貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 上海協力機構首脳会議が開幕、固い友情の印?金正恩氏、毒ヘビにかまれた豪の助産師、ベネズエラで

<<   作成日時 : 2018/06/10 18:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上海協力機構首脳会議が開幕、イランの正式加盟が隠れた焦点に


2018年6月10日 18:24 発信地:青島/中国

上海協力機構首脳会議が開幕、イランの正式加盟が隠れた焦点に

中国東部・山東省青島で開幕した上海協力機構の首脳会議の中で行われた署名式を終えて握手する中国の習近平国家主席(右)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領(左、2018年6月10日撮影)。(c)AFP PHOTO / WANG ZHAO



【6月10日 AFP】中国東部・山東(Shandong)省青島(Qingdao)で9日、上海協力機構(SCO)の首脳会議(サミット)が開幕した。カナダで行われた主要7か国(G7)サミットで貿易問題をめぐり欧州と米国の溝が浮き彫りとなった中、SCOサミットでは中国の習近平(Xi Jinping)国家主席が域内の「和合」を強調した。


 習主席は青島五輪セーリングセンター(Qingdao Olympic Sailing Center)で行われた歓迎晩さん会であいさつに立ち、SCOの指針である「上海精神」が「違いにとらわれず共通の立場を模索し、互恵的な協力関係の追求している」と称賛した。また、インドとパキスタンの加盟後初のサミットであることを踏まえ、今年は「(SCOの)将来の発展に向けて青写真を描くことになる」との見方を示した。


 SCOは中国とロシアが主導する安全保障などの地域協力組織。加盟国には中央アジア4か国や、新たに承認されたパキスタンとインドも含まれている。イランは2008年から正式加盟を目指しているが現在はオブザーバーだ。


 SCOサミットに出席したロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領はイランのハッサン・ロウハニ(Hassan Rouhani)大統領と個別に会談し、イランの正式加盟を支持する考えを表明。ロウハニ大統領は、米国がイラン核合意からの離脱を表明したのは「不法だ」と非難した。


 SCOサミットの正式議題ではないものの、専門家はイランの正式加盟の可否が焦点になり得ると指摘。国連(UN)の対イラン制裁は正式加盟の足かせとなってきたが、2015年の核合意によってその障壁は取り除かれている。


 一方、シンガポールで12日に行われる歴史的な米朝首脳会談が迫る中、北朝鮮核問題をめぐってはロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相が、問題を平和的な話し合いで解決する「行程表(ロードマップ)」を中国とともに提案していると述べて、ロシアと中国が共通のビジョンを持っていると強調した。


 行程表はまず「相互に好戦的な発言」をやめ、次に平和協定締結に向けた主要当事国間の対話を行い、その後多国間協議を行うという内容だという。(c)AFP/Becky Davis


固い友情の印?トランプ米大統領の手にマクロン仏大統領の指跡


2018年6月10日 17:57 発信地:ラマルベー/カナダ

固い友情の印?トランプ米大統領の手にマクロン仏大統領の指跡

カナダ・ケベック州で、主要7か国(G7)首脳会議(サミット)に合わせて行われた会談の冒頭に握手を交わす、ドナルド・トランプ米大統領とエマニュエル・マクロン仏大統領(2018年6月8日撮影)。(c)AFP PHOTO / SAUL LOEB



【6月10日 AFP】カナダ・ケベック(Quebec)州で開かれた主要7か国(G7)首脳会議(サミット)で、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)仏大統領の「握手対決」が再びみられた。インターネット上で拡散した画像によれば、今回の対決ではマクロン大統領がトランプ大統領側に強固な跡を残したようだ。


 トランプ大統領とマクロン大統領は8日、G7首脳会議に合わせて行われた会談で握手を交わした。その際、マクロン大統領はトランプ大統領の手を29秒間、血の巡りが止まるほど強く握りしめた。握手を終えた直後のトランプ大統領の手にはまだマクロン大統領の指の跡が白く残っていた。71歳のトランプ大統領が40歳のマクロン大統領にきつく手を握られて、顔をしかめているように見える画像もある。


 トランプ大統領とマクロン大統領は昨年の初顔合わせ以来、会談のたびに「握手対決」をしている。昨年7月のフランスの革命記念日(Bastille Day)の式典では、まるで互いに相手の手を離したくないとでもいうように25秒間、がっちりと握手を続けた。さらに、その翌日に行われた会談後の別れのあいさつでも、両首脳はまた握手を交わした。この時の握手は30秒近く続き、序盤ではトランプ大統領が優勢だったようで、引き寄せられたマクロン大統領がバランスを崩す場面もあった。トランプ大統領は、マクロン大統領夫人のブリジット(Brigitte Trogneux)さんに別れのキスをするときもマクロン大統領の手を離さなかったという。(c)AFP


金正恩氏、シンガポールに到着


2018年6月10日 17:43 発信地:シンガポール

金正恩氏、シンガポールに到着

シンガポールの国際空港に到着した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。シンガポール情報通信省撮影(2018年6月10日撮影)。(c)AFP PHOTO / Ministry of Communications and Information of Singapore



【6月10日 AFP】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong Un)朝鮮労働党委員長は10日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領との米朝首脳会談のためシンガポールに到着した。シンガポールのビビアン・バラクリシュナン(Vivian Balakrishnan)外相が明らかにした。


 バラクリシュナン外相はツイッター(Twitter)に、チャンギ国際空港(Changi International Airport)で金委員長と握手する写真とともに、「シンガポールに到着した金正恩委員長を歓迎した」との文章を投稿した。


 航空機位置情報サービス「フライトレーダー24(Flightradar24)」によると、金委員長は10日朝に表向きは中国・北京行きだった中国国際航空(Air China)の747型機で平壌を出発。同機は飛行中に便名を変更し、南へ向かったという。


 金委員長はメルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)のリムジンに乗り、20台以上の車列を伴いシンガポール中心地へ向かった。


 シンガポール外務省によると、金委員長は10日夜に同国のリー・シェンロン(Lee Hsien Loong)首相と会談する予定。


 一方、史上初の米朝首脳会談について「一回限りのチャンス」だと述べたトランプ大統領も、カナダでの先進7か国(G7)首脳会議(サミット)を早めに切り上げ、専用機エアフォースワン(Air Force One)でシンガポールに向かっている。


 首脳会談の会場と高級ホテルが立ち並ぶ地区の周辺は厳重な警備が敷かれている他、金委員長が滞在するとみられるホテルの外には、報道陣の目を避けるために、追加の鉢植え植物が並べられた。(c)AFP


毒ヘビにかまれた豪の助産師、医学訓練を応用し生還


2018年6月10日 17:10 発信地:シドニー/オーストラリア

毒ヘビにかまれた豪の助産師、医学訓練を応用し生還

ブラウンスネーク(2012年9月25日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / WILLIAM WEST



【6月10日 AFP】オーストラリアの助産師が世界で最も危険なヘビの一種であるブラウンスネークにかまれたものの、意識がもうろうとする中で同行者や救助隊らに医学訓練を応用して指示を出し、一命を取り留めていたことが分かった。


 クリスチャン・ライト(Christian Wright)さん(33)は先月、ウエスタンオーストラリア(Western Australia)州のカリジニ国立公園(Karijini National Park)の奥地の谷底でブラウンスネークに足をかまれた。


 ライトさんは7日、豪テレビ局チャンネル7(Channel Seven)のインタビューに応じ、「足を見てもかまれた痕はなかった。血も出てなかったし、腫れてもいなかった」「でも視界がぼやけ始めた。意識が失われていくのが分かった」と語った。


 またライトさんの友人、アレックス・チア(Alex Chia)さんは現地紙ウエストオーストラリアン(West Australian)に対し、ライトさんの様子について「白目をむき、ふるえて汗をかいていた」「それから完全にぐったりとなった」と語った。現場は深さ30メートルの谷底で、目の届く範囲に人はいなかったという。


 しかし、近くにいたカップルが2人の助ける求める声を聞いて駆け付け、手持ちの衛星電話を使って救急隊に連絡。そしてライトさんの指示に従い、傷の手当てを行った。


 ライトさんによると、「意識もうろうとしていた。ヘビの毒が頭に届き始めると本当の興奮状態に入り始め、身もだえし、頭が痛くて叫んだ」という。


 その後、森林警備隊員1人が現場に到着し、続いて救急医療隊や救助隊も到着したが、ライトさんの苦難はまだ終わらなかった。ライトさんは頭を足よりも高い位置に維持しながら担架で運ばれたが、救急車にたどり着くまでに1時間以上かかり、そこから75キロ離れた病院に搬送され、ようやく解毒剤を投与されたという。(c)AFP


ベネズエラでポリオ患者を確認、1989年以来 29年ぶり


2018年6月10日 16:59 発信地:カラカス/ベネズエラ

ベネズエラでポリオ患者を確認、1989年以来 29年ぶり

予防接種の準備をする女性が手にする注射器(2018年3月21日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Schneyder Mendoza



【6月10日 AFP】汎米保健機構(PAHO)は9日、政治、経済、福祉などで危機的な混乱状態に陥っているベネズエラで29年ぶりとなるポリオ患者が確認されたと明らかにした。


 PAHOによると、このポリオ患者は経済的に極めて貧しく、予防接種が十分に実施されていない東部デルタアマクロ(Delta Amacuro)州に住む子どもで、予防接種を受けていなかったという。


 ポリオ(急性灰白髄炎)はポリオウイルスによる感染症で、乳幼児がかかりやすく、手足にまひが現れることがある。


 元保健相のホセ・フェリックス・オレッタ(Jose Felix Oletta)医師はAFPに対し、ポリオ患者が最後に報告されたのは1989年だったと語った。オレッタ医師はニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)政権の保健当局がポリオウイルスを確認してからPAHOに報告するまで1か月以上要したことを厳しく非難した。国際的には確認後24時間以内に報告することが求められている。


 PAHOが9日に公表した報告書によると、ベネズエラでは麻疹(はしか)も多く発生しており、中南米とカリブ海諸国で昨年発生したはしかの症例の85%をベネズエラが占めたという。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)県合唱祭始まる 歌声響かせ 相模原のホールで開催。







 第61回県合唱祭(県合唱連盟、朝日新聞社主催)が9日、相模原市南区の相模女子大学グリーンホールで始まった。合唱祭は10日に同ホール、23、24日に鎌倉市の鎌倉芸術館で開催される。4日間で県内172団体の約5千人が参加し、歌声を響かせる。入場無料。


 この日は41団体が出場。初参加の「相模ひばり少年少女合唱団」は、相模原市内の小学4年〜中学3年の18人が合唱組曲「あめつちのうた」から「水のうた」を元気よく披露。小学6年の末崎結菜(ゆいな)さんは「人前で歌うのは初めてなので緊張したけど、練習したことを思い出しながら歌い、楽しかったです」と笑顔で話しました。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*歌声はいつ聞いても、心が名護います。ぜひ参加してください。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
上海協力機構首脳会議が開幕、固い友情の印?金正恩氏、毒ヘビにかまれた豪の助産師、ベネズエラで 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる