貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS ドゥマにシリア国旗、米高校銃乱射の犠牲者追悼、マライア・キャリー、韓国・済州島で、恐竜の標本2体が

<<   作成日時 : 2018/04/12 17:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドゥマにシリア国旗、政府軍が東グータ完全掌握 ロシア国防省


2018年4月12日 16:22 発信地:モスクワ/ロシア

ドゥマにシリア国旗、政府軍が東グータ完全掌握 ロシア国防省

シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥマの破壊された町並み(2018年3月25日撮影)。(c)AFP PHOTO / HAMZA AL-AJWEH



【4月12日 AFP】(更新)ロシア国防省は12日、シリアの首都ダマスカス近郊の東グータ(Eastern Ghouta)地区にある反体制派最後の拠点ドゥマ(Douma)にシリア国旗が上がったと発表した。政府軍が東グータ地区を完全掌握したことを示しているという。


 インタファクス(Interfax)通信によると、ロシア軍のシリア和解調停を取りまとめるユーリ・エフトゥシェンコ(Yury Yevtushenko)少将は「今日、シリアの歴史における重大事件が起きた。政府軍の旗がドゥマの町の建物の上にひるがえり、政府軍がこの町(ドゥマ)を掌握し、その結果、東グータ全域を掌握したことが示された」と述べた。

  ロシアのテレビは、シリア政府が国旗と定める緑の星が2つ並んだ赤・白・黒の水平三色旗が建物の上にたなびく光景や、空爆で破壊された市街地で旗を振り歓声を上げる人々の姿を放映した。


米高校銃乱射の犠牲者追悼、ロサンゼルスで展示会


2018年4月12日 15:48 発信地:ロサンゼルス/米国

米高校銃乱射の犠牲者追悼、ロサンゼルスで展示会

米フロリダ州パークランドの高校で2月に起きた銃乱射事件の犠牲者の一人、ホアキン・オリバーさんの父親でアーティストのマヌエル・オリバー氏が手掛けた壁画「We Demand(我々は要求する)」。カリフォルニア州ロサンゼルスのスタンダードホテルで開催中の展示会「パークランド17」にて(2018年4月11日撮影)。(c)AFP PHOTO / FREDERIC J. BROWN



【4月12日 AFP】米南部フロリダ州パークランド(Parkland)の高校で2月に起きた銃乱射事件で犠牲となった17人を追悼するため、カリフォルニア州ロサンゼルスのスタンダードホテル(Standard Hotel)で「パークランド17(Parkland 17)」と題された展示会が開催されている。


 展示会では犠牲者の1人であるホアキン・オリバー(Joaquin Oliver)さんの父親で、アーティストのマヌエル・オリバー(Manuel Oliver)氏が手掛けた壁画「We Demand(我々は要求する)」などが展示されている。会期は今月15日まで。(c)AFP



  ロシア国防省によると、ロシア軍の憲兵隊が既にドゥマ市街のパトロールを開始している。ロシア軍はドゥマの情勢について平常化したと説明。これまでに計16万6644人が「人道回廊」を通ってドゥマから避難したとしている。(c)AFP


マライア・キャリー、双極性障害を告白 「いつもおびえていた」


2018年4月12日 15:36 発信地:ニューヨーク/米国

マライア・キャリー、双極性障害を告白 「いつもおびえていた」

米歌手マライア・キャリー(2018年1月7日撮影)。(c)AFP PHOTO / TARA ZIEMBA

【4月12日 AFP】ポップ音楽界のスーパースター、米歌手マライア・キャリー(Mariah Carey)さんが、双極性障害(そううつ病)を患っていることを告白した。最近になって治療を始めたという。


 5オクターブの音域を誇り、1990年代のポップスターとして最も成功した一人でもあるキャリーさん。精神疾患を「恥」とみなす風潮をなくす一助になりたいと考え、公表を決断したと米ピープル(People)誌の最新記事に語っている。


「最近まで、否定と孤独の中で生きていた。いつも誰かが私のことをさらし者にするんじゃないかとおびえていた」


 現在40代後半のキャリーさんは長い間、自分は睡眠障害だと思い込んできたが、不眠やいらいらして怒りっぽくなるのはうつ状態の症状だったと判明したと説明。「とても孤独で悲しくなった。キャリアのためにやらなくてはならないことをしていないのではないかと、罪悪感さえ抱いていた」と述べた。


 キャリーさんはピープル誌に対し、双極性障害は「必ずしもあなたを定義するものではない。私はそんなもので自分を定義されたりコントロールされたりするのは嫌だ」と語っている。(c)AFP


韓国・済州島で熱気球が墜落、1人死亡12人負傷


2018年4月12日 15:06 発信地:ソウル/韓国

韓国・済州島で熱気球が墜落、1人死亡12人負傷

墜落した熱気球、韓国南部の済州島で(2018年4月12日撮影)。(c)AFP PHOTO / YONHAP



【4月12日 AFP】韓国南部の済州(Jeju)島で12日朝、熱気球が墜落し、1人が死亡、12人が負傷した。現地警察が明らかにした。


 警察によると、熱気球には観光客12人と操縦者1人が搭乗。操縦者は頭部を損傷し、その後死亡が確認されたという。警察は墜落の原因を調べている。


 聯合ニュース(Yonhap News)は救助隊員の話として「熱気球は急速に落下し、木々に突っ込んだようだ」と伝えた。


 また警察によると、乗っていた観光客12人は全員軽傷で、現在病院で手当を受けているという。警察は観光客らの国籍について明らかにしていない。(c)AFP


恐竜の標本2体が競売に、各1億8500万円超で同一人物が落札


2018年4月12日 14:50 発信地:パリ/フランス

恐竜の標本2体が競売に、各1億8500万円超で同一人物が落札

仏パリの競売会社ドゥルオで公開された草食恐竜ディプロドクス(奥)と肉食恐竜アロサウルス(手前)の骨格標本(2018年4月6日撮影)。(c)AFP PHOTO / STEPHANE DE SAKUTIN



【4月12日 AFP】フランス・パリで11日、恐竜2体の骨格標本が競売に掛けられ、いずれも140万ユーロ(約1億8500万円)超の高値で落札された。仏競売会社ドゥルオ(Drouot)によると落札者は2体とも同じ外国人バイヤーだという。


 競売に掛けられたのは、ともに約1億5000万年前のジュラ紀後期に生息していた大型草食恐竜ディプロドクスと小型の肉食恐竜アロサウルスの骨格標本。全長12メートルのディプロドクスの標本には144万ユーロ(約1億9000万円)、全長3.8メートルのアロサウルス標本には141万ユーロ(約1億8600万円)の値が付いた。


 ドゥルオによると恐竜の骨格標本としては「非常に高い」落札価格だという。


 恐竜の骨格標本は、世界でも1年に5体ほどしか競売に出品されない。大半は大富豪の収集家か欧米の博物館が落札するが、競売関係者の話ではこのところ中国で人気が急騰しているという。今回の落札者の国籍は不明。


 競売に先立ち、骨格標本販売の専門家はAFPに「恐竜の実物は、絵画と同じくクールで流行の装飾品となっている」と説明。米ハリウッド(Hollywood)の人気俳優ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)さんやレオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)さんも大の恐竜標本ファンだと述べていた。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言




神奈川)アプリ開発 藤沢の82歳、若宮正子さんが話題です。







 人生100年時代のフロントランナーとして、神奈川県藤沢市在住の82歳の女性が注目を集めている。若宮正子さん。自身が開発したスマートフォン向けゲームアプリが昨年、米アップルから配信されて「80代のおばあちゃんがアプリを開発」と話題を呼び、2月にはニューヨークの国連本部でも講演した。「80の手習いなんていまは当たり前ですよ」と語る。


 アプリ開発のきっかけは2016年、「高齢者でも楽しめるアプリを作ってほしい」とITに詳しい年若い友人に頼んだことだった。「お年寄りの好みはわからない。自分で作ったら」と勧められ、専門書でプログラムの方法を勉強。宮城県に住むその友人にインターネット電話で教わりながら半年かけて作った。


 それが、画面上のひな壇に内裏びなや三人官女など12の人形を正しい位置に並べるアプリ「hinadan(ひな壇)」。人形を指で触ってそのままひな壇に移動させるシニアに苦手な動作を使わず、軽く触る「タップ」という動作で並べられるようにしました。


 「80歳はまだ進歩の余地があると思います」


 17年2月にアップルによって配信された「hinadan」と若宮さんについてメディアが報じ、米CNNも紹介。世界各地で相次いで報じられた。アップルのCEO(最高経営責任者)の招きで、米国での同社の会議にも出かけた。


 「アップルもシニア市場の可能性に気づいたのかもしれません」


 17年9月には、長寿社会のあり方などを議論する政府の「人生100年時代構想会議」有識者議員に選出された。さらに、今年2月には国連の会議で「デジタル技術活用が高齢者にとってどれほど役に立つか」をテーマにスピーチしました。


 東京生まれ。高校卒業後に都銀に就職した若宮さんがパソコンを買ったのは定年退職少し前の1995年ごろ。母の介護で外出しにくくなるなか「これからも社会とつながりたい」と思ったからだった。母は2005年に亡くなり、藤沢市に転居。70代後半からピアノも習い始めました。


 「人間、体力的にも昔より年を取るのが遅くなっているんですよ。高齢になってパソコンに習熟した人はいくらでもいます」


 老人ホームで気軽に使ってもらえたらと無料配信にした「hinadan」は、「プロ」ではない開発者が作ったアプリとしては異例の約8万ダウンロードに達したという。昨年末に英語版をリリース。さらに多くの他国語バージョンを出したいという。


 「これからAI(人工知能)の社会への影響力はどんどん強まります。でもAIはゼロから何かを生み出すことはできない。人間ならではの創造性を大切にしたいと思いますね」


ネットは「広い世界への翼」


 3月17日に藤沢市役所で開かれた若宮さんの講演会をのぞいた。定員100人の会場は満席だった。


 若宮さんは、世界中の情報を容易に入手できるようにしたインターネットの普及を「翼」にたとえ、「家の中の狭い空間から広い世界に連れ出してくれました」。また、「パソコンというのは学ぶもんじゃない。楽しむものなんです」。エクセルでのアートづくりなどを例に、生き生きと語った。


 若宮さんは昨年6月、米シリコンバレーでアップル社CEOと会った。「スマホというのはシニアにはとっても使いにくいと訴えた。年を取ると誰でも少しずつ目がかすむし……。最後にはタメ口になっちゃって。通訳の人が普通の英語に直してくれて」。軽妙な語り口で、笑いの絶えない講演となった。


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。なります。


*凄い元気なお婆さんですよ。感嘆します!まだまだ頑張って世の中の高齢者に力を与えてくれます。


 先日も総合病院で隣に座った親爺が、2月に誕生日が来るまでは74歳で国民健康保険限度額適用認定証で4,000円の支払いで、3月になったら後期高齢者高齢者限度額適用認定証なになったら、1か月で8,000円の支払いになって倍になり、こんな保険制度では年寄りに死ねと日本の政府はどうにもならない方向に動いているようで、たまらないと嘆いていましたが本当にふざけていますよ。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドゥマにシリア国旗、米高校銃乱射の犠牲者追悼、マライア・キャリー、韓国・済州島で、恐竜の標本2体が 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる