貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 太陽観測衛星SDO、巨大「チェス盤」、双子パンダ1歳、ネアンデルタール人、満月の夜、ブラジル「美尻」

<<   作成日時 : 2017/08/08 17:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

太陽観測衛星SDOが見た磁場の活動領域「AR12665」 NASA


2017年08月08日 16:18 発信地:その他




太陽観測衛星SDOが見た磁場の活動領域「AR12665」 NASA米航空宇宙局(NASA)が公開した太陽の磁場の活動領域「AR12665」の画像(2017年7月5日撮影、同年8月7日提供)。(c)AFP/NASA




【8月8日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は7日、太陽観測衛星「SDOSolar Dynamics Observatory)」が先月5日に捉えた太陽の強烈で複雑な磁場の活動領域の画像を提供した。この領域は活動を強めながら太陽の表面を横切り、先月17日にSDOの観測範囲外に抜けた。


 複雑な磁場を伴う黒点はしばしば興味深い太陽活動の源となる。太陽表面を横切る13日間の旅の途中、「AR12665」と呼ばれるこの活動領域は、数回の太陽フレア(太陽面爆発)のほか、突発的に大量のプラズマを放出するコロナ質量放出(CME)と、太陽放射線(太陽高エネルギー粒子)の強度が突然急上昇する太陽高エネルギー粒子現象(SEP現象)を1度ずつ引き起こした。(c)AFP


動画:巨大「チェス盤」で再現、ナポレオンとロシア軍の戦い


2017年08月08日 15:30 発信地:ボロジノ/ロシア








【8月8日 AFP】ロシアの首都モスクワ(Moscow)西方にあるボロジノ(Borodino)で6日、フランス皇帝ナポレオン(Napoleon)の遠征軍と帝政ロシア軍が激戦を繰り広げた1812年の「ボロジノの戦い」を巨大な「チェス盤」で再現するイベントが行われた。(c)AFP


動画:双子パンダ1歳の誕生祝い、1頭は寝ていて姿見せず オーストリアの動物園


2017年08月08日 15:28 発信地:ウィーン/オーストリア








【8月8日 AFP】オーストリアの首都ウィーン(Vienna)にあるシェーンブルン(Schoenbrunn)動物園で7日、自然妊娠で誕生した双子のパンダ、雌の「福鳳(Fu Feng)」と雄の「福伴(Fu Ban)」が1歳の誕生日を迎えた。映像は、母親パンダの陽陽(Yang Yang)と福伴。福鳳は誕生祝いに興味が湧かなかったようで、反対側で寝ていたという。(c)AFP


ネアンデルタール人はもっとたくさんいた? 新たなDNA解析手法で新説


2017年08月08日 13:24 発信地:マイアミ/米国




ネアンデルタール人はもっとたくさんいた? 新たなDNA解析手法で新説現在のスペインのエルシドロンに当たる地域に住んでいたネアンデルタール人の上顎骨の化石。一部に歯石を確認できる(2017年3月7日提供)。(c)AFP/Paleoanthropology Group MNCN-CSIC



【8月8日 AFP】新たなDNA解析手法により、はるか以前に絶滅したネアンデルタール人に関する通説が書き換えられつつあるとする研究論文が7日、発表された。


 これまでの研究では、ネアンデルタール人が姿を消しつつあった約4万年前には、地球上に約1000人しか生存していなかったことが示唆されてきた。


 だが、米科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された論文は、今回の研究によって、その数はそれよりもはるかに多い数万人に上っていた可能性があり、欧州各地に孤立した集団として生存していたことが明らかになったとしている。


 遺伝的な手掛かりの一つは、ネアンデルタール人のDNAに、通常遺伝的多様性が乏しい小規模集団で生じる複数の変異が含まれていることだ。また、異なる地域で発見されたネアンデルタール人の遺骨は、遺伝的にも異なっている。


 論文の共同執筆者で、米テキサス大学(University of Texas)MDアンダーソンがんセンター(MD Anderson Cancer Center)博士研究員のライアン・ボーレンダー(Ryan Bohlender)氏は、「島のように地理的に孤立した複数の小規模集団がいて、時には交流があったものの、島から島へ移動するのは困難だったと考えられる」、「そのため彼らは自身の集団にとどまる傾向があった」と語っている。


 今回の研究では、デニソワ人(Denisovans)として知られる謎の人類種からネアンデルタール人が枝分かれしたのは約74万4000年前であることも判明した。これは、他の論文の推定よりもはるかに早い。その後、ネアンデルタール人の数は数万人に増えたと研究チームは考えている。


 論文の主執筆者で、米ユタ大学(University of Utah)のアラン・ロジャース(Alan Rogers)教授(人類学)は、「この仮説は通説に反しているが、通説より理にかなっている」と述べ、ネアンデルタール人の遺骨が多くの場所で多数発見されていることに触れ、「もし世界中に1000人しかいなかったとしたら、これほど多いとは想像もつかないだろう」と語っている。(c)AFP


満月の夜、世界各地で部分月食


2017年08月08日 12:05 発信地:その他




満月の夜、世界各地で部分月食フランス南部ニースで見られた部分月食(2017年8月7日撮影)。(c)AFP/YANN COATSALIOU



【8月8日 AFP】7日から8日にかけて、世界各地で満月が欠けて見える部分月食が見られた。フランス、インド、インドネシア、イスラエル、パキスタン、トルコでAFPのカメラが捉えた部分月食を紹介する。(c)AFP


ブラジル「美尻」コンテスト、州代表が勢ぞろい 左脚切断モデルも


2017年08月08日 09:32 発信地:サンパウロ/ブラジル



ブラジル「美尻」コンテスト、州代表が勢ぞろい 左脚切断モデルもブラジル・サンパウロで行われた「ミス・ブンブン・ブラジル2017」のプロモーション。中央はトカンチンス州代表のルビア・マチャドさん(2017年8月7日撮影)。(c)AFP/Nelson ALMEIDA





【8月8日 AFP】ブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)で7日、国内一の「美尻」を競うコンテスト「ミス・ブンブン・ブラジル(Miss Bumbum Brasil)2017」の各州代表が水着姿で街を歩き、プロモーションを行った。本選は11月6日に行われる。


 松葉づえを突いて参加したのは、トカンチンス(Tocantins)州代表のルビア・マチャド(Rubia Machado)さん。以前交際していた男性に車でひかれ、左脚を切断したという。現在、モデルとして活躍している。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)高校生が市長に提言 平塚スクール議会が開催


平塚市内の高校生が、落合克宏市長に質問や提言をする「ひらつかスクール議会」が7日、市役所で開かれ、全国有数の七夕まつりや商店街の魅力アップなどについて質疑を交わしました。


 平塚青年会議所が呼びかけ、高校生28人が参加しました。テーマ別に三つの委員会に分かれて、7月下旬に市内を歩いたり、関係者の話を聴いたりして、「議会」に臨んだ。


 質問に立った平塚学園高校2年の高橋麻衣さんは、七夕飾りの製作者が高齢化して、飾りが減少している現状を指摘し、対策をただした。高浜高校3年の葛西由規さんは「商店街の情報が若者に知られていない」と訴えました。


 落合市長の答弁後、「七夕まつり」の委員会は小学生から大学生による「平塚七夕学生連合」を結成して、飾りを製作して盛り上げることを提言。「中心商店街」の委員会はパンフレットの電子化やSNSでの情報拡散などを提案しました。


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。


*確かに七夕まつりの飾りが毎年、簡素化されて味気がないような気がしないでもないので、これも作り手が高齢化の理由でもあるかも知れません。もっと若い人と一緒に組んでいけば、もっと斬新的な飾りが出来そうです。頑張って下さい。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
太陽観測衛星SDO、巨大「チェス盤」、双子パンダ1歳、ネアンデルタール人、満月の夜、ブラジル「美尻」 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる