貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国工程院、ウチワサボテンが、クリスマスツリーの点灯式、この冬初の高波にサーファー、天皇陛下の退位日

<<   作成日時 : 2017/12/01 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中国工程院、新たに院士を選出 ビル・ゲイツ氏も


2017年12月1日 17:23 発信地:中国


中新社

中国工程院、新たに院士を選出 ビル・ゲイツ氏も

ビル・ゲイツ氏(2013年4月6日撮影、資料写真)。(c)CNS/張浩



【12月1日 CNS】中国の工業・技術分野における最高研究機関である中国工程院(The Chinese Academy of Engineering)は11月27日、北京(Beijing)で2017年に新たに会員である「院士」に選ばれた67人と外国籍の院士18人を発表した。外国籍の院士の中には、米国・マイクロソフト(Microsoft)創業者のビル・ゲイツ(Bill Gates)氏も含まれる。



 新たに選ばれた院士67人のうち、男性は63人(94%)、女性は4人(6%)。最年少は49歳、最年長は67歳で、平均年齢は56.37歳。大学関係者が31人(46.2%)、研究院関係者が18人(26.9%)、企業や病院などの関係者が18人(26.9%)だった。企業などで働く工学技術研究家や、長期間にわたって甘粛省(Gunsu)、チベット(Tibet Autonous Region)、新疆ウィグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)、内蒙古(Inner Mongolia)など西部辺境で活躍する優秀な専門家が含まれる。


 中国工程院の周済(Zhou Ji)院長は、「中国工程院院士は中国の工学・技術科学分野における、最高の学術称号である。院士に選ばれたことは、創造の終点ではなく、新しい創造へのスタートだ。自分たちが主導して創造のけん引者となり、革新的な国家の建設加速のため功績を挙げてほしい」と呼びかけた。


 中国工程院は、2017年から院士定員枠を増員。主宰する中国科学技術協会(China Association for Science and Technology)は学術団体などから候補者を選出し、計533人の候補者をノミネートしていた。(c)CNS/JCM/AFPBB News



※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


ウチワサボテンが食料危機の救世主か、国連食糧農業機関が見解


2017年12月1日 17:23 発信地:ローマ/イタリア


ウチワサボテンが食料危機の救世主か、国連食糧農業機関が見解

ウチワサボテンを収穫する男性、メキシコの首都メキシコ市にて(2007年10月18日撮影)。(c)AFP/OMAR TORRES



【12月1日 AFP】国連食糧農業機関(FAO)は11月30日、メキシコ料理に欠かせない食材の一つ、ウチワサボテンが世界の食料危機の大部分を救う答えになり得るとの見解を示した。


 FAOは声明で「大半のサボテンは食べられないが、オプンティア属のサボテンには食べられるものがたくさんある。野生ではなく農作物として扱われているものは特にそうだ」と述べ、サボテン料理の可能性を追求する方法について解説した本も出版した。


 FAOと非営利団体「国際乾燥地農業研究センター(ICARDA)」は、ウチワサボテンには人命を救う力があると考えており、2015年にマダガスカルを襲った干ばつでは「サボテンが現地の住民と家畜にとって決定的な食料・飼料・水分の供給源となったことが確認された」と強調している。


 サボテンは古代アステカ(Aztec)文明では聖なる植物とみなされ、現代でもメキシコの人々は食用、飲用から薬用、シャンプーにまで幅広く活用している。


 とげの生えた平たい形状が特徴的で、そこから突き出して生える赤い実がまるで指のようにも見えるウチワサボテンは、メキシコでは農園で大規模栽培され、一人当たりの消費量は年間6.4キロにもなる。


 また、地中海のシチリア(Sicily)島でもサボテンを食べるほか、ブラジルには総面積50万ヘクタールを超える飼料用サボテンのプランテーションもある。北アフリカやエチオピアでも植生が確認されている。


 消費価値に加え「乾燥した気候でも生育できるため、ウチワサボテンは食料安全保障の面で重要な存在となっている」とFAOは指摘。「果肉に水分を蓄えたサボテンは、井戸となる植物だ。1ヘクタール当たり最大180トンもの水を供給できる。成牛5頭が生き永らえるのに十分な量で、典型的な放牧地の生産力が著しく向上する」と説明している。


 また、サボテンは土壌の質も改善するため、オオムギのプランテーション栽培に貢献するほか、初期研究によれば温室効果ガスの排出削減にも効果があるという。(c)AFP


クリスマスツリーの点灯式、盛大な花火でお祝い レバノン


2017年12月1日 17:21 発信地:ビブロス/レバノン


クリスマスツリーの点灯式、盛大な花火でお祝い レバノン

レバノンの首都ベイルート北方にある地中海沿岸都市ビブロスで行われたクリスマスツリーの点灯式、打ち上げられた花火を携帯電話で撮影する人々(2017年11月30日撮影)。(c)AFP/JOSEPH EID



【12月1日 AFP】レバノンの首都ベイルート北方にある地中海沿岸都市ビブロス(Byblos)で11月30日、盛大な花火と共にクリスマスツリーの点灯式が行われた。(c)AFP


この冬初の高波にサーファー集う ハワイ・オアフ島


2017年12月1日 17:03 発信地:ハワイ州/米国


この冬初の高波にサーファー集う ハワイ・オアフ島
 


米ハワイ州オアフ島北部ハレイワで、この冬シーズン初の高波に乗るサーファーのマカナ・パン氏(2017年11月29日撮影)。(c)AFP/Brian Bielmann



【12月1日 AFP】米ハワイ州オアフ(Oahu)島北部ハレイワ(Haleiwa)で11月29日、一流サーファーたちが今冬のシーズン初となるチューブ型の高波を楽しんだ。(c) AFP


天皇陛下の退位日、2019年4月30日に決定


2017年12月1日 15:21 発信地:東京


天皇陛下の退位日、2019年4月30日に決定

東京都内の宮内庁で、天皇陛下の退位日決定に向けて開かれた皇室会議(2017年12月1日撮影)(c)AFP/TORU HANAI



【12月1日 AFP】安倍晋三(Shinzo Abe)首相は1日、天皇陛下が退位される日程について、2019年4月30日に決定したと発表した。


 天皇の生前退位は、長く続く日本の天皇制の歴史で約200年ぶり。安倍首相は1日に皇室会議を開いた後、記者会見し、退位の日程が決まったことに「深い感慨を覚えている」と述べた上で、政府としても陛下の退位と皇太子さまの即位が「国民の祝福の中でつつがなく行われるよう全力を尽くしていく」と語った。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)よい年へ、破魔矢作り佳境 鎌倉・鶴岡八幡宮で迎えています。


新年を前に、鎌倉市鶴岡八幡宮で正月の縁起物、破魔矢作りが佳境を迎えている。巫女(みこ)らは矢柄の先に木製の鏑(かぶら)を差し込み、コンコンとたたいて固定。矢羽根の近くに鈴を付け、中央部に和紙を巻いて1本ずつ丁寧に仕上げていました。


 2月から始まった作業は12月中旬まで続き、長さ60センチ(1千円)と94センチ(2千円)の2種類を例年並みの計24万5千本用意する。毎年ほぼ売り切れるといいます。


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。


*鎌倉八幡宮へは、正月にお参りに行ったことがありますが、兎も角規制されて、前に進めないし大変な思いをしたことがありますが、破魔矢の本数も凄いですねー。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国工程院、ウチワサボテンが、クリスマスツリーの点灯式、この冬初の高波にサーファー、天皇陛下の退位日 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる