貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 河野氏、中国で働く外国人、トキ保護区に人工飼育で、米サンディエゴ動物園で、恐竜の骨格標本4体、

<<   作成日時 : 2019/04/15 18:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

河野氏、中国の王毅外相と会談


2019年4月15日 17:23 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

河野氏、中国の王毅外相と会談

中国・北京の釣魚台迎賓館で行われた日中外相会談に臨む河野太郎外相(左)と中国の王毅外相(2019年4月15日撮影)。(c)Mark Schiefelbein / POOL / AFP



【4月15日 AFP】河野太郎(Taro Kono)外相は15日、中国・北京の釣魚台迎賓館(Diaoyutai State Guesthouse)で王毅(Wang Yi)外相と会談した。(c)AFP


中国で働く外国人、上海が最多 就業許可証の2割が「ハイレベル人材」


2019年4月15日 17:20 発信地:東京 [ 中国 中国・台湾 ]

東方新報

 

中国で働く外国人、上海が最多 就業許可証の2割が「ハイレベル人材」

上海市最大のオフィス街、陸家嘴(2019年3月31日撮影、資料写真)。(c)CNS/王岡



【4月15日 東方新報】上海市政府はグローバルな影響力を持つ技術イノベーション拠点の構築を目指し、2017年から海外の人材誘致のために一連の措置を講じている。国家外国専門家局の統計によると、上海で働いている外国人の数は21万5000人規模に上っており、全国では最多となっている。中国国際放送局(CRI)が報じた。


 2017年4月に外国の人材を「ハイレベル人材」「専門人材」「一般人員」に分類する外国人就業許可制度の実施が始まってから、上海ではこれまでに12万通以上の就業許可証が発行されている。このうち、「外国ハイレベル人材」に向けて発行された許可証は2万3000通を超え、全体の18%以上を占めている。


 外国人就業許可証とハイレベル人材許可証の発行数はともに全国首位で、現在も増え続けている。(c)東方新報/AFPBB News


トキ保護区に人工飼育で生まれた今年初のひな


2019年4月15日 15:14 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

新華社

 

トキ保護区に人工飼育で生まれた今年初のひな

陝西省洋県トキ保護区で今年初めて人工飼育により誕生したひな(2019年3月28日撮影)。(c)Xinhua News【4月15日 Xinhua News】中国陜西省漢中(Hanzhong)市洋県にあるトキの人工繁殖センターで3月25日、人工飼育で生まれた今年初めてのひなが確認された。同省林業庁が発表した。職員がトキのひな特有の「ピーピー」というかすかな鳴き声を聞き、確認したところ、自然ふ化したひなが卵から顔を出していたという。



  トキの繁殖期は毎年3月から6月で、保護区での最初の産卵は通常、3月の中旬頃。今年は最初の産卵が2週間ほど早かったため、卵がかえる時期も早まった。産卵時期は主に、日照時間と気温に大きく左右される。日照時間が長くなる春は、気温の上昇スピードが決定的な要素となる。

 救護飼育センターには現在、計22組のトキがいて、8組がすでに産卵した。残りのトキも産卵が続く可能性がある。人工繁殖センターは産卵が早まっている状況をめぐり、トキの繁殖が順調に進み、ひなが健康な状態で巣立てるよう、親鳥の繁殖過程と需要に基づき、「保温、快適性向上、栄養強化、安全確保」を目指してさまざまな措置を講じている。(c)Xinhua News/AFPBB News


米サンディエゴ動物園でパンダの「お別れパーティー」開催


2019年4月15日 15:05 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

新華社






  • サンディエゴ動物園で、竹を食べるジャイアントパンダの「白雲」(2019年4月6日撮影)。(c)Xinhua News


    サンディエゴ動物園で、竹を食べるジャイアントパンダの「白雲」(2019年4月6日撮影)。(c)Xinhua News






【4月15日 Xinhua News】米国南西部の海岸都市サンディエゴにあるサンディエゴ動物園で6日、ジャイアントパンダの母子「白雲(Bai Yun)」と「小礼物(Xiao Liwu)」のための3週間にわたる「お別れパーティー」が開幕した。パンダの母子はこの後、中米双方の協定に基づき中国への帰途に就く。この日、動物園には子どもから大人まで大勢の人々が、大好きなパンダに別れを告げるために訪れた。


  1996年に「白雲」がサンディエゴに到着してから23年間、パンダはサンディエゴ動物園のシンボルとなってきた。動物園と中国の協力の下、心の込もった世話を受けた「白雲」は、合計6頭の赤ちゃんを産み、海外の動物園で最も多く出産した「お母さん」となった。

 サンディエゴ動物園のエリカ・コーラー運営部長はスタッフの気持ちを代弁し、「悲しい別れの時でありながら、誇らしい喜びの時でもある」と述べ、悲しみは長年一緒に時を過ごしたパンダがいなくなることへの名残惜しさから、誇りは米中両国のパンダ研究者や飼育員が共に努力してパンダの繁殖と保護の発展を促したことから感じるものだと語った。(c)Xinhua News/AFPBB News


恐竜の骨格標本4体、仏パリで競売に 落札価格1億円超えの予測も


2019年4月15日 14:58 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]

恐竜の骨格標本4体、仏パリで競売に 落札価格1億円超えの予測も

仏パリで競売会社ドゥルオが公開したオルニトレステス(左)とオスニエリアの骨格標本(2019年4月13日撮影)。(c)KENZO TRIBOUILLARD / AFP



【4月15日 AFP】ジュラ紀と白亜紀に生息していた恐竜の骨格標本4体が今月16日、仏パリで開かれるオークションに出品される。競売会社ドゥルオ(Drouot)が明らかにした。


  米ワイオミング州で発掘されたジュラ紀後期の恐竜、オルニトレステス(Ornitholestes)とオスニエリア(Othnielia)の骨格標本は2体1セットで出品され、予想落札価格は60万〜70万ユーロ(約7600万〜8800万円)。

 また、同じく2体1セットで出品される別の骨格標本は米モンタナ州で発掘された白亜紀後期の恐竜の親子で、予想落札価格は最高で90万ユーロ(約1億1000万円)となっている。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




「10連休 預け先無し 金も無し」 働くパパママ川柳を発表!







 オリックスグループは15日、働く子育て世代の日常を句にした第3回「働くパパママ川柳」(朝日新聞社後援)の入賞作19句を発表した。大賞は長崎県の女性(36)の「10連休 預け先無し 金も無し」。1〜2月にネットや郵送で募り、5万4261句が寄せられた。応募者の約半数が30〜40代。このほか「こどもたち パパで遊んで ママで寝る」「育休を 取った旦那に 手が掛かる」「アロマより 癒されるのは 子の匂い」などが選ばれた。


 

*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


 

*あなたも川柳に応募してみたら、賢くなれるかも?


 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
河野氏、中国で働く外国人、トキ保護区に人工飼育で、米サンディエゴ動物園で、恐竜の骨格標本4体、 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる