貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS トランプ政権の米、「歩行者優先」、高温で特産の茶葉が、考古学史上、地球は生命に適した「特別な惑星」

<<   作成日時 : 2017/08/01 18:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

トランプ政権の米「泥棒政治」と見られる恐れ 前倫理局長が苦言


2017年08月01日 16:38 発信地:ワシントンD.C./南アフリカ




トランプ政権の米「泥棒政治」と見られる恐れ 前倫理局長が苦言米首都ワシントンのホワイトハウスで行われた米軍最高位の勲章「名誉勲章」の授与式に出席したドナルド・トランプ大統領(2017年7月31日撮影)。(c)AFP/JIM WATSON




【8月1日 AFP】米国はドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の下で、少数の権力者が公金を横領して私腹を肥やす「クレプトクラシー(泥棒政治)」の国と見なされかねない──。トランプ大統領の利益相反問題を批判し続け、先ごろ米政府倫理局(OGE)局長を辞任したウォルター・シャウブ(Walter Shaub)氏は、7月31日付の英紙ガーディアン(Guardian)のインタビューでそんな危機感をあらわにした。


 シャウブ氏はトランプ氏の行動について「大統領職から利益を得ているという印象を生み出しており、その印象がすべてだ」と指摘。「トランプ氏が利益のために意図的に大統領職を利用しているのかどうか、尋ねまわらなければならないこと自体が悲惨だ。そうした印象は政府の信頼を損ねている」と苦言を呈した。


 さらに、トランプ氏のこうしたイメージのせいで「米国がクレプトクラシー呼ばわりされ始める恐れもある」との見解を示し、米国にとって不当な評価につながりかねないと懸念している。


 トランプ氏に関しては、違法行為はしていないようだが「その決定が政策的な目的に基づくものなのか、それとも自らの事業に関わる利益のためなのかが分からない」点が問題だと改めて強調した。


 トランプ氏は今年1月の大統領就任に当たり、保有する広大な不動産やゴルフ場などの資産を長男のドナルド・ジュニア(Donald Trump Jr)氏が管理する信託に移管。しかし、就任後も週末をたびたび自身のゴルフ場施設で過ごし、首都ワシントン(Washington D.C.)にある高級ホテル「トランプ・インターナショナル・ホテル(Trump International Hotel)」で夕食を取ることもあった。


 同ホテルは米政府からリースされた建造物で運営されている。シャウブ氏はトランプ氏が連邦政府からリースされている形のホテルを運営するのは「非常に不適切だ」と述べ、「大統領であるならば米政府とビジネスをするべきではない」と批判している。(c)AFP


「歩行者優先」交通安全運動を実施 山西


2017年08月01日 15:00 発信地:中国




「歩行者優先」交通安全運動を実施 山西「歩行者に道を譲れば、あなたに『いいね!』を送りましょう」と書かれたカード(2017年7月27日撮影)。(c)CNS/李泓暁




【8月1日 CNS】「歩行者に道を譲ろう」をテーマに、中国・山西省(Shanxi)運城市(Yuncheng)万栄県(Wanrong)の交通警察は27日、県内の十字路で交通安全の宣伝活動を行った。


 交通警察は横断歩道上に立ち、「歩行者に道を譲れば、あなたに『いいね!』を送りましょう」「歩行者に道を譲って、マナーのいい運転手になろう」といった標語が書かれたカードを持って、交通安全を呼びかけ、通行中の運転手や歩行者に「歩行者優先」の習慣を身に付けてもらうよう働きかけた。(c)CNS/JCM/AFPBB News


※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


高温で特産の茶葉が「丸焦げ」 杭州


2017年08月01日 13:30 発信地:中国




高温で特産の茶葉が「丸焦げ」 杭州中国・杭州市で、猛暑が続いたために枯れた茶樹(2017年7月27日撮影)。(c)CNS/王遠




【8月1日 CNS】中国・杭州市(Hangzhou)特産の緑茶、龍井茶(Longjing Tea)の樹々の間に、変色した葉が大量に落ちている。


 杭州市では、猛暑が続いた影響で、「西湖龍井茶(Xihu Longjing)」一級保護区内のいくつかの特定品種と、樹齢がまだ短く、根が浅い茶樹などに、程度が異なる葉焼けの被害が見つかった。(c)CNS/JCM/AFPBB News


※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


考古学史上「最大」300キロの銅鼓


2017年08月01日 10:45 発信地:中国




考古学史上「最大」300キロの銅鼓広西民族博物館で展示されている「銅鼓王」(2017年7月25日撮影)。(c)CNS/ユ靖




【8月1日 CNS】中国・広西民族博物館(Anthropology Museum Of Guangxi)で展示されている「銅鼓王」と呼ばれる大きな銅鼓に、多くの来館者が足を止めている。


 この「銅鼓王」は広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)北流市(Beiliu)で出土したもので、直径1.65メートル、重さは約300キロ。「雲雷紋」と呼ばれる紋様が施されている。


 国家鑑定委員会の鑑定によれば、この銅鼓は世界の考古学史上で最も大きな銅鼓だという。(c)CNS/JCM/AFPBB News


※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。


地球は生命に適した「特別な惑星」、研究


2017年08月01日 10:06 発信地:パリ/フランス




地球は生命に適した「特別な惑星」か、研究気象衛星ひまわり9号が捉えた地球(2017年1月24日撮影)。(c)AFP/JAPAN METEOROLOGICAL AGENCY




【8月1日 AFP】地球は、生命の基本要素である液体の水を保持できるという点で異色の存在だとする研究結果が7月31日、発表された。地球外生命体の探査に大きな打撃を与える結果だ。


 太陽に似た恒星を周回している太陽系外の惑星は、進化の過程で水が豊富に存在する段階を経る可能性が高いとする説がある。


 初期の地球のように氷に覆われ、生命のいない惑星が「ゴルディロックス・ゾーン(Goldilocks Zone)」と呼ばれるちょうど適切な距離にある軌道を周回している場合には、若くて暗い主星の温度が上昇し始め、太陽に似た状態になると、表面の氷が溶けて、水が豊富な段階に入ると考えられる。


 木星の衛星エウロパ(Europa)や土星の衛星エンケラドス(Enceladus)などの太陽系内にある氷に覆われた天体や、他の恒星系にある「系外惑星」などは、この段階を経て生命生存可能な状態になる可能性があると、この説は主張している。


 だが、英科学誌ネイチャー・ジオサイエンス(Nature Geoscience)に掲載された論文によれば、これが実現する可能性は、これまで考えられていたよりも低いという。


 中国・北京大学(Peking University)のヨウ・ジュン(Jun Yang)氏と研究チームは、氷に覆われた惑星の進化をシミュレートするために、複数の気候モデルを使用した。


 この結果、地球の特徴の一つである大気中の温室効果ガスが存在しなければ、惑星を覆う氷を溶かすのに必要なエネルギーの値が非常に高くなるため、氷の惑星は生命存在に適した中間段階を経ずに、凍結した世界から灼熱(しゃくねつ)の世界へと一気に移行すると考えられることが分かった。


「惑星初期の全面凍結(スノーボール)状態を乗り越えるのに必要な主星のエネルギー放射が非常に大きいため、大規模な蒸発散を引き起こし、生命生存可能な惑星となるのを不可能にする」と、研究チームは論文に記している。


 これは、氷に覆われた天体の一部が、地球に似た生命生存可能な段階を経ない可能性があることを示唆するものだ。


 また、エウロパやエンケラドスなどの太陽系内の氷天体をめぐっては、数十億年後に太陽が赤色巨星となり、超高温の熱を発する段階に達するまでのどこかの時点で、氷の塊から火の玉に姿を変える可能性が高いとされた。


 他方で、地球は約6億〜8億年前、全体が氷に覆われた全球凍結状態の間に火山の噴火で放出された大気中の温室効果ガスによる温暖化作用のおかげで、氷が適度に溶けた氷惑星の一例だと、研究チームは指摘した。


 これは、氷が溶けるのに必要な太陽エネルギーがより小さかったことで、地球が温暖な中間段階に達することができた可能性があることを意味する。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


藤沢・横浜、約4万世帯に避難勧告 神奈川県で大雨に!


神奈川県では1日午後から各地で激しく雨が降り、横浜地方気象台によると1日午後3時10分現在、1時間あたりの雨量は大磯町で約60ミリ、横浜、平塚、綾瀬各市で約50ミリに達しました。


 同県によると、午後3時までの1時間あたりの雨量は海老名市で最大120ミリに達しました。午後3時20分現在、横浜市戸塚区の宇田川の観測所など県内4河川の5カ所で、避難勧告の発令目安となる氾濫(はんらん)危険水位に達しています。


藤沢市は午後4時25分、市内の5地区、計約3万8千世帯に避難勧告を発令。横浜市も午後4時5分までに、同市鶴見区や港北区など計2929世帯に避難勧告を、同市旭区の計153世帯には避難準備情報をそれぞれ発令している。また、小田急小田原線は相武台前―海老名間で上下線の運転を一時見合わせたまし。


 同県海老名市では冠水で車のドアが開かなくなり、40代の男性が一時車内に閉じ込められました。市消防本部によると、当時、現場の水位は数十センチほどだったとみられて、男性にけがは無かった。


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。


*不安定な天候が続いていますので、外出には天気予報とにらめっこして、充分な雨具の用意と危険な場所には行かないようにしましょう。命あってのものです!











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トランプ政権の米、「歩行者優先」、高温で特産の茶葉が、考古学史上、地球は生命に適した「特別な惑星」 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる