「中国の切り裂きジャック」、中国最北端の地、中国の月探査機「嫦娥4号」、絶妙なバランス感覚?インドの

「中国の切り裂きジャック」に死刑執行、女性11人惨殺


2019年1月3日 17:42 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

「中国の切り裂きジャック」に死刑執行、女性11人惨殺

中国・甘粛省白銀市の中級人民法院に出廷した、「中国の切り裂きジャック」こと高承勇被告(中央、2018年3月30日撮影)。(c)AFP



【1月3日 AFP】中国で女性11人を殺害し、一部の犠牲者の体を切断していた手口から「中国の切り裂きジャック(Jack the Ripper)」と呼ばれた連続殺人犯に対する死刑が3日朝、執行された。


【関連記事】中国版「切り裂きジャック」事件の容疑者逮捕、女性11人が犠牲に


 甘粛(Gansu)省白銀(Baiyin)市の中級人民法院が、中国最大のソーシャルメディア、微博(Weibo、ウェイボー)への投稿で、最高人民法院(最高裁に相当)の承認を得て、高承勇(Gao Chengyong)死刑囚(54)への刑が執行されたことを発表した。


 高死刑囚は、1988~2002年に甘粛省と隣接する内モンゴル自治区(Inner Mongolia Autonomous Region)で女性と少女ら計11人を強盗・レイプしたのち殺害。昨年3月、白銀市の中級人民法院で有罪判決が下り、強盗罪と故殺罪で死刑を、また強姦(ごうかん)罪と死体侮辱罪でも追加刑を言い渡されていた。


 国営メディアによると高死刑囚は、赤い服を着た若い女性を標的とし、自宅まで後をつけて犯行に及んでいた。被害者の喉をかき切ったり、遺体を切断したりしたという。最初の犯行は30年前で、最年少の犠牲者は8歳だった。


 高死刑囚は2016年に逮捕されたが、国営紙・北京青年報(Beijing Youth Daily)は当時、局部を切除された被害者もいたと伝えていた。(c)AFP


中国最北端の地、黒竜江省漠河 極寒の雪景色


2019年1月3日 16:00 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

中新社

 

中国最北端の地、黒竜江省漠河 極寒の雪景色

巨大雪像を作る地元スタッフ(2018年12月18日撮影)。(c)CNS/褚福超



【1月3日 CNS】本格的な冬に突入し、中国最北端に位置する黒竜江省(Heilongjiang)漠河市(Mohe)では、観光シーズンを迎えた。


 同市の北極村(Beiji)の気温は零下40度を記録。訪れた観光客は、冬の観光スポットで極寒の気候を体験していた。(c)CNS/JCM/AFPBB News


中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側に着陸 世界初


2019年1月3日 15:23 発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]

中国の月探査機「嫦娥4号」、月裏側に着陸 世界初

中国南西部の西昌の打ち上げ施設で、運搬ロケット「長征3号B」により打ち上げられた月探査機「嫦娥4号」(2018年12月8日撮影)。(c)STR / AFP



【1月3日 AFP】(更新)中国中央テレビ(CCTV)は3日、中国の月探査機「嫦娥4号(Chang'e-4)」が月の裏側に着陸したと報じた。月の裏側に探査機が着陸するのは世界で初めて。


 報道によると、嫦娥4号は北京時間3日午前10時26分(日本時間同11時26分)に月面に着陸。中継衛星「鵲橋(Queqiao)」に月の裏側の写真を送信した。


  嫦娥4号は先月8日、南西部の西昌(Xichang)から打ち上げられた。「嫦娥」の名は、中国神話の月の女神にちなんで付けられた。

 機内には中国の実験装置6個のほか、海外の実験装置も4個搭載。月の裏側は地球からの電波などの影響を受けにくいことから、低周波電波観測を行う装置も含まれているという。


 国営新華社(Xinhua)通信が中国国家航天局(China National Space Administration)の話として伝えたところによると、嫦娥4号は鉱物資源や放射線の観測も行う予定だという。(c)AFP


絶妙なバランス感覚? ローマ法王、ボールの指回しに挑戦


2019年1月3日 15:46 発信地:バチカン市国 [ バチカン市国 ヨーロッパ ]

絶妙なバランス感覚? ローマ法王、ボールの指回しに挑戦

バチカンのパウロ6世ホールで行われた毎週恒例の一般謁見で、キューバのサーカス団のパフォーマーとボールの指回しに挑戦するローマ・カトリック教会のフランシスコ法王(2019年1月2日撮影)。(c)TIZIANA FABI / AFP



【1月3日 AFP】ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王は2日、バチカンのパウロ6世ホール(Paul VI Audience Hall)で行われた週例の一般謁見で、キューバから来たサーカス団のパフォーマーに促され、ボールの指回しに挑戦した。(c)AFP


インドのヒンズー教寺院に女性立ち入り、暴動発生で1人死亡


2019年1月3日 18:01 発信地:トリバンドラム/インド [ インド アジア・オセアニア ]

インドのヒンズー教寺院に女性立ち入り、暴動発生で1人死亡

インド南部ケララ州コーチの警察施設近くで、女性2人のサバリマラ寺院参拝に抗議する活動家を拘束する警察官(2019年1月2日撮影)。(c)AFP



【1月3日 AFP】インド南部ケララ(Kerala)州で2日未明、ヒンズー教の聖地サバリマラ(Sabarimala)寺院に警察の護衛を受けた女性2人が立ち入ったことから、州内各地で暴動が発生した。警察によると3日までに1人が死亡、少なくとも15人が負傷した。


  サバリマラ寺院では「月経年齢」とされる10~50歳の女性の寺院内への立ち入りが禁じられてきたが、インド最高裁は昨年9月、「女性が礼拝する権利を侵害している」として禁止を覆す判決を下した。ケララ州では以後、参拝しようとする女性活動家らと女性の参拝を阻止しようとする伝統主義者らの対立が激化している。

 女性活動家らが何度か寺院内に立ち入ろうとしたものの、反対する信者の男女の猛烈な抵抗に遭い、目的を果たせずにいた。だが2日未明、女性2人が警察官に付き添われ、ついに寺院内に足を踏み入れた。


 これを受けケララ州では2日、対立する賛成派と反対派の衝突が相次ぎ、警察が催涙ガスや閃光発音筒、放水などで応酬する騒ぎとなった。州内では3日も緊張した状況が続いている。


 最高裁は今月22日、女性立ち入り禁止撤廃の判決への異議申し立てについて審理を始める予定。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)新しい県動物愛護センター 4部屋の命名権募集してます。







 4月に開所予定の神奈川県動物愛護センター(平塚市土屋)内にできる四つの部屋のネーミングライツ命名権)を、県が募集している。同センター全体ではなく、「動物愛護」を象徴する部屋に愛称をつけることで、県民に親しまれる施設にする狙いだ。


 犬猫の殺処分ゼロが続くなか、県は現在、いまある県動物保護センターの老朽化が進んできたことなどから、隣接地に約11億円かけて建て替え工事を進めている。新しい県動物愛護センターは、これまでの動物を「処分するための施設」から「生かすための施設」へと転換。動物愛護の普及啓発の拠点とし、ボランティアとの協働の場にもする。


 今回、愛称の命名権を募集するのは、①譲渡会やイベント開催、犬のしつけなどが行える「ふれあいホール」(197平方メートル)②犬の室内飼養のモデルルームの「WAN(ワン)ルーム(犬)」(10平方メートル)③猫の室内飼養のモデルルームの「NYAN(ニャン)ルーム(猫)」(10平方メートル)④犬猫のシャンプーやトリミングを見学可能な「グルーミング室」(23平方メートル)の4部屋。


ログイン前の続き契約期間は4月1日から5年間で、予定価格は年額50万円以上。命名権料により、県は猫の避妊去勢手術や物品の改修などの事業のほか、県ホームページでの愛称の使用などに取り組む。


 県生活衛生課は「動物を生かすための新しい施設に生まれ変わる。その考え方に共感してもらえる方に、愛称を応募してもらい、県民に親しまれる県動物愛護センターにしていきたい」としている。


 今月31日までに、申込書を同課動物愛護グループに提出する。問い合わせは同グループ(045・210・4947)へ。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*興味のある方は、応募して下さい。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

Sponsored Link