貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?

アクセスカウンタ

zoom RSS 街の価値はどこに?中国産「偽装魚」、北朝鮮、金正恩氏を、眞子さま婚約、ダイヤのイヤリング、眞子さま

<<   作成日時 : 2017/05/17 15:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「街の価値はどこに?」急速に消えゆくコロニアル建築 ベトナム


2017年05月17日 15:07 発信地:ホーチミン市/ベトナム




「街の価値はどこに?」急速に消えゆくコロニアル建築 ベトナムベトナムのホーチミン市にある、フランス植民地時代に作られたホーチミン人民委員会庁舎の隣を車やバイクで走り去る人々(2017年2月21日撮影)。(c)AFP/HOANG DINH NAM




【5月17日 AFP】英作家グレアム・グリーン(Graham Greene)の著作「おとなしいアメリカ人(The Quiet American)」の魅力的な背景となったベトナム・サイゴン(Saigon、現ホーチミン)の街並み。フランス植民地時代の風景を色濃く残すその街並みが今、急速に消え去ろうとしている。


 会社員のチャン・チョン・ブー(Tran Trong Vu)さんは、植民地時代の建物が次々と新しい建物に建て替えられていくのを見てショックを隠せない。


「古い建物には文化的価値がある。むやみに高層ビルに建て替えるべきではないのに」


 また、このままではフランス植民地時代の建築に代表されるホーチミン市(Ho Chi Minh City)ならではの良さがなくなり、他のアジア都市と見分けがつかなくなってしまうと危惧する人もいる。


「1960年代から1970年代にかけてのホーチミン市は、まさにフランスのような都市だった。しかし今ではまるで米国。どこに行ってもマクドナルドがある」。ホーチミン市に生まれ、建築史についての著作を持つヒエップ・グエン(Hiep Nguyen)さんはこう話した。


「物語のない街並みには、何の価値もないんだ」(c)AFP/Jenny VAUGHAN


中国産「偽装魚」の流通摘発 ブラジル、化学物質混ぜかさ増し


2017年05月17日 13:49 発信地:ブラジリア/ブラジル




中国産「偽装魚」の流通摘発 ブラジル、化学物質混ぜかさ増し中国山東省・青島の市場の店先に並べられた魚(2015年11月9日撮影、資料写真)。(c)AFP



【5月17日 AFP】ブラジルの警察当局は16日、中国から輸入された魚で不正に混ぜ物がされているのが見つかったと発表した。水や化学物質を注入して重くし、その分高い値段で売れるようにしていた。腐敗した当局者らが検査を見逃し、偽装された魚が国内各地に流通していたという。


 警察の声明によると、南部サンタカタリナ(Santa Catarina)州が地元業者を調査したところ、混ぜ物がされたタラなどの輸入魚が販売されていることが分かった。


 魚には「水と化学物質」が注入され、かさ上げによって値段が割り増しになっていた。腐敗した検査官が通常の検査を回避できるようにしていたという。


 同州イタジャイ(Itajai)市の連邦警察代表はAFPの取材に対し、混ぜ物は魚がブラジルに輸出される前の中国で行われていたと説明。検査官らを巻き込んだ不正は2015年から2017年まで続いていたと述べた。


 これら一部偽装された魚による被害額などは明らかになっていないが、「ブラジル全土」で販売されていたという。


 ブラジルでは3月、食肉加工工場21か所で化学物質を使って期限切れの食肉を新鮮に見せかける不正が行われていたことが発覚。主要産業である食肉輸出に大きな打撃となった。(c)AFP


北朝鮮、神経ガス原料の特許申請=国連機関が手続き支援


2017年05月17日 12:59 発信地:北朝鮮




北朝鮮、神経ガス原料の特許申請=国連機関が手続き支援



【5月17日 時事通信社】米FOXニュースは15日、国連機関の世界知的所有権機関(WIPO、本部ジュネーブ)が1年以上にわたり、北朝鮮によるシアン化ナトリウムの製造法に関する特許申請手続きを支援していたと報じた。この物質は神経ガス「タブン」の原料となるため、国連安保理決議は北朝鮮への輸出を禁止している。


 FOXによると、北朝鮮は2015年11月に申請手続きを開始したが、これまでにWIPOから安保理や北朝鮮制裁委員会に報告はないという。米国が決議の完全履行を国連全加盟国に迫る中、国連機関による決議違反の疑いがあるケースが明らかになった形だ。


 制裁委の専門家パネルメンバーを務めるヒュー・グリフィス氏はFOXに対し、「専門家パネルはこの問題の捜査を開始した」と明らかにした。(c)時事通信社


金正恩氏を「正気に戻す」=米軍高官、強力な制裁主張


2017年05月17日 12:55 発信地:北朝鮮




金正恩氏を「正気に戻す」=米軍高官、強力な制裁主張



【5月17日 時事通信社】米太平洋軍のハリス司令官は17日、東京都内で講演し、北朝鮮が中距離弾道ミサイル発射などで挑発を強めていることを受け、「金正恩(朝鮮労働党委員長)を屈服させるのではなく、その迷夢を覚まさせる必要がある」と述べ、ロシアなどを巻き込んで強力な制裁を実施する必要があると訴えた。軍事的選択肢には触れなかった。


 ハリス司令官は、北朝鮮の危険な振る舞いは日米や中国だけでなく、ロシアに対しても脅威になっていると指摘。「核弾頭と弾道ミサイルを組み合わせ、激しやすい金正恩のような指導者の手に委ねるのは、惨事の元だ」と語った。


 その上で、北朝鮮による相次ぐミサイル発射に関し、「北朝鮮は衆目の前で失敗することを恐れていない」との見方を示し、試射のたびに核ミサイルの完成に近づくと警鐘を鳴らした。(c)時事通信社


米太平洋軍司令官が祝意=眞子さま婚約


2017年05月17日 12:28 発信地:日本




米太平洋軍司令官が祝意=眞子さま婚約



【5月17日 時事通信社】ハリス米太平洋軍司令官は17日、秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまが婚約されることについて「祝意を表したい。素晴らしい」と述べた。東京都内で行った講演の冒頭で婚約に触れた。司令官は日本人を母親に持つ日系米国人。(c)時事通信社


ダイヤのイヤリング、64億6000万円で落札 史上最高額


2017年05月17日 10:57 発信地:ジュネーブ/スイス




ダイヤのイヤリング、64億6000万円で落札 史上最高額スイスのジュネーブでオークションにかけられたイヤリング、「アポロ・ブルー」(右)と「アルテミス・ピンク」(2017年5月11日撮影)。(c)AFP/Fabrice COFFRINI




【5月17日 AFP】スイスのジュネーブ(Geneva)で16日、ダイヤモンドのイヤリング2個が競売にかけられ、イヤリング一組としては史上最高となる計約5740万ドル(約64億6000万円)で落札された。別々に出品され、2個とも同じアジア在住の人が落札した。競売を実施したサザビーズ(Sotheby's)が発表した。


 落札されたのは、14.54カラットのブルーダイヤをあしらった「アポロ・ブルー(The Apollo Blue)」と16カラットのピンクダイヤの「アルテミス・ピンク(The Artemis Pink)」。それぞれ4208万7000ドル(約47億4000万円)、1533万ドル(約17億3000万円)で落札された。落札額には手数料が含まれている。


 ギリシャ神話にちなんで名付けられた2つのイヤリングの評価額は、アポロ・ブルーが3800万〜5000万ドル(約42億8000万〜56億3000万円)、アルテミス・ピンクが1250万〜1800万ドル(約14億1000万〜20億3000万円)だった。ダイヤはいずれも傷がなく、鮮やかな発色をしている。


 アポロ・ブルーは、この種類の宝石用原石で競売にかけられるものとしては最も大きく、洋ナシ形にカットされている。


 アルテミス・ピンクもほぼ同じ形にカットされ、米国宝石学会(GIA)によると透明度が非常に高い世界で最も「化学的に純粋な」ダイヤモンドの一つとされる。(c)AFP


【特集】眞子さま、ご婚約へ


2017年05月17日 10:57 発信地:東京




【特集】眞子さま、ご婚約へ20歳の誕生日を迎え、皇居で天皇、皇后両陛下に成年のあいさつをされた秋篠宮眞子さま(2011年10月23日撮影)。(c)AFP/TORU YAMANAKA


【5月17日 AFPBB News】宮内庁は16日、秋篠宮(Prince Akishino)ご夫妻の長女眞子さま(Princess Mako)が婚約されることを明らかにした。

*上記はAFPBBNEWSの記事から引用しました。

*今日の一言


 



神奈川)多摩川で全長70cmの外来種カメ捕獲 川崎で




川崎市多摩区菅野戸呂の多摩川で14日夕、全長約70センチ、体重約10キロの大型のカミツキガメが捕獲された。生命力が強い外来種で、人にかみついてけがをさせたり生態系に影響を与えたりするとして、環境省特定外来生物に指定している。カメは県に引き渡され、殺処分されました。



 捕獲したNPO法人「おさかなポストの会」の山崎充哲(みつあき)さん(58)によると、大きさなどから生後15年はたっており、カミツキガメが特定外来生物に指定された2005年よりも前にペットとして購入された可能性があるといいます。


 指定以前から飼育していた場合、05年の飼育規制開始から半年以内に許可申請して認められれば飼育継続が可能だ。山崎さんは「書類の繁雑さなどから申請をせずに飼い続け、大きくなりすぎたり、引っ越したりして手放したくなったときにはもう販売も譲渡もできず、多摩川に放してしまったのではないか」と話しています。


*上記は朝日新聞デジタル版から引用しました。


*初めから飼育しなければよいのに、人に迷惑をかける行為は許せないし、見つけたら厳罰に処罰すべきです。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
街の価値はどこに?中国産「偽装魚」、北朝鮮、金正恩氏を、眞子さま婚約、ダイヤのイヤリング、眞子さま 貴方は「熱中症対策」を早めにしていますか?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる