貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS シャーロック役、真っ赤にゆで上がったザリガニ、乳がんや肺がん、 グアテマラのフエゴ山が噴火、懐かしい

<<   作成日時 : 2018/06/04 18:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

シャーロック役カンバーバッチさん、実生活でもお手柄?!


2018年6月4日 18:12 発信地:ロンドン/英国

シャーロック役カンバーバッチさん、実生活でもお手柄?!

米カリフォルニア州ハリウッドで行われたプレミア上映会に登場した英俳優のベネディクト・カンバーバッチさん(2018年4月25日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / FREDERIC J. BROWN



【6月4日 AFP】英テレビドラマシリーズ「シャーロック(Sherlock)」で、名探偵シャーロック・ホームズ(Sherlock Holmes)役を務めた俳優のベネディクト・カンバーバッチ(Benedict Cumberbatch)さん(41)が、数人の男から暴行を受ける男性を目にし、役どころさながら自ら体を張って男性を守るという出来事があった。複数のメディアが報じた。


 大衆紙サン(The Sun)が先週末報じたところによると、カンバーバッチさんは、首都ロンドン中心部のマリルボーンハイストリート(Marylebone High Street)を、妻のソフィー・ハンター(Sophie Hunter)さん(40)と共に配車サービス「ウーバー(Uber)」の車両に乗って移動していた際、4人組に囲まれて暴行を受ける食品宅配サービス「デリバルー(Deliveroo)」の配達員を発見。


  米映画『ドクター・ストレンジ(Doctor Strange)』ではスーパーヒーローを演じたカンバーバッチさんは、男性を救出するため車から飛び降りたという。

 カンバーバッチ夫妻が乗っていた車の運転手は同紙に対し、「ベネディクトさんは勇猛果敢で献身的だった。彼が間に入っていなければ、配達員は重傷を負っていたかもしれない」と話した。


 現場は、作家アーサー・コナン・ドイル(Arthur Conan Doyle)が生み出した架空の探偵ホームズが住むベーカーストリート(Baker Street)に近い。


「ベネディクトさんは殴り掛かってきた男たちからわが身を守り、はねつけた。男たちの方でもベネディクトさんだと分かって逃げ出したんだと思う」「ベネディクトさんは配達員に無事かどうか尋ね、『大丈夫』と答えた配達員を抱き締めた」


 運転手は、「ベーカーストリートのそばで、シャーロック・ホームズが暴漢4人をやっつけたんだ」と振り返った。


 後にデリバルーの広報担当者は、「ベネディクト・カンバーバッチさんの勇敢な行動に感謝する」と述べた。(c)AFP


真っ赤にゆで上がったザリガニ、母校の思い出「胃の中に」 南京の大学


2018年6月4日 16:53 発信地:中国

中新社

真っ赤にゆで上がったザリガニ、母校の思い出「胃の中に」 南京の大学

ザリガニ料理を堪能する学生ら(2018年5月29日撮影)。(c)CNS/泱波



【6月4日 CNS】卒業を前に「母校の思い出を胃の中に留めて」──。中国の南京航空航天大学(Nanjing University of Aeronautics and Astronautics)で5月28日夜、「ザリガニ」フェスティバルが開催された。


 安くて美味しい、さまざまな風味のザリガニ料理に、学生たちが行列。皆で楽しいひと時を過ごしていた。(c)CNS/JCM/AFPBB News


乳がんや肺がん、化学療法不要ケースも多数 大規模研究


2018年6月4日 15:17 発信地:タンパ/米国

乳がんや肺がん、化学療法不要ケースも多数 大規模研究

乳がん啓発キャンペーン「乳がん月間」に合わせてピンク色にライトアップされたホワイトハウス。米首都ワシントンで(2017年10月1日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANDREW CABALLERO-REYNOLDS



【6月4日 AFP】乳がんや肺がん患者の多くは、実際には化学療法を受ける必要がなく、化学療法なしでもより長期に生存できると考えられることが、3日に発表された2件の研究で明らかになった。これまでの標準治療に対する考え方に変化をもたらす可能性がある。


 これらの研究成果は、米シカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO)の年次総会で発表された。ASCOはがん関連の専門者会合としては世界最大規模を誇る。


 一つ目の研究は、過去最大規模で実施された乳がん治療の臨床試験に関するもので、一般的な型の乳がん患者の大半は、遺伝子検査の結果によっては、手術後の化学療法と患者を消耗させ得るその副作用を避けることが可能になるとしている。


 論文の共同執筆者で、米シカゴ郊外にある医療施設「ロヨラ大学病院(Loyola Medicine)」のがん専門医であるキャシー・アルバイン(Kathy Albain)氏は、「この革新的な研究の成果より、最も一般的な型の乳がんと診断された患者の約70%は化学療法を安全に回避することができるようになる」と述べた。


 2004年から利用可能となっているオンコタイプDXと呼ばれるがん21遺伝子の発現検査は、手術後の適切な治療法を決定する上での目安となる。0から100までの数字で表される「再発スコア」が25を超える場合には、再発予防のため化学療法が推奨されるが、10未満の低い数値の場合にはそれが不要となる。


 研究では、18〜75歳の女性1万人以上を対象に、化学療法とホルモン療法、あるいはホルモン療法のみのいずれかの治療法を無作為に割り当てた。


 米医学誌「ニューイングランド医学ジャーナル(New England Journal of Medicine)」に掲載された研究結果によると、「遺伝子検査のスコアが11〜25のすべての被験者、とりわけ50〜75歳の女性では、化学療法を受けたグループと受けなかったグループの間で顕著な違いは見られなかった」という。


 研究では、50歳以上の女性で再発スコアが0〜25、もしくは50歳未満で同0〜15の患者については、化学療法とその副作用を回避することが可能とされた。一方、より若年層の同16〜25の女性の場合は、化学療法とホルモン療法のグループに若干の有利性が示されたという。


■肺がん


 二つ目の研究は、非小細胞肺がんとして知られる世界的に最も一般的な肺がんに関するもので、化学療法と免疫療法とを比較するかたちで臨床試験が実施された。


 試験では、米製薬大手メルク(Merck)の薬剤「キイトルーダ(Keytruda、ペムブロリズマブ)」が用いられた。この薬を投与された患者は、化学療法を受けた場合よりも4〜8か月生存期間が長かった。キイトルーダは、ジミー・カーター(Jimmy Carter)元米大統領の脳に転移した進行性メラノーマを食い止めたことで知られている。


 研究には1200人以上の被験者が参加。肺がん治療におけるペムブロリズマブの単独療法としては、過去最大規模の臨床試験となった。同薬剤は、2014年にメラノーマの治療薬として、また2015年に肺がんの治療薬として承認されている。(c)AFP/Kerry SHERIDAN


 

グアテマラのフエゴ山が噴火、25人死亡 空港も閉鎖


2018年6月4日 13:12 発信地:グアテマラ市/グアテマラ

グアテマラのフエゴ山が噴火、25人死亡 空港も閉鎖
 


グアテマラのエルロデオ村で、フエゴ山の噴火による負傷者を避難させる警察官(2018年6月3日撮影)。(c)AFP PHOTO / NOE PEREZ

【6月4日 AFP】(更新、写真追加)中米グアテマラで3日、フエゴ(Fuego)山(3763メートル)が噴火し、災害当局によると、溶岩流に巻き込まれるなどして少なくとも25人が死亡した。このほか20人以上が負傷し、2000人以上が避難している。


 火山灰などによって、首都グアテマラ市の国際空港も閉鎖に追い込まれた。


 フエゴ山の大規模噴火は今年に入り2回目。災害当局の報道官によると、午後9時(日本時間4日正午)までに25人の死亡が確認された。当初死亡が伝えられたのは山のすぐ南にある農村の住民6人で、溶岩流に囲まれて逃げ場を失ったという。


 フエゴ山付近のほか、スペイン植民地時代の都市で国内随一の観光地であるアンティグア(Antigua)を含む数都市で住民らの避難が行われている。グアテマラ国内には活火山が他に2つある。(c)AFP


懐かしい遊びでこどもの日祝う 河北省


2018年6月4日 11:58 発信地:中国

中新社

懐かしい遊びでこどもの日祝う 河北省

「弾拐拐(片足で跳ねて相手を倒すゲーム)」で遊ぶ小学生(2018年5月31日撮影)。(c)CNS/郝群英



【6月4日 CNS】中国・河北省(Hebei)邯鄲市(Handan)の邯山区実験小学校で行われた、「国際こどもの日(International Children's Day)」のイベント。小学生らが、父親や母親が子ども時代に遊んでいた、懐かしい遊びを楽しみながらこどもの日を祝った。(c)CNS/JCM/AFPBB News


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)相模川などでアユ釣り解禁 過去最多の遡上です。







相模川や酒匂川など神奈川県内の主な水系で1日、アユ釣りが一斉に解禁された。相模原市中央区相模川には、解禁を待ちかねた大勢の「太公望」が繰り出し、長いさおを振るなどして、アユ釣りの手応えを楽しんでいました。


 県内水面漁業振興会(横浜市)によると、4月以降に相模川を遡上(そじょう)したアユは4600万匹を超え、過去最多を記録。相模原市南区の佐藤勝敏さん(69)は2時間ほどで約30匹を釣り上げ、「アユの強い引きが最高。何度も来たいですね」と話していました。


*上記は朝日新聞デジタル版の記事から引用しました。


*アユは取り立てが大変美味しいので、塩焼きで串刺しをがぶりと噛みつくのが、最高で何とも言えません。アユ釣りもしてみたいのですが、良い竿だと高価なのでちょっと手が出せません。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
シャーロック役、真っ赤にゆで上がったザリガニ、乳がんや肺がん、 グアテマラのフエゴ山が噴火、懐かしい 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる