貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国、患者の肝臓に「焼き印」、中国沖で衝突、安倍首相がエストニア訪問、模造品・海賊版販売、

<<   作成日時 : 2018/01/13 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国、大学教授がセクハラで停職処分 元教え子が告発


2018年1月13日 16:50 発信地:北京/中国

中国、大学教授がセクハラで停職処分 元教え子が告発

中国・北京で買い物をして街を歩く女性たち(2017年1月10日撮影、本文とは関係ありません)。(c)AFP/WANG ZHAO



【1月13日 AFP】中国の著名な大学の教授が、元教え子からセクハラを告発された一件がネット上で広がり、停職処分となった。



 北京航空航天大学(Beihang University)は11日、陳小武(Chen Xiaowu)教授に対するセクハラ被害の告発内容を調査し、同教授を停職処分にしたことを発表した。


 陳教授のセクハラ疑惑が明るみに出たのは今月。陳教授の下で博士課程に在籍していた女性が、12年前に同教授に性行為を強要されそうになったことを、中国版ツイッター(Twitter)の「ウェイボー(微博、Weibo)」に投稿したことがきっかけだった。

 現在、米国に住んでいるこの女性は、他にも被害者とみられる数人の証言を集め、セクハラを告発するハッシュタグ「#MeToo(私も)」運動に触発されたとして、中国語訳のハッシュタグ「#WoYeShi」を付けて投稿。


 セクハラへの抗議運動が大きく広がるきっかけとなった、被害を訴える投稿が相次いでいる事態を初めて目にしたときは「心の中で、me tooという声がした」と心情をつづり、中国国営英字紙・環球時報(Global Times)に対して、陳教授が他の学生1人を妊娠させていたことを知り、行動を起こすことを決意したと語っている。


 北京航空航天大学はウェイボーの公式アカウントで、陳氏の「行動は、教授としての職業倫理と行動規範に著しく反しており、不道徳な社会的影響を与えている」と述べている。(c)AFP


患者の肝臓に「焼き印」医師に罰金刑と社会奉仕活動 英


2018年1月13日 16:14 発信地:ロンドン/英国

患者の肝臓に「焼き印」医師に罰金刑と社会奉仕活動 英

病院で手術をする医師(2016年9月22日撮影、資料写真)。(c)AFP/Mahmoud ZAYYAT



【1月13日 AFP】英国の裁判所は12日、臓器移植の手術中に患者2人の肝臓の表面に自分のイニシャルの「焼き印」を入れていたことを認めていた同国の外科医(53)に対し、1万ポンド(約150万円)の罰金と12か月(計120時間)の社会奉仕活動を科した。



 サイモン・ブラムホール(Simon Bramhall)被告は、勤務していたイングランド中部バーミンガム(Birmingham)にあるクイーン・エリザベス病院(Queen Elizabeth Hospital)で2013年の2月と8月、手術中に麻酔をかけられている患者計2人の臓器にアルゴンビーム機器を照射して自分のイニシャルを刻んでいた。患者の肝臓の一つに同医師のイニシャルの焼き印が入っているのを同僚の医師が目撃していた。焼き印は4センチほどの大きさ。


 バーミンガム刑事法院のポール・ファーラー(Paul Farrer)判事は被告に対し、「あなたがしたことは職権乱用で、あなたに身を委ねた患者たちの信頼への裏切りだ」と非難。「いずれの移植手術も長時間を要し、困難を伴うもので、疲労やストレスで判断力が鈍っていたのかもしれないが、これほどの職業的な傲慢(ごうまん)さから生じた行為は犯罪の域だ」と述べた。


 2014年にクイーン・エリザベス病院を辞めたブラムホール医師は、昨年2月には英国の医療監督機関である英医事委員会(GMC)から警告を受けたが、現在はロンドン北郊のハートフォードシャー(Hertfordshire)にある英国民保健サービス(NHS)に勤務している。(c)AFP


中国沖で衝突・火災のタンカーで新たに爆発、日本のEEZ内に漂流


2018年1月13日 15:59 発信地:テヘラン/イラン

中国沖で衝突・火災のタンカーで新たに爆発、日本のEEZ内に漂流

中国沖で炎上するタンカー「サンチ」の消火活動に当たる中国の消防船。中国交通運輸省提供(2018年1月12日撮影、同日公開)。(c)AFP PHOTO / TRANSPORT MINISTRY OF CHINA



【1月13日 AFP】イランは12日、中国沖で貨物船と衝突し、炎上している石油タンカーで新たに爆発が発生し、救助活動が難航していると発表した。日本は漂流した同船が日本の排他的経済水域(EEZ)内に入ったと発表した。


 軽質原油13万6000トンを積んだイラン企業所有でパナマ船籍のタンカー「サンチ(Sanchi)」(全長274メートル)は6日、中国・上海の東160カイリの沖合で香港船籍のばら積み貨物船「CFクリスタル(CF Crystal)」と衝突し、炎上した。


 ほぼ全員がイラン人から成るサンチの乗組員の1人の遺体が発見されたほか、31人が行方不明となっている。イラン当局は不明者が船内の安全な区画に逃れ、無事でいることを祈っている。


 イラン都市開発・道路交通省の湾海海洋局(PMO)のハディ・ハグシェナス(Hadi Haghshenas)副局長は、12人から成る同国の精鋭救助隊が上海に到着しており、サンチに乗船できる条件が整うのを待っている状況だと述べた。


 ハグシェナス氏は「このタンカーは上海の港から約155マイル(250キロ)離れた事故現場から日本の海域に向かって流されており、現在は沖縄本島から約135マイル(217キロ)の位置にある」と述べた。


 日本はタンカーが日本のEEZ内に入ったことを受けて海上保安庁の巡視船を派遣したと発表した。海上保安庁の報道官によるとイランから日本に消火活動支援のためヘリコプターと固定翼機の派遣要請があり、日本が中国に支援を申し出たところ、中国側からこの事故は自国で対処すると返答があったという。


 この事故でイラン当局は中国の救助活動を批判してきた。中国の交通運輸省は11日、悪天候と原油の炎上による有毒ガスによって救助活動が難航していると発表した。


 ハグシェナス氏は、イランが雇ったオランダとドイツの火災対応の専門家2人が、現場で中国人救助隊員に助言していると述べた。(c)AFP


安倍首相がエストニア訪問、サイバー対策で連携 対北朝鮮圧力の必要性でも一致


2018年1月13日 10:33 発信地:タリン/エストニア

安倍首相がエストニア訪問、サイバー対策で連携 対北朝鮮圧力の必要性でも一致

エストニアの首都タリンで記者会見し握手する安倍晋三首相(左)とエストニアのユリ・ラタス首相(2018年1月12日撮影)。(c)AFP PHOTO / Raul Mee



【1月13日 AFP】日本の首相としてバルト3国と東欧諸国計6か国を初訪問する安倍晋三(Shinzo Abe)首相は12日、最初の訪問国エストニアに到着した。


 安倍首相はエストニアの首都タリンでケルスティ・カリユライド(Kersti Kaljulaid)大統領、ユリ・ラタス(Juri Ratas)首相と会談し、10年前に大規模なサイバー攻撃を受けて以来IT先進国としてこの分野に取り組んでいるエストニアと日本のサイバーセキュリティーに関する連携について話し合った。


 安倍首相は、ラタス両首脳はサイバー攻撃対策で連携を開始することを発表。ラタス首相は、日本は「タリンにある北大西洋条約機構(NATO)サイバー防衛研究所(Cooperative Cyber Defense Center of Excellence)にも間もなく貢献してくれるはずだ」と付け加えた。


 さらに安倍首相は報道陣に対し、北朝鮮の核武装を容認せず、北朝鮮への圧力を最大限に強めていく必要があるという点でラタス首相と一致したと述べた。


 中国が東欧との関係を強めている中、日本には同地域での存在感を高める狙いがあるとみられている。今回の安倍首相の訪問には、同地域との経済関係強化を図るため、30社を超える日本企業の代表団も随行する。


 安倍首相はエストニアに続けてラトビア、リトアニア、ブルガリア、セルビア、ルーマニアを歴訪する予定。今回安倍首相が訪問する6か国はいずれも、中国と毎年首脳会議を行っている中東欧の16か国に含まれている。(c)AFP/Polina Kalantar


模造品・海賊版販売、中国など世界各地で依然横行 USTR


2018年1月13日 9:45 発信地:ワシントンD.C./米国

模造品・海賊版販売、中国など世界各地で依然横行 USTR

イタリア・ベンティミリアの青空市場「金曜市場」で買い物をする人(2010年3月12日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / STEPHANE DANNA



【1月13日 AFP】米通商代表部(USTR)は12日、「悪評の高い市場(Notorious Market)」についての今年版の報告書を公表し、中国の電子取引大手アリババ(Alibaba)のネット販売サイト「淘宝網(タオバオ、Taobao)」や世界の公開市場で依然として模造品・海賊版商品の販売が横行していると指摘した。


 報告書は、インターネット上だけでなく南米、北米、欧州、欧州、アジアの物理的に存在する市場でも衣料品や時計、香水などの海賊版を容易に購入できるようになっており、模造品・海賊版の推定輸入額は世界の総輸入額の2.5%に相当する約5000億ドル(約56兆円)に上るとしている。


 アリババは淘宝網での不正商品販売を減らそうと一定の努力はしているものの「模造品・海賊版商品の掲載や販売の横行は依然として困難な課題であり続けている」(報告書)。産業界は中国を海賊版の主要供給源と見なしているが、同様の権利侵害はスウェーデンのファイル共有サイト「パイレートベイ(Pirate Bay)」など中国以外でも見られるという。


 報告書は、模造品・海賊版商品が販売されている物理的に存在する市場として、ハンドバックや財布の模造品が売られているというトルコ・イスタンブール(Istanbul)のグランドバザール(Grand Bazaar)や、年間2万個の模造品・海賊版商品が売られているというイタリア・ベンティミリア(Ventimiglia)の青空市場「金曜市場」、カナダ・オンタリオ(Ontario)州のパシフィックモール(Pacific Mall)などを挙げている。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)カルテットメンバー計300歳 記念コンサート開催


 メンバー4人の合計年齢が300歳を超える川崎市麻生区内の男性カルテットが、「300歳記念コンサート」を開く。グループ名は「かっこいいおじいちゃんたち」を意味する「グルービー・グランパーズ」。4人は「今後も力を合わせて歌の楽しさを伝えたい」と元気いっぱいです。


 4人は区内の男声合唱団に所属していたが、「気の合った仲間で自由に歌いたい」と2004年にカルテットを結成しました。


 トップテナーは筒井博史さん(69)。大学で混声合唱団に所属し、いくつかの市民合唱団にも参加してきた。セカンドテナーは西野力さん(68)で、学生時代はグリークラブで鍛えた。バリトンは菊谷泰夫さん(81)。学生時代に合唱団に所属し、その後、仕事が多忙のため中断したが、50歳から合唱団の活動を再開。バスは西田和夫さん(84)で、職場の合唱団に参加して以来、合唱活動を続けている。合計年齢はいま302歳となります。


 原則として毎週土曜日の午前中に練習している。得意曲は「斎太郎節」「少年時代」「ウィーンわが夢のまち」など。ポピュラー、民謡、黒人霊歌などジャンルは多岐にわたります。


 経歴も個性も異なるが、4人とも「歌が大好き」。菊谷さんは「あまり厳しく縛らず、楽しく歌ってきたので、長続きしている」と語る。


 コンサートは2回開く。21日午後1時から同区上麻生の昭和音楽大ユリホール、2月18日午後2時から同市高津区溝口の高津市民館大ホールで。入場料はいずれも千円。問い合わせは菊谷さん(090・5784・7005)。


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。


*音楽が好きな近郊の方は、ぜひ聞きほれて下さい。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国、患者の肝臓に「焼き印」、中国沖で衝突、安倍首相がエストニア訪問、模造品・海賊版販売、 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる