貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 釣りエサから奇跡?動物愛護訴え、R・ストーンズのロニー・ウッド、エルベ川上空で、気分はタイムスリップ

<<   作成日時 : 2017/08/07 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

釣りエサから奇跡の担い手に? ゴカイがヒトの代替血液に貢献の可能性


2017年08月07日 15:55 発信地:プロムール/フランス




釣りエサから奇跡の担い手に? ゴカイがヒトの代替血液に貢献の可能性フランス西部プロムールにある養魚場「アクアストリーム」で顕微鏡観察された海ゴカイ(2017年6月8日撮影)。(c)AFP/LOIC VENANCE




【8月7日 AFP】暗いピンク色のぬめぬめした食べられない生き物──ゴカイの使い道といえば、何世紀にもわたって釣りエサだけだった。しかしフランスの研究チームによって、その血液に類まれな酸素運搬能力があることが判明した。活用すれば人間の血液の代用物として、人命を救ったり、手術後の回復を速めたり、移植患者の役に立ったりする可能性があるという。


 フランス西部ブルターニュ(Brittany)地方の海岸線にある養魚場「アクアストリーム(Aquastream)」の生物学者グレゴリー・レイモン(Gregory Raymond)氏は「ゴカイのヘモグロビンはヒトのヘモグロビンの40倍以上の酸素を肺から各組織に運ぶことができる」「また、すべての血液型に適合できるという利点もある」と語る。


 レイモン氏率いるチームは2015年、バイオ技術企業Hemarinaと提携した。今ではこの養魚場で毎年130万匹以上のゴカイを生産している。


 医療の世界がゴカイに関心を持ったのは2003年。欧州で狂牛病が大流行し、世界中でHIV(ヒト免疫不全ウイルス)がまん延したことで血液の供給に影響が出始めた年のことだった。


 動物のヘモグロビンをヒトのヘモグロビンの代用とする際の問題点は、アレルギー反応を引き起こし、腎臓を損傷する恐れがあることだ。しかしゴカイの場合、ヘモグロビンは血中に溶けて存在し、ヒトのように赤血球に含まれているわけではない。つまり、血液型が問題とならない。一方でその成分は、ヒトのヘモグロビンとほぼ同じだ。


 2006年には大掛かりな研究が行われ、ゴカイの可能性が実証された。酸素を豊富に含んだゴカイの血液が人体に安全なことが証明されれば、敗血性ショックに対処でき、移植用臓器の保存にも役立つ。


 2015年、この代用血液の臨床試験が始まった。2016年、ゴカイのヘモグロビンはフランス西部ブレスト(Brest)の病院でヒトの腎移植10例に使用された。現在フランス全土で60人の患者がこの臨床試験に参加している。


 ゴカイのヘモグロビンの秘密は、波打ち際の砂の中に潜るなど極限環境でも生き延びることができるゴカイの能力にある。ゴカイは体長約25センチにまで成長し、体の側面にはえらが複数ついている。満潮時に海の底に沈んでいる間に多量の酸素を蓄え、干潮で水から出ても8時間以上も生き延びることができる。


 ゴカイのヘモグロビンの潜在力に研究者らは沸いている。その一方で人体に安全かつ有効と認めるには厳格な試験を経なければならないとも指摘した。


 レイモン氏は「ゴカイから抽出した細胞外ヘモグロビンの特性は、移植した皮膚の保護や骨再生の促進に役立つばかりか、万能血液の誕生につながる可能性もある」と述べている。


 この構想が実現すれば、ゴカイの血液を使って、移植用臓器を体外でより長い時間生かしておくことが可能になり、大勢の移植患者を救う可能性もある。いつの日か凍結乾燥されたゴカイの血液が、通常の輸血用血液の重要な代替品となり、戦場や災害現場で役立つかもしれない。(c)AFP/Wafaa ESSALHI


動物愛護訴えデモ行進、水遊びする犬も コスタリカ


2017年08月07日 14:34 発信地:サンホセ/コスタリカ




動物愛護訴えデモ行進、水遊びする犬も コスタリカコスタリカの首都サンホセで行われたデモ行進に飼い犬と共に参加する人びと(2017年8月6日撮影)。(c)AFP/Ezequiel BECERRA



【8月7日 AFP】中米コスタリカの首都サンホセ(San Jose)の大通りで6日、動物保護団体や環境活動家らによる動物愛護を訴えるデモ行進が行われた。


 コスタリカでは最近、動物を不当に扱った者に禁錮1年以下の刑を科す法律が承認され、今回のデモではその順守が訴えられた。行進中には、ボランティアの獣医師から錠剤をもらったり、プールで遊んだりする犬たちの姿が見られた。(c)AFP


R・ストーンズのロニー・ウッド、「がん性病変で緊急手術」告白


2017年08月07日 14:17 発信地:ロンドン/英国




R・ストーンズのロニー・ウッド、「がん性病変で緊急手術」告白米ニューヨークで英ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズをテーマにした企画展「エキシビショニズム」のオープニングに出席したギタリストのロニー・ウッドさんと妻のサリーさん(2016年11月16日撮影)。(c)AFP/ANGELA WEISS




【8月7日 AFP】英ロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ(The Rolling Stones)」のギタリスト、ロニー・ウッド(Ronnie Wood)さん(70)が6日、がん性の病変が肺に見つかり、除去する緊急手術を今年に入ってから受けていたことを公表した。


 英紙デーリー・メール(Daily Mail)日曜版に掲載された記事で、ウッドさんは「ちょっとした肺がんと闘った」「1週間ほど生死のかかった日々を過ごした。人生の幕を閉じ、お別れを告げる時が来る可能性があった」と明かした。


 ウッドさんは5月、バンドのツアー前にいつも受ける定期健診で、医師から「左の肺で超新星が燃えている」と告げられた。それからの1週間、がん組織の転移の有無を調べる精密検査の結果を待っていた間に、髪の毛が抜けるのは嫌だから放射線治療は受けないことを決心したという。「この髪の毛はどこにも行かせたくなかったから」とウッドさんは語っている。


 検査の結果、がんの転移はないことが分かり、肺の一部を摘出する緊急手術を受けた。


「今はもう大丈夫だ。ただ、3か月に1度は検査を受けないといけないけどね。早く見つかって良かった」とウッドさん。「ものすごくラッキーだった。いつもすごく強い守護神が付いているんだ。本来ならもう、ここにいなかったかもしれないんだから」と述べている。


 ウッドさんは昨年5月、妻サリーさんとの間に双子が誕生する直前に禁煙した。また、今は飲酒もドラッグ使用もしていない。だが、長年わたってストーンズの「悪童」キース・リチャーズ(Keith Richards)さんとともに「ロックンロールな生活」を送ってきた。


 ウッドさんはデーリー・メールのインタビューで「1年前に禁煙したとき、心の底で『なんだって俺は50年もチェーンスモーキングを続けてきたんだろう』と思った。他の悪い習慣もね」とも語った。(c)AFP


エルベ川上空でハラハラ綱渡り、ドイツでスポーツイベント


2017年08月07日 10:00 発信地:ドレスデン/ドイツ




エルベ川上空でハラハラ綱渡り、ドイツでスポーツイベントドイツ東部ドレスデン近郊のケーニヒシュタイン要塞周辺で開催中されたスポーツイベントで、スラックラインに挑戦する参加者(2017年8月5日撮影)。(c)AFP/dpa/Arno Burgi




【8月7日 AFP】ドイツ東部ドレスデン(Dresden)近郊のケーニヒシュタイン要塞(Koenigstein Fortress)周辺で5、6両日、アウトドアスポーツのイベントが開催された。エルベ(Elbe)川上空では2点間に張り渡した専用ラインの上を綱渡りのように歩く競技「スラックライン」が開催され、中には目隠しで挑戦する参加者もいた。(c)AFP


気分はタイムスリップ、レトロな衣装で優雅にサイクリング ロシア


2017年08月07日 09:37 発信地:モスクワ/ロシア




気分はタイムスリップ、レトロな衣装で優雅にサイクリング ロシアロシア・モスクワにあるソコルニキ公園で開催されたイベント「Lady on Bicycle(自転車に乗る女性)」に参加する人たち(2017年8月6日撮影)。(c)AFP/Mladen ANTONOV




【8月7日 AFP】ロシアの首都モスクワ(Moscow)にあるソコルニキ(Sokolniki)公園で6日、レトロな衣装を着た女性が自転車に乗る毎年恒例のイベント「Lady on Bicycle(自転車に乗る女性)」が開催された。(c)AFP


*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。


*今日の一言


神奈川)動いてびっくり 横浜で恐竜展が大人気です。


恐竜について多面的に学べる「ヨコハマ恐竜展2017」が、横浜市西区のパシフィコ横浜で開かれている。動く恐竜の模型や巨大な恐竜の骨格が展示され、夏休み中の子どもたちでにぎわっています。


 「恐竜の森」と題した展示では、パラサウロロフスやブラキオサウルスなど10種のロボットが、動き、ほえる。訪れた子どもたちは、喜んで手を伸ばしたり、怖がって泣いたり。


 入り口付近には、ティラノサウルスがトリケラトプスに襲いかかる様子を骨格で表現した展示も。恐竜の卵や角の化石や、恐竜がけがや病気に悩まされていたことを示す化石を見せるコーナーもあります。


 9月3日までの午前10時〜午後4時半。大人1800円、4歳〜中学生900円。問い合わせは事務局


*上記は朝日新聞デジタル版より引用しました。


*夏休みの宿題にはもってこいです。ぜひお出かけして楽しみましょう!








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
釣りエサから奇跡?動物愛護訴え、R・ストーンズのロニー・ウッド、エルベ川上空で、気分はタイムスリップ 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる