「今を生きる男性を応援したい」ニオイの悩みを解決する体臭コントロールアイテム【グルーミングボディウォ


◆ポイント◆

「今を生きる男性を応援したい」という想いから生まれたブランドRapterです。

何かと変化の多い30代。
仕事はどんどん責任が重くなる、家庭でも家事や子育てでも忙しい。
そんな毎日に一生懸命に向き合っているうちに、自分の時間がなくなり気がついたら心も体もボロボロ。
「昔見た大人のオトコってこんなんだっけ?」と不安になることも。
そんな一生懸命頑張っている男性がRapterのボディウォッシュを使うことで自分を大切にするきっかけにしてもらい、
そして、本来もっていた自信を取り戻して欲しいという想いから立ち上げたブランドです。(暑苦しくてすみません!笑)



【商品紹介】

グルーミングボディウォッシュは男性の悩みに多い「ニオイ」のケアが洗うだけでできる商品です。

Point1 ニオイケア

ニオイは細菌が汗を分解して発しますが、グルーミングボディウォッシュは銀イオンと柿タンニンを配合しているので、
ニオイの元となる菌の繁殖を抑制します。
さらにメリアアザジラクタ葉エキス、ローズマリー葉エキスも配合し、
殺菌・抗菌効果を強化しているから長時間ニオイの元からブロックします。


Point2 ボディフレグランス

洗い上がりにはほのかに香るフレッシュフローラルの香り。
甘さとわずかにセクシーさを残す、男性だけでなく、女性が嗅いでも好感を持つ香りへ。
ただ、「機能がある」だけじゃつまらない。使ってて「楽しい」「気分がのる」ものにしたい。
そう思ってこだわりました。


◆ユーザー◆

30代男性



◆おススメ◆

体臭ケア+フレグランス効果もあることが特徴です。
また、男性はお酒をよく飲みに行く人もいるかと思いますが、1日の出費は4000円から5000円ほどです。
それにくらべてボディウォッシュは3480円のため、
一晩の楽しみよりも2ヶ月間男前になれるという訴求は刺さりやすいのではないかと思っています。



◆広告主からのメッセージ◆
まだまだ女性に比べて男性のことを考えて作った商品というのはとても少ない現状があります。
一生懸命働いている男性を一緒に応援していただける方にぜひご紹介いただければと思っています。





ハダカを磨くオトコのためのボディソープ誕生。【Rapterグルーミングボディウォッシュ









Rapterグルーミングボディウォッシュ






ニオイコントロール。新デオドラントソリューション誕生






洗うだけで、ニオイケア、フレグランス効果まで。グルーミングボディウォッシュ






銀イオンとカキタンニンのチカラ。洗うだけでニオイケア、フレグランス効果まで。【Rapterグルーミングボディウォッシュ








「一生懸命に働く男性を応援したい」
そんなところから商品開発が始まりました。


一生懸命に働く男性にとって自分の体は資本そのもの。

しかし、多くの男性が自分の心と体を大切にできていないんじゃないか
という疑問点にいきつきました。


時代の変化とともに男性の役割は増えてきています。


昔はがむしゃらに働いていればよかった。そして、荒っぽくてもそれが男らしかった。


そんな時代は終わり、器用さ、マメさ、子育てに協力する前向きな姿勢。



仕事以外にプライベートでも求められることが増えました。

商品を使うことで、自分の体と向き合い、そして人生と向き合い、
たくましく生き抜いていく男らしさと、スマートさを兼ね備えた男子になってほしい。


そんな想いを込めた商品です。


そして、洗うだけで「ニオイ」のケアができれば、きっと普段の自分に自信がつき、公私ともにきっといい循環になるはずと考えました。

ニオイは、汗を細菌が分解するときに起こります。
Rapterグルーミングボディウォッシュは消臭効果の高い「銀イオン」と「柿タンニン」を配合し、ニオイのもとを徹底的に洗浄するだけでなく、抗菌コートをすることでニオイのもととなる細菌の繁殖を抑制する効果があります。


さらにそれらの成分をカプセル化をすることで効果が持続するように致しました。

日中の仕事から、夜のお酒の席まで、1日中ニオイコントロールします。


ニオイだけでなく、洗い上がりにはフレグランス効果で、爽やかなフレッシュフローラルの香りが体を包み込みます。


また、顔の第一印象も大事にしていただきたいという想いから化粧水もご用意しました。

これ1本でテカリの抑制、毛穴を引き締める、目じりのシワ予防、髭剃り後のケアができる商品になっています。



詳細はこちら→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35CYNM+CULUL6+33NQ+HVNAR



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック