完全個別洗い!無添加せっけん使用 四万十川の源流水使用。布団クリーニング【しももとクリーニング】


◆ポイント◆

日本最後の清流、四万十川の源流水を使用した布団丸洗い専門店です。

■完全個別洗い

布団クリーニングで、完全個別洗いを採用しているのは
「しももとクリーニング」だけ。他のお客様のお布団とは一緒に洗いません。
一般的に、一度に何十枚も洗う「大型の機械」を使用していますが、
当社は最大でも2枚の個別専用「小型の布団丸洗い専用洗濯機」を使用。
衛生面の配慮だけでなく布団と布団が擦れによる生地の破れも心配ありません。


■無添加せっけん使用

お子様やアレルギー体質の方にも安心な、無添加せっけんを使用。合成洗剤は使いません。

■オーガニック布団クリーニングの実績とノウハウ

他店では取り扱えない、シルク生地の高級布団をはじめ、
高額な100万円の羽毛布団のクリーニングもご依頼を頂くなど、
取り扱いが難しいオーガニック布団クリーニングの実績と
ノウハウに定評を頂いております。

■全国対応

7割が関東のお客様です。


◆層◆

女性利用者が8割、25~50代の方がご利用されています。

◆広告主からのメッセージ◆

羽毛布団、布団クリーニングは一年を通して注文はございますが、
繁忙期は6,7,8月になります。完全個別洗いをしている当店では
手間とコストはかかりますが、お客様の布団を1枚1枚、
丁寧に仕上げていくことを心がけています。


◆提案◆

完全個別洗いは「しももとクリーニング」だけ。他のお客様のお布団と一緒に洗いません。
四万十町という環境が良い立地で、日本最後の名水と言われている
「四万十川」の源流水を使用、クリーニング仕上がりはふっくら、
お布団も長持ち、世界でも珍しい、高級で取り扱いが難しい
オーガニック布団を洗濯してきた実績とノウハウに加え、
四万十の立地条件、工場直結だから実現できるこの価格。
高いコストパフォーマンスで、全国のお客様からリピートをいただいております。


しももとクリーニング






布団の丸洗い専門店【しももとクリーニング】






【完全個別洗い】布団クリーニングの「しももとクリーニング」






完┃全┃個┃別┃洗┃い┃は┃し┃も┃も┃と┃ク┃リ┃ー┃二┃ン┃グ┃だ┃け┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

 ◆他のお客様のお布団とは一緒に洗いません。

 一般的には、布団丸洗い工場は一度に何十枚も洗う「大型の機械」を使用していますが、
 当社は最大でも2枚の個別専用「小型の布団丸洗い専用洗濯機」を使用することで、衛生面への配慮だけでなく、
 洗浄工程での布団と布団が擦れによる弱った生地の破れも心配ありません。

 
安心してクリーニングをお任せください!
 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TTLAX+A4YRDM+3TOE+62U37





【完全個別洗い】宅配だから受け取りが便利「しももとクリーニング」






【完全個別洗い】他のお客様のものと一緒に洗いません。「しももとクリーニング」






【完全個別洗い】送料無料・代引手数料無料 布団丸洗い「しももとクリーニング」






【完全個別洗い】布団3枚 13,800円 四万十川の源流水使用でふっくら長持ち「しももとクリーニング」






【完全個別洗い】工場直結だから実現できるこの価格、羽毛布団3枚13,800円「しももとクリーニング」






【完全個別洗い】無添加せっけん使用で、四万十川上流の源流水で布団丸洗い3枚13,800円「しももとクリーニング」






【完全個別洗い】取り扱いが難しいオーガニック布団クリーニングの実績とノウハウに定評!羽毛布団クリーニング3枚13,800円「しももとクリーニング」






ク┃リ┃ー┃二┃ン┃グ┃の┃実┃績┃と┃ノ┃ウ┃ハ┃ウ┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛

■オーガニック布団クリーニングの実績とノウハウ

世界でも珍しい、高級で取り扱いが難しいオーガニック布団を洗濯してきた実績とノウハウに定評を頂き、
他店では取り扱えない、シルク生地の高級布団をはじめ、高額な100万円の羽毛布団のクリーニングも
ご依頼をいただくなど全国のお客様からリピートをいただいております。






完全個別洗い、無添加せっけん、水洗いなど、手間、コストはかかりますが、
当社ではいかにお客様の『思い入れのあるお布団』を1枚1枚、丁寧に仕上げていくかを心がけています。
是非一度、お試しください!


https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TTLAX+A4YRDM+3TOE+63H8J




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック