貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 公海での漁業は、レノボ携帯電話、高確率で早産を予測する、女性がバイソンに突かれ、清時代の「牌坊」、

<<   作成日時 : 2018/06/08 15:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

公海での漁業は「巨額助成金」頼み、日本など5か国が市場を寡占


2018年6月8日 14:54 発信地:タンパ/米国

公海での漁業は「巨額助成金」頼み、日本など5か国が市場を寡占

水揚げされたクロマグロ(2014年5月17日撮影)。(c)AFP PHOTO / PASCAL GUYOT



【6月8日 AFP】公海で行われる漁業は、そのままでは採算の合わない事業が各国政府の巨額の助成金によって存続しているとする研究結果を7日、国際チームが米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に発表した。


 いずれの国の領海でも排他的経済水域でもない公海での漁業は、マグロなどの漁業資源の乱獲や、底引き網を使うことによる混獲が問題視され、しばしば「破壊的漁業」と呼ばれる。混獲されることの多い回遊性のサメは、うち44%に絶滅の恐れが指摘されている。


 今回の研究では、新たな衛星技術を用いて漁船を追跡し、遠洋漁業の規模をより明確に示すことが可能になった。公海は地球上を覆う海面の64%を占めるが、公海漁業を行っている国や地域はごく少数に限られると研究チームは指摘している。


 データが完全に揃っている直近の年は2014年で、年間の公海漁業にかかった総費用は推計62億〜80億ドル(約6800億〜8800億円)だった。これに対し、漁獲高440万トンの収益の合計は推計76億ドル(約8300億円)だった。


 つまり、助成金がなかった場合、公海漁業の収支は3億6400万ドル(約400億円)の赤字から、最大でも14億ドル(約1500億円)の黒字となる。一方、この年に各国政府が支出した助成金の総額は42億ドル(約4600億円)に上り、事業の経済的純利益を大きく上回った。


 世界の公海漁業の収益の大半は、中国(21%)、台湾(13%)、日本(11%)、韓国(11%)、スペイン(8%)の5か国が占めていた。


 研究者らは、公海漁業に対する助成金の見直しを求めている。論文の共著者である米カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UC Santa Barbara)のクリストファー・コステロ(Christopher Costello)教授(環境・資源経済学)は、「重点的な助成金改革を通じて税金の浪費を抑え、結果的に漁獲量を削っても高価値な漁業を実現できる」と述べた。


 研究では、船舶自動識別装置(AIS)と船舶監視システム(VMS)を用いてほぼリアルタイムに3620隻の動向を追跡。さらに、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)の「Sea Around Us」プロジェクトの世界の漁獲量データを利用して、総漁獲量を算出した。


 この研究にはカリフォルニア大学サンタバーバラ校やグローバル・フィッシング・ウオッチ(Global Fishing Watch)、西オーストラリア大学(University of Western Australia)の研究者も参加した。(c)AFP


レノボ、携帯電話「新国民旗艦モデル」Z5発表


2018年6月8日 14:05 発信地:中国

中新社

レノボ、携帯電話「新国民旗艦モデル」Z5発表

レノボ新製品発表会(2018年6月5日撮影、資料写真)。(c)CNS/崔楠



【6月8日 CNS】聯想集団(レノボグループ、Lenovo)は5日、中国・北京(Beijing)でレノボの新しい旗艦モデルの発表会を開いた。


 発表会では、「新国民旗艦モデル」と位置付けられた「レノボZ5」がまず紹介された。定価は1299元(約2万2350円)から。画面占有率は90%を超え、6GB+64GB、3300ミリアンペア時大電流などの仕様。レノボZ5は、今回の発表会で最も注目を浴びた製品となった。


 また、「レノボK5 Note」「レノボA5」「レノボWatch X」「粒子礦雲」(パーティクルクラウド)などの新製品も紹介された。


 レノボ K5 Noteの価格は799元(約1万3690円)、レノボ A5の価格は599元(約1万260円)で、3桁の価格の携帯電話が、4GBの大きなメモリーを持つ時代に入った。(c)CNS/JCM/AFPBB News


高確率で早産を予測する血液検査を開発、的中率最高80%


2018年6月8日 13:33 発信地:ワシントンD.C./米国

高確率で早産を予測する血液検査を開発、的中率最高80%

フランス西部アルゾンの浜辺に立つ妊娠した女性(2018年4月30日撮影)。(c)AFP PHOTO / LOIC VENANCE



【6月8日 AFP】早産の可能性を最高80%の確率で予測できる安価な血液検査を、米国とデンマークの研究者らが開発したことが7日、明らかになった。


 この検査を広範に使用するためにはさらに研究が必要だが、世界で年間1500万件に上る早産による死亡や合併症を減らせる可能性があると専門家らは述べている。


 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究論文によると、この検査は妊婦の出産予定日の推定にも使用でき、「超音波と同程度に信頼性が高く、費用はより安い」という。同検査では、母体、胎盤、胎児の遺伝子の活動を測定し、母体の遺伝的指令を運ぶメッセンジャー分子であるセルフリーRNAの濃度を評価する。


 検査の開発にあたり、研究者らはデンマーク人女性31人の血液検体を調べ、妊娠期間と早産の危険性に関して信頼できる信号を発する遺伝子を特定した。


 研究論文の共同執筆者で米スタンフォード大学(Stanford University)の客員教授およびデンマーク・コペンハーゲンの国立血清学研究所(Statens Serum Institut)の最高責任者(CEO)であるマッツ・メルビュー(Mads Melbye)氏は「少数の遺伝子によって非常に高い確率で女性の早期産の危険を予測できることが分かった」と語る。


 研究を率いたもう1人の科学者は、スタンフォード大学の生体工学と応用物理学のスティーブン・クエーク(Stephen Quake)教授だ。同教授は、現在年間300万人以上の女性が用いているダウン症の血液検査を2008年に開発したチームを率いていた。


 論文によると、これまでも早産を予測する検査はいくつかあったが、それらはリスクの高い女性のみに有効な傾向があり、また出産時期に関する正確性はわずか20%だった。(c)AFP


女性がバイソンに突かれ負傷、イエローストーン国立公園


2018年6月8日 13:20 発信地:ロサンゼルス/米国

女性がバイソンに突かれ負傷、イエローストーン国立公園

米北西部ワイオミング州の国立公園で、道路を横断するバイソンの写真を撮る観光客の男性(2012年10月4日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / KAREN BLEIER



【6月8日 AFP】米イエローストーン国立公園(Yellowstone National Park)で6日、観光客の女性がアメリカバイソンに角で突かれて負傷していたことが分かった。米国立公園局が7日、発表した。


 カリフォルニア州からイエローストーンを訪れたキム・ハンコック(Kim Hancock)さん(59)は、他の観光客らと公園内の遊歩道を散策中、雄のバイソンに近づいたという。遊歩道を横断していたバイソンは、興奮して観光客らに突進。ハンコックさんを角で突くと、そのまま去っていった。


 ハンコックさんは最寄りのモンタナ州の病院で手当てを受け、経過は良好だという。


 米西部のワイオミング州、モンタナ州、アイダホ州にまたがるイエローストーン国立公園で観光客がバイソンに襲われるのは、今年に入って2回目。先月1日にもアイダホ州の女性(72)が散策コースを歩いていてバイソンに出くわし、軽傷を負っている。


 米国立公園局は、この1か月余りの間にイエローストーンでは野生動物によって4人が負傷しているとして、クマやオオカミ、ヘラジカなどからも安全な距離を保つよう観光客に呼び掛けている。(c)AFP


清時代の「牌坊」、家屋の一部になっていた 解体作業中に姿現す


2018年6月8日 8:25 発信地:中国

中新社

清時代の「牌坊」、家屋の一部になっていた 解体作業中に姿現す

家屋解体中に現れた「牌坊」(2018年5月31日撮影)。(c)CNS/瞿宏倫



【6月8日 CNS】中国・貴州省(Guizhou)貴陽市(Guiyang)嘉潤路(Jiarun Road)周辺の家屋の解体作業中に、屋根よりも高くそびえ立つ門が出現した。


 中国の伝統的建築様式「牌坊(Paifang)」と呼ばれる門で、「道光21年(1841年)着工、道光22年(1842年)完工」と刻まれており、柱四本の間に三つの空間がある「四柱三間」様式の石の建造物だ。高さ8メートル、横幅9メートル。北を向いて高くそびえ立ち、長い間の風雨にさらされたため破損か所もみられる。


 この「牌坊」は、解体作業を始めるまでは、完全に家屋内に隠れていた。この場所にあったレンガ作りの家を建てた当時、牌坊の彫刻の部分を残しながら、コンクリートでレンガを固めてあった。牌坊は家屋の壁として利用されており、住民は壁に鍋を掛けるなどしていた。


 近所に住む毛さんは「20年前にこの牌坊のある家の近くに住み始めたが、当時はまったく気が付かなかったし、今でも不思議な気持ちだ。ここが史跡地の文化財だったなんて本当に信じられない」と話していた。(c)CNS/JCM/AFPBB News


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)箱根の観光客、2千万人台に回復しました。







神奈川県箱根町は、2017年の観光客総数が前年比10%増の2152万人だったと発表した。15年の火山活動に伴う減少から盛り返し、3年ぶりに2千万人の大台に乗った。特に外国人宿泊客の伸びが大きく、過去最多となった。山口昇士町長は「国際観光地箱根の復活を印象づける結果」とコメントを出しました。


 町は、秋の紅葉とススキ草原の人気や、日帰り入浴施設とホテルの新設などが客数増加の要因とみている。観光客総数は14年に2119万人だったが、大涌谷付近の活発な火山活動の影響で、15年は1737万6千人に減少。16年は1956万5千人だった。


 17年の宿泊客数は、前年比8%増の約469万4千人。このうち外国人宿泊客は同18%増の約54万6千人で過去最多だった。月別の最多は4月の約7万人で、イースター休暇中の欧米人が目立った。次に多い10月は約6万3千人で、大型連休中の中国と韓国からの来客でにぎわったという。


 日本人の宿泊客は最多の8月から3、11、12月の順に多く、ほかの月に多い外国人客が繁忙期と閑散期の差を小さくする状況がうかがえる。


 観光客総数の過去最多は1991年の2247万人。外国人宿泊客は同年に3万5290人だったが、2013年から17年にかけて3倍に増え、50万人を超えました。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*箱根に活気が戻って安心しました。いづれ行ってみようと思います。温泉はいいですよ。心を癒せます!









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公海での漁業は、レノボ携帯電話、高確率で早産を予測する、女性がバイソンに突かれ、清時代の「牌坊」、 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる