貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS ブザルネスクが、日光で仏人女性が行方不明、米カリフォルニア州の山火事、サメに襲われ、インドネシア

<<   作成日時 : 2018/08/06 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブザルネスクがサンノゼ大会で優勝、悲願のツアー初V


2018年8月6日 18:04 発信地:ロサンゼルス/米国

ブザルネスクがサンノゼ大会で優勝、悲願のツアー初V

テニス、ムバダラ・シリコンバレー・クラシック、決勝。ポイントを喜ぶミハエラ・ブザルネスク(2018年8月5日撮影)。(c)Ezra Shaw/Getty Images/AFP



【8月6日 AFP】女子テニス、ムバダラ・シリコンバレー・クラシック(The 2018 Mubadala Silicon Valley Classic)は5日、シングルス決勝が行われ、大会第5シードのミハエラ・ブザルネスク(Mihaela Buzarnescu、ルーマニア)がマリア・サッカリ(Maria Sakkari、ギリシャ)に6-1、6-0で勝利し、悲願のツアー初優勝を果たした。


 世界ランキングで24位につけるブザルネスクの忍耐は、30歳にして報われた。


 ジュニア時代のブザルネスクは欧州でもトッププレーヤーだったが、膝の手術を2度受けたことで世界ランキングは一時891位にまで降下していた。





  自身の膝が本当に治るのかと不安に思っていた長期の療養期間中に、ブザルネスクはスポーツ科学の博士号を取得した。




 しかし、ブザルネスクのテニスに対する夢はついえることはなく、2018年に飛躍的な成長を遂げた。今年初めにホバート国際(Hobart International 2018)とECMプラハ・オープン(ECM Prague Open 2018)の決勝に敗れ失望を味わっていたものの、初のタイトルをプレミア・マンダトリー大会で獲得した。


 ブザルネスクは「過ぎ去ったことは重要ではないということ。けがで周りが信じてくれず、またプレーできるようになって再び高いレベルに復帰できると考えなくても、自分自身を信じて諦めなければなんとかなります」とコメントした。


 世界ランキングで49位につけるサッカリはこの試合で34ものアンフォーストエラーを記録し、ブザルネスクの仕事を容易なものにした。


 サッカリは「彼女は素晴らしい試合をし、素晴らしい大会を送った」と語り、ブザルネスクに向け「長い道のりだった。3、4年前、イタリアで行われたフューチャーズ大会で一緒にプレーしていたのを覚えている。おめでとう、あなたはこの舞台に立つに値する」と付け加えた。(c)AFP


日光で仏人女性が行方不明、家族が写真公開


2018年8月6日 17:10 発信地:その他 [ その他 例外 フランス ヨーロッパ 日本 アジア・オセアニア ]

日光で仏人女性が行方不明、家族が写真公開

栃木県日光市で行方不明になったフランス人女性のベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(撮影日・場所不明、シビル・ベロンさん提供、2018年8月6日公開)。(c)AFP PHOTO / COURTESY OF SIBYLLE VERON



【8月6日 AFP】観光で栃木県日光市を訪れていたフランス人女性、ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックス(Veron Tiphaine Marie Alix)さん(36)が7月29日から行方不明になっており、警察が行方を捜している。ベロンさんと姉妹であるシビル(Sibylle Veron)さんは6日、ベロンさんの写真を公開し、情報提供を求めた。(c)AFP


米カリフォルニア州の山火事、死者8人に 被害規模は州史上6番目


2018年8月6日 16:45 発信地:クリアレイクオークス/米国 [ 米国 北米 ]

米カリフォルニア州の山火事、死者8人に 被害規模は州史上6番目

米カリフォルニア州クリアレークオークス近郊で延焼を続ける山火事のすぐ横を走り抜ける車(2018年8月5日撮影)。(c)AFP PHOTO / NOAH BERGER



【8月‎6日 AFP】米カリフォルニア州で猛威を振るっている山火事「カー火災(Carr Fire)」で、停電復旧作業に当たっていた電気工事士の男性の死亡が新たに確認され、死者数は8人になった。当局が5日、発表した。州史上6番目となる壊滅的被害をもたらしている山火事は、今も延焼を続けている。


 電力会社パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック(PG&E)は5日、シャスタ郡(Shasta County)で停電復旧作業中だった作業員1人が死亡したことを確認した。


 サンフランシスコの北方約322キロで先月23日に発生したカー火災では、これまでに6万2534ヘクタールが焼失。住宅約1000棟を含む建物1600棟以上が被災し、山火事が多発するカリフォルニア州でも史上6番目の被害規模となっている。


 当局によると出火原因は、乾燥して山火事が起きやすくなっていたところに「故障した車」から出た火花が引火したことだという。消防隊員4200人以上が消火活動にあたっているが、鎮火率は41%にとどまっている。


 カリフォルニア州では他にも数か所で山火事が発生していて、数千人が避難を余儀なくされている。


 ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は、ツイッター(Twitter)への投稿で「カリフォルニアの山火事は、劣悪な環境法令のせいで拡大し、これほどまでに状況が悪化している。大量の水をすぐにでも適切に活用できるようにしていないからだ」と非難したが、避難者や犠牲者については言及しなかった。(c)AFP


サメに襲われ観光客死亡、エジプト紅海沿岸


2018年8月6日 15:35 発信地:カイロ/エジプト [ エジプト 中東・北アフリカ ]

サメに襲われ観光客死亡、エジプト紅海沿岸

エジプトの紅海に面した海岸に掲示された、サメに注意するよう呼び掛ける赤い旗(2010年12月8日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO/ STR



【8月6日 AFP】エジプトの紅海(Red Sea)沿岸で、遊泳中のチェコ人観光客がサメに襲われて死亡した。地元の市議会議長が5日、AFPに語った。


 男性が死亡したのは、紅海に面した都市マルサアラム(Marsa Alam)の北方20キロほどの地点。地元メディアの3日の報道によると、海岸で遺体の一部が見つかったという。


 マルサアラムは、サンゴ礁やさまざまな魚、サメなどの海洋生物の観察ポイントとしてダイバーたちに人気がある。市議会議長は「ダイビングをしても構わない」が、サンゴ礁の外側の深い海で泳ぐとサメの襲撃に遭いやすいと警告した。


 エジプトの紅海沿岸では、2010年にサメの襲撃が6件発生。特に同年12月には、通常サメの被害に遭いにくい海岸近くで5日間に5人が相次いで襲われ、ドイツ人1人が死亡、外国人観光客4人が負傷した。これを受け、エジプト政府は観光地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)の海岸一帯を1週間閉鎖した。また、2015年にもドイツ人観光客がサメに襲われて死亡している。(c)AFP


インドネシア・ロンボク島でM6.9の地震、91人死亡


2018年8月6日 15:13 発信地:マタラム/インドネシア [ インドネシア アジア・オセアニア ]

インドネシア・ロンボク島でM6.9の地震、91人死亡

インドネシア・ロンボク島マタラムの病院外に設置されたベッドで横になる老人男性(2018年8月6日撮影)。(c)AFP PHOTO / ADEK BERRY



【8月6日 AFP】(写真追加、更新)インドネシアの観光地ロンボク(Lombok)島で5日、マグニチュード(M)6.9の大規模な地震が発生し、国家災害対策庁の報道官は翌6日、この地震により91人が死亡、209人が負傷し、またロンボク島北西に位置するギリ諸島(Gili Islands)から観光客およそ1200人を避難させていると明らかにした。


 同報道官によると、すでに観光客358人がギリ諸島から避難したという。


 この地震により家屋が損壊し、観光客や地元住民がパニックに陥った。揺れは、ロンボク島に近い同国有数の観光地バリ島でも観測され、おびえた人々が通りに逃げ出した。


 米地質調査所(USGS)によると、震源の深さがわずか10キロという浅発地震で、その後さらなる大きな揺れに加え、20回を超える余震が起きた。


 ロンボク島マタラム(Mataram)の病院では建物が損壊したために負傷者受け入れの区画が屋外のテント内に設けられ、多くの負傷者がベッドで横になっている。また、同島の一部は現在も停電が続いているという。


 病院の報道官はAFPに対し、医療関係者の数がまったく足りていないと訴えた。


 海水浴やハイキングに世界中から観光客が集まるロンボク島で大きな地震が起きたのは、ここ1週間で2度目。


 地球上で最も災害の多い国の一つであるインドネシアは、いわゆる環太平洋火山帯(Pacific Ring of Fire)にまたがっており、構造プレートの衝突で火山噴火や地震が多く発生している。


 2004年にはインドネシア西部のスマトラ(Sumatra)島沖を震源地とするM9.3の地震が発生、津波がインド洋周辺諸国を襲い、計22万人が死亡、うちインドネシアだけで16万8000人が犠牲となった。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




東京医大の女性減点「問題」9割超 朝日新聞世論調査による。


2018年8月6日18時05分






 朝日新聞社が4、5両日に実施した全国世論調査(電話)で、東京医科大学が女子受験生の点数を一律に減点していたことについて尋ねると、「大いに問題だ」が78%で、「ある程度問題だ」15%と合わせると93%に達した。



 「どの程度問題だと思うか」を4択で聞いた。「あまり問題ではない」は4%、「まったく問題ではない」は1%だった。「大いに問題」は男性が77%、女性が79%と、性別を問わず高かった。年代別にみると、30代〜60代の80%以上が「大いに問題」と答えました。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*こんなことばかり、政府でも自民党が問題をあいまいにしているし、今の若者が将来を悲観しているのが解ります。すべて日本の政府から正義を貫かないから、すべてがおかしくなっています。情けない世の中です!



 








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブザルネスクが、日光で仏人女性が行方不明、米カリフォルニア州の山火事、サメに襲われ、インドネシア 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる