貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 洞窟から救助されたサッカー少年ら、カナダ・トロントで、夜空に映える豪快な手筒花火、ボスポラス海峡を

<<   作成日時 : 2018/07/23 17:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

洞窟から救助されたサッカー少年ら、寺院で短期間修行へ タイ当局


2018年7月23日 15:52 発信地:メーサイ/タイ [ タイ アジア・オセアニア ]

洞窟から救助されたサッカー少年ら、寺院で短期間修行へ タイ当局

タイ・チェンライ県の仏教寺院で儀式に参加するサッカーチームの少年ら(2018年7月19日撮影)。(c)AFP PHOTO / THAI NEWS PIX / Krit PHROMSAKLA NA SAKOLNAKORN



【7月23日 AFP】タイ当局は22日、浸水した洞窟内から救出された少年らのうち大半が今週、頭髪をそり、僧衣を身に付けて、仏教寺院での修行に参加する予定だと明らかにした。


 タイ語で「イノシシ」という名のサッカーチームの少年らは数日前に退院し、自宅でゆっくり休養したり、ミャンマーとの国境に近いタムルアン(Tham Luang)洞窟での恐ろしい体験をメディアに語ったりしている。


 10代の少年12人とコーチの男性は6月23日、チームの練習後に洞窟に入ったが、モンスーンの大雨で浸水した洞窟の内部に閉じ込められてしまった。少年らは9日間、岩から滴る水を飲んで持ちこたえ、やせ衰えた状態で泥だらけの岩棚にいるところを救助ダイバーに発見された。さらに1週間後、危険を伴う救出活動によって、全員が脱出を果たした。





  少年らは全員、約1週間の入院を経て、驚異的なスピードで回復し退院。帰宅初日に寺院で幸運を感謝するとともに、救助活動中に死亡した元海軍特殊部隊のメンバーの冥福を祈った。




 今後、少年らは日常の生活に戻る前に短期間、寺院に住み込み修行する予定だという。タイのような仏教徒の国ではこうした修行は珍しくない。


 会見で少年らが9日間修行をすることを発表したチェンライ(Chiang Rai)県の県知事は「11人の少年は初心者として入門し、出家しているコーチのエーカポン・ジャンタウォン(Ekkapol Chantawong)さんは僧侶として修業する」と述べた。ジャンタウォンさんは洞窟内で少年らが落ち着いた状態を保てるよう努力していたと言われている。


 同県の仏教当局の責任者は、少年らが24日に頭髪を剃り、25日に僧衣を着て儀式に参加する予定だと述べた。少年らは8月4日に修行を終えるまで、別々の寺院に滞在するという。


 知事によると、少年の1人はキリスト教徒であるため出家しないという。(c)AFP


カナダ・トロントで発砲事件、2人死亡 13人負傷


2018年7月23日 15:07 発信地:トロント/カナダ [ カナダ 北米 ]

カナダ・トロントで発砲事件、2人死亡 13人負傷

カナダ・トロントで、発砲事件が起きたダンフォース通りを封鎖する警察官(2018年7月23日撮影)。(c)AFP PHOTO / Cole BURSTON



【7月23日 AFP】(更新、写真追加)カナダ・トロントのグリークタウン(Greektown)地区で22日夜、男が発砲する事件があり、容疑者の男を含む2人が死亡、13人が負傷した。地元警察当局が発表した。


 トロント市警によると、午後10時(日本時間23日午前11時)ごろに通報があった。拳銃で撃たれた被害者14人のうち、女性1人が死亡、女児1人が重体だという。現場のダンフォース通り(Danforth St.)は武装した警官らによって封鎖されている。


 地元紙トロント・スター(Toronto Star)はマーク・ソーンダース(Mark Saunders)市警本部長の話として、容疑者の男は「銃撃戦」の末に死亡したと伝えた。


 これに先立ち、グローバル・ニュース(Global News)は警察筋の情報として、容疑者の男は警察に向けて発砲した後、自殺したと報じていた。


 地元メディアが伝えた目撃者の証言によれば、20発ほど銃声が響き、銃弾を再装填する音も数回聞こえたという。近くのレストランで家族と食事中だったという女性は、CBCニュースに対し、爆竹を鳴らすような音が10〜15回した後、悲鳴が聞こえたと語った。


 カナダは米国と異なり、銃による暴力事件は比較的少ない。しかし、最大都市トロントでは今年に入って既に200件超の発砲事件が発生し、うち20件以上で死者が出ている。(c)AFP


夜空に映える豪快な手筒花火、吉田神社 愛知県豊橋市


2018年7月23日 14:54 発信地:愛知 [ 日本 アジア・オセアニア ]






  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    1/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    2/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    3/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市で、手筒花火を吉田神社まで担ぐ男性たち(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    4/14


    愛知県豊橋市で、手筒花火を吉田神社まで担ぐ男性たち(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    5/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    6/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    7/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    8/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    9/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    10/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    11/14


    愛知県豊橋市の吉田神社で行われた神前花火奉納(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市で、手筒花火に火薬を詰める男性たち(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    12/14


    愛知県豊橋市で、手筒花火に火薬を詰める男性たち(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA





  • 愛知県豊橋市で、手筒花火を吉田神社まで担ぐ男性たち(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
    13/14


    愛知県豊橋市で、手筒花火を吉田神社まで担ぐ男性たち(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA




  • 愛知県豊橋市の吉田神社で、おはらいをされる手筒花火(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA
     


    愛知県豊橋市の吉田神社で、おはらいをされる手筒花火(2018年7月20日撮影)。(c)AFP PHOTO / Yasuyoshi CHIBA






【7月23日 AFP】愛知県豊橋市の吉田神社(Yoshida Shrine)で20日、手筒花火を脇や腹に抱えて噴出させる神前花火奉納が行われた。神前花火奉納は毎年、祇園祭の前に行われる儀式。手筒花火は荒縄を巻いた竹に火薬を詰めた花火で、神社の古い資料によると、350年以上も前から続いている。(c)AFP


ボスポラス海峡を泳ぎきれ! イスタンブールで水泳イベント


2018年7月23日 14:29 発信地:イスタンブール/トルコ [ トルコ 中東・北アフリカ ]






  • トルコ・イスタンブールで開かれた「ボスポラス海峡大陸間水泳大会」に参加する人たち(2018年7月22日撮影)。(c)AFP PHOTO / OZAN KOSE
    トルコ・イスタンブールで開かれた「ボスポラス海峡大陸間水泳大会」に参加する人たち(2018年7月22日撮影)。(c)AFP PHOTO / OZAN KOSE








【7月23日 AFP】トルコ・イスタンブールで22日、ボスポラス(Bosphorus)海峡を泳いで渡る「ボスポラス海峡大陸間水泳大会(Bosphorus Cross Continental Swim)」が開催された。参加者らはイスタンブールのアジア側から欧州側までの約6キロを泳いだ。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)大きさ「世界一」金魚すくい 藤沢を盛り上げる参加者!







 水槽の長さで2度、ギネス記録に認定された「世界一大きい金魚すくいゲーム」が22日、藤沢駅北口の銀座通りであった。


 北口の商店でつくる藤沢銀座土曜会が「夏の藤沢を盛り上げよう」と毎年企画。1999年に長さ50・4メートルでギネス記録を樹立し、2002年には100・8メートルで記録を更新しました。た。


 車道を通行止めにして設けた水槽は幅90センチ、全長63メートル。金魚3万匹、メダカ5千匹が用意された。水槽前には金魚をすくう道具の「ポイ」を手にした子どもや大人が群がり、順番待ちの長い列が出来た。銀座土曜会の日比政彦理事長(79)は「夢の中にも金魚が出てくる。2年後の五輪ではぜひ外国人客にこの盛り上がりを見てほしい」。


 一方、藤沢駅南口に近い東奥田公園では地元の「南藤沢イータウン商店会」による「びっちょり祭り」が開催。子どもたち約40人が敵、味方に分かれ、首からぶら下げた「ポイ」を的に、ずぶぬれになりながら夢中で水鉄砲や水風船で水をかけ合った。大人たちも加わり笑顔を見せました。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*この暑い最中に水遊び出来て、楽しいかも知れません。怪我の内容に頑張りましょう!













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洞窟から救助されたサッカー少年ら、カナダ・トロントで、夜空に映える豪快な手筒花火、ボスポラス海峡を 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる