人が歓声を上げて海に走り込んだ。


 同海水浴場は大音量で音楽を流すことや、海の家以外で飲酒することなどの行為を排除した「ファミリービーチ」として運営されている。今年も、松村桐杏(きりこ)さんら大学生中心のライフガードや看護師が9月1日までの66日間常駐し、子ども用ライフジャケット140着を無料で貸し出す。今年は同海岸営業協同組合が運営する海の家全店で、プラスチックストローの使用をやめ、きれいな環境作りにも取り組むという。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*逗子海岸の海は海水も綺麗で、泳ぎやすいのが特徴です。ぜひ利用してください!









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Sponsored Link