貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 米韓、「新日中辞典」、仏のろう人形館、アンコールワットから、夜空にひときわ、セクハラ疑惑のレバイン氏

<<   作成日時 : 2017/12/04 18:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米韓、軍事演習を開始 過去最大規模


2017年12月4日 17:02 発信地:光州/韓国

米韓、軍事演習を開始 過去最大規模

韓国・光州の韓国空軍基地の上空を飛行する米軍のF22ステルス戦闘機(2017年12月4日撮影)。(c)AFP/YONHAP



【12月4日 AFP】米韓両軍は4日、韓国で過去最大規模の合同軍事演習を開始した。ステルス戦闘機「F22ラプター(Raptor)」を含む戦闘機230機余りが参加する。先月29日に米全土が射程に入るとされる新型の大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った北朝鮮は、この軍事演習について「全面的な挑発」と非難している。(c) AFP


「新日中辞典」改訂版出版に向けシンポジウム 中国・大連


2017年12月4日 16:41 発信地:中国

中新社

「新日中辞典」改訂版出版に向けシンポジウム 中国・大連

大連で行われた出版シンポジウムの会場(2017年11月27日撮影)。(c)CNS/董鴻毎



【12月4日 CNS】改訂版が今年出版される『新日中辞典(改訂版)』に関連したシンポジウムが11月27日、中国・大連外国語大学(Dalian University of Foreign Languages)で行われ、外国語言語・文学学科の専門家や辞典編さん者が集まり、外国語辞典編さんの意義の解釈・分析、改訂原則などの問題について研究・討議を行なった。遼寧人民出版社(Liaoning Peoples Publishing House)、中国日本語教学研究会による共催。



『新日中辞典』は、中国語を母国語とする日本語学習者に大きな影響力を与え、最も歓迎を受けている日本語の指南書だ。初版は1979年出版。大連外国語学院・日本語学部は2007年9月、辞典改訂版の編さん委員会を設立し、日本語教師や日本人の専門家、研究生など約160人が改訂作業に参加。10年の努力を経て今年、改訂版が出版される。


『新日中辞典(改訂版)』の陳岩(Chen Yan)編集長は、辞典の改訂状況について、『新日本辞典』を基礎として全面的に改訂したと説明。総字数は約120万字増え、改訂率は55%程度という。「日本語の指南書としてより多くの単語を集め、意義の解釈に対する正確性や例証の習得など、日本語に携わる人や学習者の要求に応えていると思う」と話した。


 シンポジウムでは、実践的な活用や編集形式の基準、意義の解釈の上での原則、声調の注釈などについて議論を深め、外国語辞書編さんの最前線で直面するさまざまな課題について情報交換を行った。(c)CNS/JCM/AFPBB News



※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


仏のろう人形館、各国首脳や俳優がクリスマス柄のセーター着て登場


2017年12月4日 15:45 発信地:パリ/フランス

仏のろう人形館、各国首脳や俳優がクリスマス柄のセーター着て登場

フランス・パリのグレバンろう人形館で、クリスマス柄のセーターを着たドナルド・トランプ米大統領(左)とアンゲラ・メルケル独首相のろう人形(2017年12月1日撮影)。(c)AFP/BERTRAND GUAY



【12月4日 AFP】フランス・パリのグレバン(Grevin)ろう人形館で1日、クリスマス柄のセーターを着た各国首脳や俳優などのろう人形がお目見えした。(c)AFP


アンコールワットから盗難の黄金の装飾品、英国からカンボジアに返還


2017年12月4日 14:09 発信地:プノンペン/カンボジア

アンコールワットから盗難の黄金の装飾品、英国からカンボジアに返還

カンボジアの首都プノンペンで公開されたクメール王朝期の黄金の装飾品(2017年12月2日撮影)。(c)AFP/TANG CHHIN SOTHY



【12月4日 AFP】1970年代のカンボジア内戦中にアンコールワット(Angkor Wat)の遺跡群から略奪され、昨年英国で発見された黄金の装飾品10点が2日、カンボジアに返還された。


 返還されたのは王冠、耳飾り、腕輪、胸飾りなどの装飾品。内戦の混乱に乗じて盗まれて以降、所在が分からなくなっていたが、昨年になって英ロンドンの美術商のオンラインカタログに掲載されているのが見つかった。


 一連の装飾品は現在のカンボジアからタイ、ベトナム、ラオス一帯を9〜15世紀に支配したクメール王朝(Khmer Empire)時代のものと考えられている。


 英国での発見を受け、カンボジア政府は本国への返還を要請。専門家の協力を得て、1年以上かけて真贋(しんがん)の判定を行ってきたという。(c)AFP


夜空にひときわ明るく大きなスーパームーン、世界各地で観測


2017年12月4日 13:39 発信地:その他

夜空にひときわ明るく大きなスーパームーン、世界各地で観測

ミャンマーの最大都市ヤンゴンで、高速道路の上空に上がったスーパームーン(2017年12月3日撮影)。(c)AFP PHOTO / Ye Aung THU



【12月4日 AFP】世界各地で3日、月が地球に最も近づき、満月がひときわ大きく見える「スーパームーン(Supermoon)」が観測された。(c) AFP


セクハラ疑惑のレバイン氏、今季出演中止 米メトロポリタン歌劇場


2017年12月4日 12:17 発信地:ニューヨーク/米国

セクハラ疑惑のレバイン氏、今季出演中止 米メトロポリタン歌劇場

仏パリのコンサートホール「サル・プレイエル」で、ボストン交響楽団とのリハーサルに臨むジェームズ・レヴァイン氏(2007年9月4日撮影、資料写真)(c)AFP/MIGUEL MEDINA



【12月4日 AFP】(更新)米ニューヨークのメトロポリタン歌劇場(Met)は3日、不適切な性的行為を繰り返していた疑惑が浮上した同歌劇場の名誉音楽監督を務める著名指揮者、ジェームズ・レバイン(James Levine)氏(74)について、今季のプログラムから外すと明らかにした。


 世界有数のオペラハウスであるMetによると、レバイン氏は今季いっぱいMetの公演には出演しない。また、Metはこの問題の調査を元米連邦検事に依頼したという。


 Metのピーター・ゲルブ(Peter Gelb)総裁は「一連の最新報道を受け、Metは調査結果を待つ一方、ただちに行動することを決めた」と声明で発表。「影響を受けたすべての人にとって悲劇だ」と述べた。


 ゲルブ総裁によると、Metは今回の一件の調査を元ニュージャージー地区連邦検事で、1990年代に「ユナボマー(Unabomber)」の異名で呼ばれた男が起こした連続郵便小包爆弾事件を扱ったことで知られるロバート・J・クリアリー(Robert J. Cleary)氏に依頼したという。


 レバイン氏は40年にわたりMetで音楽監督を務め、2015〜16年のシーズン末にパーキンソン病のため退任した後も名誉音楽監督として指揮棒を振ってきた。


 しかし、米紙ニューヨーク・ポスト(New York Post)は2日、現在48歳になる男性が昨年、イリノイ州警察にレバイン氏を性的虐待で告発していたと報じた。この男性は、15歳だった1985年から何年にもわたってレバイン氏に性器を触られたり目の前で裸になって自慰行為をされたりするなどの性的虐待を受け、自殺を考えるところまで思い詰めたと訴えているという。


 Metによれば、昨年の時点でレバイン氏にこの告発内容について尋ねたが、レバイン氏は否定していた。また、Metではレバイン氏が音楽監督在任中に複数の疑惑があったことを認識していたという。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)2万2千人が海岸を快走 湘南国際マラソンが3日に!


 第12回湘南国際マラソン(朝日新聞社など後援)が3日あり、約2万2千人のランナーが湘南海岸沿いのコースを走り抜けた。富士山がくっきりと見え、風も弱い好コンディションのなか、完走や自己記録の更新などそれぞれの目標に挑んだ。


 午前8時45分に車いすの部からスタートし、ハーフマラソンや10キロなど各部門が続いた。約1万7千人が参加したフルマラソンは全員がスタートするまで20分余りかかった。上位を目指して勢いよく走り出す選手の一方、パンダやサンタクロースの着ぐるみで楽しむ人も。


 男子フルマラソンは川崎市職員の須崎裕也さん(24)が自己ベストを6分近く更新して2時間25分39秒で初優勝。「ずっときつかったですが沿道や職場の上司の応援がうれしかった」。川崎市内の自宅から職場まで毎朝17キロを走って通勤しているという。


 女子は昨年2位だった横浜市のプログラマー小野千愛さん(37)が念願の初優勝。家事の前に朝4時半から2時間ほど練習するという。昨年のタイムを約3分更新する2時間55分57秒でゴールし、「来年もこれよりいいタイムで走りたい」と笑顔で話しました。


「めざせ完走」専門家が指導 新設トレーニング枠 90人参加


 専門家の指導を受けてフルマラソン完走をめざす新設の「トレーニング枠」には20代から60代の男女約90人が参加した。7月から9回にわたり合同練習に励み、スタートラインに立った。


湘南ベルマーレトライアスロンチームの中島靖弘監督(52)がコーチを務めた「ランニングクリニック」が実施された。砂浜でのランニングや、フォームチェックなどの実技の他、マラソン栄養学などの座学も受けた。個人練習では、共通のランニングアプリを使って練習記録を投稿。互いに「いいね!」やコメントを付け、励まし合った。


 「同じ目的を持って一緒にやってきて、絆も深まっている」と中島コーチ。出走前のテントでは「最後まで楽しく」などと寄せ書きし、おそろいのTシャツを着て本番に挑んだ。


 初のフルマラソンに挑んだ藤沢市の河野恵子さん(69)は定年退職後、10キロ以上体重が増え、血圧や血糖値も上がった。健康のため62歳から走り始め、ジムや屋外で週4回ほど汗を流す。血圧などの数値はすべて正常になったという。


 これまで出場した大会の最長はハーフマラソンだったが、「おてんばなおばあちゃんの挑戦を家族が応援してくれた」とトレーニング枠に応募。目標は完走と控えめだったが、約5時間20分で走り切った。「教わった通り、スタートで飛び出さず自分のペースを守った。元気で長生きじゃないと……」。来年は古希の記念にホノルルマラソンに挑戦するという。


東京都大田区から参加した松前貴子さん(46)は、「同じTシャツの仲間に声をかけて、自分も元気をもらえた」とレースを振り返った。「クリニックで教えてもらったことはもちろん、何よりも仲間ができたことが大きな励みになりました」と満面の笑みを見せました。


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。


*やはり健康が一番ですし、常日頃の練習が大切です。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米韓、「新日中辞典」、仏のろう人形館、アンコールワットから、夜空にひときわ、セクハラ疑惑のレバイン氏 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる