貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 原油風呂で療養、ヒトの脳の発達に、貨物列車が脱線転覆、中国・清明節連休、乗り物も人もクラシック!

<<   作成日時 : 2019/04/12 19:42  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原油風呂で療養、「とても気持ちいい」 アゼルバイジャン


2019年4月12日 19:16 発信地:ナフタラン/アゼルバイジャン [ アゼルバイジャン ロシア・CIS ]

原油風呂で療養、「とても気持ちいい」 アゼルバイジャン

アゼルバイジャン北西部ナフタランにある療養施設で原油風呂に漬かる男性(2019年3月21日撮影)。(c)Mladen ANTONOV / AFP



【4月12日 AFP】アゼルバイジャン北西部ナフタラン(Naftalan)では、原油の風呂が療養目的で利用されている。体温より少し高い温度の原油に1回10分ほど漬かるといい、関節炎の治療で同地を訪れた60代の女性は「とても気持ちがいい」と熱っぽく語った。


  発がん性などの副作用を指摘する専門家もいるが、原油風呂はナフタランの観光資源となっている。一般的な施設を1週間利用した場合の料金は100ユーロ(約1万2000円)ほどだが、高級施設になると1週間の利用料は1000ユーロ(約12万円)あまりになるという。(C)AFP


 


ヒトの脳の発達に関わる遺伝子をサルに移植、中国で実験


2019年4月12日 18:36 発信地:香港/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

ヒトの脳の発達に関わる遺伝子をサルに移植、中国で実験

ペットボトルから飲み物を飲むアカゲザル(2011年4月30日撮影、資料写真)。(c)Ed Jones / AFP

【4月12日 AFP】中国の研究チームが、ヒトの脳の発達において重要な役割を持つとされるマイクロセファリン(MCPH)遺伝子をアカゲザルの脳に移植する実験を行った。ヒト特有の知能の進化を洞察するのが目的で、研究論文が先月、中国の英文総合科学誌「ナショナル・サイエンス・レビュー(National Science Review)」に掲載された。


 中国科学院(Chinese Academy of Sciences)昆明動物研究所(Kunming Institute of Zoology)のチームは米ノースカロライナ大学(University of North Carolina)のチームと共同で、ヒトの「MCPH1」遺伝子の複製をアカゲザル11匹の脳に移植したところ、ヒトの脳と同様に脳の発達速度が緩やかになった。さらに、短期記憶や反応時間のテストで対照群とした野生のサルより成績が良かった。一方、脳の大きさは野生のサルを上回ることはなかった。


 研究チームは論文の中で、こうした結果から「ヒトを唯一無二の存在たらしめているものは何なのかという根本的な疑問について、遺伝子を移植された非ヒト霊長類(類人猿を除く)が重要かつ例のないものとなり得る洞察を提供する可能性がある」と結論づけた。


 だが近年、中国のさまざまな医科学実験が医学倫理の観点から議論となっており、サルを用いた今回の実験も、サルが人類を支配する暗黒世界を描いたSF映画『猿の惑星(Planet of the Apes)』に例えられるなど、既に倫理面で懸念が生じている。


 被験体のサルのうち、画面に表示された色と形を覚える記憶テストと、磁気共鳴画像装置(MRI)検査の段階まで生き残ったのは5匹だけだった。


 研究チームによると、アカゲザルは遺伝子的に齧歯(げっし)類よりヒトに近いが、倫理上の問題が生じるほどの近さではないという。(c)AFP


貨物列車が脱線転覆し民家に突っ込む、6人死亡 中国


2019年4月12日 18:31 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

貨物列車が脱線転覆し民家に突っ込む、6人死亡 中国

中国河南省で発生した中国アルミニウム(チャルコ)の貨物列車の事故現場を捉えた航空写真。Imaginechina提供(2019年4月11日撮影)。(c)Stringer / Imaginechina



【4月12日 AFP】中国中部で10日、アルミニウム鉱石を積んだ貨物列車が脱線して民家に突っ込み、救助隊がこれまでに6人の遺体を収容した。地元当局が12日、発表した。


  事故は10日午後10時(日本時間同11時)ごろ、河南(Henan)省鞏義(Gongyi)市で発生。25両編成の同列車が側線から脱線して転覆し、民家に突っ込んだ。

 12日早朝まで行われた捜索救助活動で、乗務員4人と地元住民2人の遺体が見つかった。


 事故を起こしたのは、国営で同国最大のアルミニウムメーカー、中国アルミニウム(チャルコ、CHALCO)の列車で、当局によると、各両アルミニウム鉱石を60トンずつ積んでいた。事故の原因調査を進めているという。(c)AFP


中国・清明節連休、北京は500件以上のイベントでにぎわう


2019年4月12日 17:00 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

東方新報

 

中国・清明節連休、北京は500件以上のイベントでにぎわう

北京・玉淵譚公園で行われた「第1回桜花茶会」(2019年4月5日撮影)。(c)CNS/杜



【4月12日 東方新報】今年の「清明節(Qing Ming Festival)」連休(4月5〜7日)中、北京では様々なイベントが行われ、行楽客の数も大きく増加した。北京市文化観光局によると、主な観光スポット161か所を訪れた観光客の数は、昨年の同時期を25.4%上回る延べ616万5000人で、営業収入も20.9%増え、約2億6700万元(約44億2000万円)に達した。このほか、連休中に500件以上のイベントが行われ、54万7000人が参加したという。


  主なイベントとして、円明園(Yuanmingyuan)では「第24回ピクニック祭」、鳳凰嶺(Fenghuangling)で「第19回杏祭り」、玉淵潭公園(Yuyuantan)では「第31回桜文化祭」などが行われ、多くの観光客がつめかけた。

 概算統計によると、主な観光地で最も人出の多かったのは王府井(Wangfujing)で延べ100万人、次いで什刹海(Shichahai)が45万6000人、以下、玉淵潭公園が29万5000人、故宮博物院(The Palace Museum)が24万人などだった。(c)東方新報/AFPBB News




乗り物も人もクラシック! 30年代以前の車両が大集合 英屋外歴史博物館


2019年4月12日 16:48 発信地:チェスタールストリート/英国 [ 英国 ヨーロッパ ]






  • 英イングランド北部にある屋外歴史博物館「ビーミッシュ」で開催の1930年代以前の乗り物を集めたイベント「グレートノース・ストリームフェア」の様子(2019年4月11日撮影)。(c)OLI SCARFF / AFP)


    英イングランド北部にある屋外歴史博物館「ビーミッシュ」で開催の1930年代以前の乗り物を集めたイベント「グレートノース・ストリームフェア」の様子(2019年4月11日撮影)。(c)OLI SCARFF / AFP)






【4月12日 AFP】英イングランド北部チェスタールストリート(Chester-le-Street)近郊にある屋外歴史博物館「ビーミッシュ(Beamish)」で11日、1930年代以前の乗り物を集めたイベント「グレートノース・ストリームフェア(Great North Steam Fair)」が始まり、機関車やけん引車、ローラー、消防車、バイクなど、蒸気式とモーター式の乗り物140台以上が登場した。当時の服装をした従業員らが雰囲気を盛り上げていた。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




聴覚だけ頼りの37歳、博士号を取得 話せず読めずとも凄い!







 ひとりでは動くことも、話すことも、読むこともできない天畠(てんばた)大輔さん(37)=東京都武蔵野市=が、聴覚だけを頼りに立命館大学大学院(京都市)で博士号を取得した。資料を読み、文章をともに考える介助者らの協力を得て、9年かけて完成させた。指導教官によると、天畠さんのように発話が困難な重度の身体障がいがある人が博士論文を書いたのは、世界的にみても極めてまれという。


 天畠さんは14歳のとき、急性糖尿病で心肺停止状態になった。以来、聴覚は正常だが、四肢がまひし、言葉を発することができない。視覚は、色や立体はある程度わかるものの、文字は読めない。


 自分の意思と関係なく体が動く不随意運動があるほか、時々あごが外れて息ができなくなるため、24時間の介助が必要だ。約20人が交代で介助に携わる。


 当初は医師から「植物状態で知能は幼児レベルになった」と診断された。だが、半年後、母親がベッドに寝る天畠さんが泣いているのを見て、何かを伝えたいのだと感じた。


ログイン前の続き「あ、か、さ、た、な……」と母親が声を出し、何度目かの「は」のとき、天畠さんが舌の先を動かした。「は行ね。は、ひ、ふ、へ、ほ」と母親が続け、「へ」で天畠さんが反応。1時間以上かけて、「へ・つ・た」と紡ぎ出した。経管栄養の袋が空だと気づいた母親が「おなかが減ったの?」と応じ、意思疎通の方法を獲得した。


 以降、この「あ・か・さ・た・な話法」を使い、天畠さんは肩や腕などを動かして意思を伝えている。


養護学校を卒業後、ボランティアの大学生らに家庭教師になってもらって2004年にルーテル学院大学(東京都)に2年がかりで合格。通学や授業のノート取り、食事、トイレなどに学生らの協力を得て、卒業した。10年に立命館大学大学院先端総合学術研究科に進んだ。


 年に1、2回は大学院に足を運んだが、授業はインターネット電話を使って、主に自宅で受けた。12年には修士論文にあたる博士予備論文を完成させた。


 天畠さんは、自らが立ち上げた重度訪問介護事業所でヘルパーを募集。応募してきた学生やフリーター、介護職員などに、コミュニケーション法のほか、車いすの操作、飲食などの介助法を研修期間に学んでもらい、生活全般の介助を受ける。そうやって技能を身につけた介助者が辞め、途方に暮れたこともあった。


 博士論文作成にかかわった介助者は約200人。そのうち21人が中心となって文献調べや国内外のインタビュー、論文執筆を支援。天畠さんの論文執筆過程を分析した博士論文「『発話困難な重度身体障がい者』の新たな自己決定概念について」が完成した。


 216ページ、20万字に及ぶ論文では、執筆を効率的に進めるには一文字一文字を紡ぐのではなく、天畠さんの思考を理解し、先読みする力が「通訳者」に必要であることを示した。一方でいわばチームで書いた論文は「だれの業績なのか」との葛藤が生まれることも明らかにし、「グループによる思考」について論じた。


 「みんなの力でここまでこられた」と天畠さん。4月からは、日本学術振興会の特別研究員に採用され、中央大学東京都)で発話困難な重度身体障がい者のコミュニケーションについて研究を続けている。「成果を出さなくてはというプレッシャーを感じる」と言いつつ、「学ぶことは僕の生きる道そのもの。将来は大学で職を得たい」と語る。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*目的に向かって努力して精進すれば、素晴らしい世界が待っています!






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原油風呂で療養、ヒトの脳の発達に、貨物列車が脱線転覆、中国・清明節連休、乗り物も人もクラシック! 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる